現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月23日更新

女性必見♡バーで素敵な男性と出会える一人呑みのコツ

1764 views

バーでの出会いにあこがれています。一人で飲んでいて男性と巡り合うにはどうすればいいですか?(大学3年生・女性)


バーというと、女性一人でいくにはちょっと勇気が必要で、ハードルが高いと思われがちですが、そんなことはありません!

ちょっと大人の空間で、いつもと違う素敵な出逢いをしてみませんか?

ここではそんな出逢いのために、バーでのマナーと、ちょっとしたコツを書いていきますね!

バーカウンター

 

1 行きつけとよべる店を作る



勇気を出してバーにいったものの、空気が合わないな…と思ったら、無理せず店を変えてみましょう。

しっくりくる店を見つけると、自然と通いやすくなるものです。

バーテンダーさんと会話をしながら「好きな男性のタイプ」や「自分の趣味」、「彼氏募集中」ということを伝えておくと、合いそうな男性が来たときにさりげなく話題を振って橋渡しをしてくれたりします。

 

2 服装は派手すぎず地味すぎず!



一人のみの服装
©John Pretorius

夜呑みに行くときは、ちょっと気合が入りすぎて、過度な露出や化粧モリモリにしてしまいがちです。

せっかく素敵な出逢いがあっても、軽そうだと思われて一夜の過ちになってしまってはガッカリですよね。

だからといってスッピンにTシャツジーパンでは、せっかくの大人の空間なのに色気が足りません…。

オススメはオフショルダーやちょっと深めのVネックなどで鎖骨や首回りのチラ見せです!

なぜならバーでは基本カウンターに座っているもので、上半身しか視界に入ってないことがほとんどです。

サラッと羽織ったストールに弱い男性も多いですよ

 

3 お酒の飲み方もスマートに



女性はカクテルを頼むことが多いかと思いますが、種類が多すぎてなにを頼んだらいいかわからないー!

そんな時はバーテンダーさんに希望を伝えてみましょう。

自分の好み(甘め、柑橘系、サッパリ系、度数が強い弱いなど)で何種類かピックアップしてもらえます。

美味しいからといって、呑みすぎて記憶が行方不明になるのはNGです!

1杯を会話を楽しみながら時間をかけてゆっくり味わいましょう。

ちょっと呑みすぎたかな…?でも楽しいからもっといたいな、というときにはノンアルコールをオーダーして、ちょっとセーブしてみましょう。

調子にのって大騒ぎし過ぎたり、トイレにこもって便器と親交を深めてばかりでは、せっかくの出逢いも脱兎のごとく逃げ去ります

 

4 聞き上手になってみる



バーで聞き役になる女性
©erizof

バーにはいろんな人が来ます。

ちょっとした出逢いを求めたり、しっとりと呑みたかったり、お酒が趣味で来るなど…。

カウンターで隣に座っても、基本男性から初対面の女性に話かけるのは、なんとなく気が引けるものです。

そこでバーテンダーさんと仲良くなっておくことで、話題を振ってくれたりすることもありますが、「今日は何を呑まれてるんですか?」などと軽く会話をしてみましょう。

そこから話題を振りつつちょっとずつ仲良くなれます。

彼女がいたり既婚者だったりしたら、友人を紹介してもらうのも手ですので、いい印象を持たせておいて損はありません。

 

5 常連さんと仲良くする



同じような曜日で、同じような時間に通っていると、自然と常連さんと仲良くなっていきます。

常連さんとの恋もよくあることですが、万が一うまくいかなかった場合、店に行きにくくなるのが欠点ですね。

気の置けない呑み仲間ができたら、軽く恋愛相談してみましょう。

おせっかいなくらい協力してくれたりしますよ!

 

6 お酒について勉強しておく



お酒の知識
©Luke,Ma (改変 gatag.net)

場所が場所だけにまったくお酒の知識がないのも寂しいものです。

カクテルのショートとロングの違いくらいでいいのですが、ちょっと会話のついでに知識を出すと、大人っぽさと知性をだせて印象が強いものになります。

だからといって知ったかぶりは恥ずかしいので注意してくださいね!

 

7 出逢いに焦ってガツガツするのはマナー違反



会話のきっかけは自分からでも、誘いの言葉はあくまでも男性から引き出すようにしましょう。

「混んできたので次の店に移動しませんか?」

「いつも何曜日に来ているんですか?また一緒に飲みましょう。」

などと言われたらあなたに気がある証拠!

露骨な下心の誘いには乗らず、お酒の席でも身持ちは固く、素敵な出逢いを楽しみましょう。

 

 

いかがでしたか?

友達とワイワイ居酒屋で呑むのも楽しいけれど、せっかくなら少し背伸びしてバーに通い、様々な職種や幅広い年齢層と交流を深めるのも、人生経験としてとても素晴らしいものになります。

女性一人でも怖がることなく、ぜひ気軽にバーデビューしてみてくださいね!

2015年3月23日

written

by beni


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop