現在17272個の困ったを解決できます!

2015月6月22日更新

初心者でも失敗知らず!無造作感を出すセルフカットのコツ

1395 views

自分で髪を切ってうまく整えたいのですが、なかなか綺麗に切れません、何かコツはありますか?


今まで、自分で髪を切ったことがある!という人はありませんか?

最近、自分で髪を切る人が増えてきているという話もあります。人生で一度は自分で髪を切る、セルフカットを経験したことがある人も多いでしょう。

「美容室は高い」「前髪ってすぐのびちゃうんだよね」という声があり、その中でも「無造作感が欲しい」という人も多くあります。
しかし、自分で自分の髪を切るのはなかなか難しいものです。経験がある人はお分かりかと思いますが、どのような感じになっているか見ながらとはいかないし、鏡で確認しようと思っても確認しながら切り進めていくことは容易ではありません。
無造作な仕上がりを望んでもなかなかうまくいかないものです。

そこで、セルフカットのコツ!初心者の人でも失敗せずにできるコツを紹介します。

 

1、基本道具を用意しよう



セルフカットの

何事も同じですが、まず道具の準備が必要です。
セルフカットの場合、すきばさみ・くし・ピンは必須です。
特にはさみは重要で、普段使うはさみでは思い通りに切り進めることはまず不可能です。すきばさみを使い、容易に進めていきましょう。

 

2、手をグーにして、髪をつかもう



実際にセルフカットをする際、切る部分を毎回同じ量手にとってきると良いです。
この時便利になるのが、手をグーに握ることです。手で髪を掴み取るよう引っ張りながらグーで切る分の髪を引き出します。あとは簡単です。この時に手からはみ出している分で「これくらい切る」と決めて、毎回同じ長さに切っていきます。これだけです。

ただ気をつけて欲しいのは、握った髪をピーンと張ることです。毎回ピーンと張ることで、毎回同じ長さで容易に切り進めることができるからです。

このグーを作るのはとても重要です。
これをしっかりとやることで、無造作でオシャレな髪型も容易に作ることができます。

 

3、切るとき少量ずつからはじめよう



Barber cutting hair

いきなりどんどん切り進めていくのは難しいものです。
少量ずつ、ゆっくりと切っていきましょう。これも重要なコツのひとつです。

 

4、部分で分けて切っていこう



一度に全体を適当に切っていくことは避けて、前後や左右で分けてピンなどで髪を抑えておいて、切り進めていきましょう。全体のバランス良く仕上がります。ここでピンの他、髪ゴムやカチューシャを使いのも良いですね。
部分、部分で整えてバランスを見ながら切ってください。

 

5、切り終わったら、ドライヤーをしましょう



ドライヤーをし、全体の仕上がり具合を確認します。
切り進める中で、切った髪や髪を引っ張ったり結んだ痕がどうしてもついてしまうものです。切った髪の毛をドライヤーで払い、全体もふんわりとさせバランスを確認しましょう。
ここで「物足りない」「ここもう少し」という部分があれば、またグーで髪を握り切っていきます。グーで握ることによって、あとどれくらい切れば把握しやすく、スムーズに切っていくことができます。

ここで少しずつ調整をし、無造作感を出していくのも良いですね。

いかがでしたか?
初心者の人でもこれらのコツをつかむことで、セルフカットで自分好みの髪型にすることができます。
セルフカットは初心者では多くの人が失敗を経験するものですが、コツが大事です。「ちょっとだから・・大丈夫」といわず、ここで紹介したことを是非参考にしてみてください。
きっと納得がいくセルフカットをすることができるでしょう。お試しください。

2015年6月22日

written

by a-cha


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop