現在17272個の困ったを解決できます!

2016月12月8日更新

再受験と編入、メリットがあるのは?大学編入の事情いろいろ

70653 views

大学受験に失敗し、あまり志望していない大学に入学しました。自分の勉強したかったことともズレているし、大学のブランド力的にも気になる部分が多いです。思い切って大学編入をすることを考えているのですが、リスクが高いでしょうか?(大学2年生・男性)












たかが学歴、されど学歴

少し前の出来事ですが、就職活動においてある企業が「学歴」によって露骨に学生を差別している、というニュースがありました。

真偽の程はわかりませんが、もしこれが本当なら、「ある一定以上の学歴」でなければ就職の機会を失う=自分の可能性が狭まるということだと思います。


もちろん学歴だけで、その人の価値が決まる訳ではありませんし、学歴がなくても成功をおさめ、人間的にも素晴らしい方はたくさんいます。

しかし、その一方で「学歴」によって「その人の価値」が他人に判断されてしまうのも、寂しいことですが事実です。

この背景には大学生の数の増加や、人気企業への大量の受験者の殺到とそれに伴う採用担当者の負担・業務増など、一概に企業を責められるものでもありません。
学生のある程度の「足切り材料」として、学歴は機能しているのでしょう。


有名大学に入るにはそれ相応の努力が必要です。
「努力をした学生」として一つの指標としている企業があっても、不思議ではないのです。









「ノーブランド大学」の学生への2つの対策

では、もし企業の求めるもの以下の学歴しかない学生はどうしたらいいのでしょうか?

これには主に2つの解決策があると思います。

ひとつは以前Campus Magazineで取り上げた、「ノーブランド大学」の就活をどうするか」でも述べられていたように、「大学生活の中身」で勝負する!というもの。
例えば、「留学経験」や「企業での長期インターン」「学生団体」や「起業」など、学歴ではなく「大学生活の中身」で他の学生との差別化をはかることです。

もう一つは、「大学そのもの」を変えてしまう!というものです。

少し前までは、「学校を変わる」ためには一度退学をして、もう一度入学試験を受けるくらいの選択肢しかありませんでした。

しかし近年は大学を変わるための選択肢が以前よりも増えつつあります。

それが今日紹介する「編入学・転入学」です。










編入学・転入学って何??



編入学・転入学とは、1年〜2年を最初の大学で過ごし、その後2年生〜3年生から違う大学へ転校できる制度です。

あまり、日本では一般的ではないですが、実は欧米ではかなり主流な入学方法です。

実はあのオバマ大統領も、最初はカルフォルニアの単科大学に入学し、その後ニューヨークにある名門コロンビア大学へ編入学しています。

近年は日本の大学でも、ほぼ全ての大学で何らかの「編入学・転入学」の制度が導入されています。

「編入学・転入学」のメリットはいくつかあり、本日は簡単にいくつか説明させて頂きます。










【メリット1】 低リスク

編入学試験は基本的に、「今いる大学に在籍しながら」受けることが可能です。つまり、試験を受けて仮に失敗しても元の大学に戻るだけ。

高校時代のような「浪人」というリスクは存在しません。
編入試験の対策に使った時間、棒に振った単位も、1年程度なら巻き返しは可能でしょう。

成功すれば得をして、失敗しても損をしない、とってもお得な受験方法なのです。












【メリット2】 低コスト

これは「受験料」が、という意味ではなく、受験する際の労力が一般入試に比べ、「低コスト」という意味です。
なぜなら、「編入学試験」は基本的に、「受験科目がとても少ない」のです。

大学によっては、英語と面接のみ!という大学さえあります。


近年は日本の大学でも、ほぼ全ての大学で何らかの「編入学・転入学」の制度が導入されています。
以下に簡単にまとめてみました。








編入学制度がある大学リスト



【関東地方】

*各大学名をクリックすると、入試関連ページへ飛びます。


慶応義塾大学 早稲田大学 上智大学 明治大学 明治学院大学 横浜国立大学 千葉大学 国際基督教大学 法政大学 青山学院大学 中央大学


【関西地方】

*各大学名をクリックすると、入試関連ページへ飛びます。


京都大学 大阪大学 立命館大学 神戸大学 同志社大学 大阪市立大学 関西大学 関西学院大学 京都府立大学 奈良女子大学



いかがでしたか?

意外にも多くの大学でこの制度が取り入れられていることが、お分かりかと思います。しかしその一方で、なかなか制度が知られていないために、編入学・転入学試験受験者はそこまで多くありません。

もし、いまの学生生活に不満がある。就活が不安。環境を変えたい。そんな学生のみなさんは検討してみてはいかがでしょうか?












おまけ【参考図書】

もし、編入学や転入学に興味をもたれた方は、是非以下の書籍、「まるわかり!大学編入 ~はじめての大学編入~」をチェックしてみて下さい。

編入学の仕組みやメリット、就活との関係まで、分かりやすくまとまっていて、オススメです!


ぜひ最善の選択にたどり着いてくださいね。




2016年12月8日

written

by shogo-tksk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop