現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月23日更新

どうしても忘れられない 年上彼氏と復縁できる5つのコツ

7217 views

別れた年上の元カレが忘れられません。復縁のコツを教えてください。(大学3年生・女性)


日々のすれ違いや些細な誤解で別れてしまった年上の彼氏…。

いざ離れると大切な存在だったと気づき、毎日後悔ばかり。

後にも先にも進めなくなって腐るよりも自分に正直に生きましょう!

ここではそんなあなたの為に、年上の彼氏とよりを戻すために心がける、5つのコツを教えます。

落ち込んでいる女性

 

相手との環境の違いを受け入れる



年齢が違うと、生活環境もだいぶ違います。

自分が現在20代前半だとして、相手が5歳年上だと仮定すると、社会に出てからの年数も違いますよね。

新人とよばれることもなくなり、仕事上の立場も責任も大きくなるので、どうしても私生活の時間が少なくなってしまうものです。

彼女からしたら「仕事と私とどっちが大事なの?!」「こんなに会えないなんて浮気でもしてるの?」と不安になりますが、そこを責めたりしていませんでしたか?

まだまだ社会では「男の付き合い」が大切なこともあるのです。

大事な人だからこそ、彼の重荷にならないように配慮できるといいですね。

会えた時に「寂しかった~」と言うのは全然アリですよ!もし会えないことに対しての態度で、思い当たるフシがあるならちょっと反省ですよ。

 

別れてから冷却期間をとる



元カレと冷却期間を取る女性
©菲爾Phil

別れた直後というのはどうしても寂しさが先に立ってしまい、夜寂しくなると連絡を取りたくなってしまいます。

しかしそれで運よくヨリが戻ったとしても同じ喧嘩やすれ違いを繰り返しかねません。

冷却期間は彼にとっても重要で必要なこと。

男性というのは、時間がたつごとに別れた彼女の思い出を美化しがちだということを利用してください。

別れた原因が自分の浮気や許しがたいウソとかではないのなら、彼の心の中にあなたはいいイメージで住み続けます。

最低3か月!連絡を取らないように頑張って下さい。

くれぐれも酔った勢いで電話やメールをしないように気を付けてくださいね。

 

自分磨きをする



ヨリを戻すにあたって「あれ?こんなにいい女だったっけ?」と思わせることが大切です。

来たるべき再会の日に備えてちょっとダイエットしたり、髪型や服装に気合を入れてみましょう。

付き合っている時には新鮮味が薄れてマンネリ状態でも、会えない期間が長いと再開時の印象でイメージが上書きされます。

もちろん外側だけでなく内面を磨くのも忘れてはいけません。

言葉使いや立ち居振る舞いなど、反省できるところは直しておくといいですね。

彼の好みや理想の女性にできる限り近づいた自分になってみましょう。

しかしこれはあくまでもヨリを戻すための作戦です!整形したりするのはやりすぎなのでNGですよ。

ありのままの自分で勝負をしかけるよりも、多少のハッタリは力になりますので、頑張ってみてください。

(万が一ヨリが戻らなくても次の恋に生かせますしね)

 

甘えさせる寛容さを身につける



彼が年上だからといって、あまえっぱなしではなかったですか?わがままも許してもらえるのが当たり前ではなかったですか?

実は男の人は何歳になっても甘えん坊で、母性に弱いものなんです。

でも大人になると甘える機会も無くなってしまいます。

年上だから自分が甘えさせなきゃ、許さなきゃと思い込んで疲れてしまっていたかもしれません。

年齢に関係なく女性は精神的に男性を支えてあげることができます。

周りには話せない弱音や愚痴を受け入れる気持ちを持ってください。

恋人であり妹のようでも母のようでもあり、年下なのに年上のようであり…という多面性に、彼は感動すらおぼえるかもしれません。

 

押したら引いてみる



さて準備ができたらあとは彼と連絡をとってみましょう。

さりげない世間話メールで反応をみます。

ここで返信が来ないのなら、すっぱり諦めたほうがいいですが…。

以前の親しみは消し、丁寧な文章(電話なら口調)で応対します。

「あれ?なんか雰囲気変わったな、どうしたんだろう」と思わせることが大事です。

数回やり取りができたら、食事に誘います。

食事をしても決してお酒を飲まず(酔った勢いのうっかりミス回避!)その日は復縁したいと伝えることはしません。

「なんか様子が違ったな」と思わせることで、彼の中でまたあなたの存在が大きくなるでしょう。

そこからまた数週間空けて「実はまだ忘れられなくて…」と復縁したいことを伝えましょう。

あとは彼からの返事待ちです!

海辺のカップル

 

 

いかがでしたか?

好きになれば年の差なんて気にしない!でも年の差(ジェネレーションギャップ)を埋める努力も多少は必要です。

もし悲しいことにヨリが戻らなくても、あなたが身に着けたことはすべて力になり、次の恋へ進むこともハードルが低くなるはずですよ。

都合のいい女には決してならないように、すがりついて泣くのはNGです。

男の狩猟本能を奮い立たせるような、いい女を目指してみましょう。

2015年3月23日

written

by beni


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop