現在17272個の困ったを解決できます!

2015月6月22日更新

【女性の恋愛心理】恋愛相談していた男友達と恋人になるパターンが多い理由とは

7451 views

恋愛相談をしていた男友達の事をどんどん好きになって、この前付き合うことになりました。なんでこうなったのか自分でも不思議です。(大学3年生・女性)


彼のことがあんなに好きだったはずなのに!

そしてこの人はただの男友達だったはずなのに。。。

最初はただの相談相手だったのにいつの間にかその相談相手のことが気になりだして、気づいたら好きになっている。

こんな経験をした方も多いのではないでしょうか?

実は恋愛の相談相手って恋人に一番近い場所にいると言える存在なんです。

今回は恋愛相談していた男友達と恋人になるパターンが多い理由を紹介します。

友達からカップルへ

 

信頼しているからこそ相談できる



みなさんは相談ってどんな人にしますか?

勉強、就職、友達。。。たとえそれが小さいことであっても少しでも心を許していないと相談なんてできませんよね。

それが自分にとって重要度の高い恋愛に関してならなおさらです。

つまり恋愛相談をするような相手はその時点でその女性にとって信頼度が高く、理想の恋人になれる可能性が高いと言えます。

 

後ろ向きな自分を受け入れてくれる安心感



恋愛相談って勇気がいりますよね。

それは、好きな人のことで悩んでいるめそめそしている姿を見せなければいけないからです。

めそめそして後ろ向きな自分。

見せたら嫌われてしまうかもしれない、男性には一番見せたくない姿ではないでしょうか。

でもそんな後ろ向きな自分の話を相談相手が聞いてくれている。

その姿に女性は「後ろ向きな自分でもこの人は受け入れてくれる」という安心感を感じるのです。

こんな包まれるような安心感を与えてくれる男性は、恋人として理想ですよね。

励ましてくれる男友達

 

生理的に受け入れられる存在



あの人は生理的に無理。

恋人になれない理由として最も多く聞く理由の一つです。

恋愛相談は二人きりですることが多いもの。

そんな二人きりのシチュエーションになれる男友達が、生理的に無理な可能性は限りなくゼロに近いです。

つまり恋愛相談ができる男友達は恋人にとても近い存在と言えます。

 

沈黙が苦痛じゃない関係



苦痛じゃない関係

恋愛の最初の方のもっとも気まずい時間。

それは会話が途切れて沈黙が広がる時ではないでしょうか。

一方、恋愛相談に沈黙はつきもの。

うまい説明を考えたり、自分の気持ちと向き合ったりする時間が必要だからです。

相談相手にその人を選んだということは、その人のことを「沈黙が苦痛ではない相手」と自分が思っているということ。

つまり、恋愛相談できる男友達は気まずい思いをする可能性が非常に低い恋人候補であると言えます。

 

「ただの男友達」だったからこそ気づくギャップ



最後に、恋愛相談できる男友達が恋人候補になる瞬間について説明します。

恋愛相談できる男友達と恋人の「違い」。。。

それはズバリ、「男性」として意識するかどうかです。

そしてその「男性を意識する瞬間」は意外に簡単にやってきます。

なぜならそれまで男友達として安心しきっていて男性を感じる瞬間がなかったから。

頭をポンポンとされて背が高かったんだと感じる時、グラスを傾けた手が男っぽかった時など、ふとした瞬間に男性を意識してしまうのです。

そして、意識してしまったらここまで理想の恋人に近い男性に、恋心を抱かずにはいられなくなるのがオンナゴコロです。

 

いかがでしたか?

こうして見てみると恋愛相談していた男友達をいつの間にか好きになってしまうにはちゃんとした理由があるのがわかります。

そして、自分の不安ポイントや悪いところも知っている男友達は、本当に理想の恋人になる確率が高いです。

今、辛い恋をしていて相談している男友達がいるのなら、その人は実は理想の恋人かもしれませんよ。

2015年6月22日

written

by around30wm


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop