現在17272個の困ったを解決できます!

2015月6月22日更新

モテ女の秘密はギャップにあり!「カジュアルだけど女っぽい」おすすめコーデ7パターン

6939 views

 私はモテを狙ってコンサバ系のファッションをするように心がけていますが、結局モテるのはカジュアル系の子な気がします…

カジュアルでもモテる服って、どんなのがありますか?(大学2年生・女性)


あなたの身近にいるモテる女性、「モテ女」。

彼女たちのファッションに注目してみると、意外と男受けを狙っているようには見えませんよね。

ラフなTシャツだったり、デニムだったりと、カジュアルな格好の人も多いのでは?

でもモテ女は、カジュアルコーデにはさりげなく女らしさをプラスして、しっかりギャップを演出しています。

今回はそんな「カジュアルだけど女っぽい」を簡単に実現する、おすすめのコーデ7パターンをご紹介します。

 

スウェット+タイトスカート





出典:dholic.co.jp

大きめシルエットのスウェットでカジュアル感を出しつつも、タイトスカートで女っぷりをアピール。

腰回りのラインを出すと、一気に女性らしさがアップします。

でもスウェットのデザインや体型によっては子供っぽくなってしまうことも。

そんな時は、足元をヒールにしてみたり、華奢なアクセサリーを身につけたりして、バランスをとりましょう。

 

デニム+ノースリーブシャツ





出典:zozo.jp

カジュアルの王道アイテム、デニムパンツ。

二の腕に自信がないという人も、思い切ってノースリーブシャツを合わせてみましょう。

潔く出したほうがスッキリ見えますし、柔らかそうな二の腕は男性にとって魅力的なパーツです。

腕が出ている分、首元は詰まっているものを選んで露出を抑えましょう。

 

スポーツmix+チュールスカート





出典:wear.jp

チュールスカートは、女の子の気分をぐっと上げてくれるアイテム。

でも一歩間違うと、ガーリーになりすぎる難しいアイテムでもあります。

甘さを抑えるならカーキがおすすめ。

さらにラインソックスなどのスポーツmixな小物でカジュアルダウンしてみましょう。

デートにもぴったりな甘辛コーデです。

 

短パン+シースルー素材





出典:wear.jp

短パンとTシャツの組み合わせは元気で健康的な印象ですが、何の工夫もなく着れば、「小学生みたい・・・」なんてことも。

しかし、だからこそ、そこに女っぽさを加えると、男性を惹きつける強力なギャップが生まれるのです。

かと言って、胸元の大きく開いたボディラインの出るTシャツは禁物。

露出が多すぎて、はしたない印象になります。

おすすめはトップスをシースルー素材を使ったTシャツにすること。

写真のようにデコルテが透けて見えるデザインは、女度をぐっと引き上げます。

さらに、ゆったりめのデザインだとリラックス感が出て親しみやすさもアップ。

全体的に清潔感のある色合わせをすることも大きなポイントです。

 

ミリタリージャケット+白ワンピ





出典:acodesign.jp

永遠のモテアイテム、白いワンピース。

ですが少女漫画のような着こなしになると、ちょっと近寄りがたくて敬遠する男子も多い様です。

白ワンピをカジュアルに着こなすには、正反対のテイストであるミリタリージャケットがお役立ちです。

しかも大きめのサイズをダボっと着ることによって、女の子の華奢な体つきが際立ちます。

足元もスニーカーで決めて、清楚なワンピとのギャップを印象づけましょう。

 

ボーイフレンドデニム+オフショルダー





出典:media-cache-ec0.pinimg.com

ボーイフレンドデニムは、それだけでラフな印象が強いアイテムです。

女っぽいコーデにするためには、オフショルダーのトップスを合わせてみましょう。

セクシーさとカジュアルさが同居したスタイルが簡単に出来上がります。

この時トップスに大事なのは清潔感とサイズ感。

ボトムのラフさを緩和するために、シンプルで体にあったものを選びましょう。

また、写真のようにロールアップして足首を見せ、ヒールを履いて女っぽさを強調すると、より洗練された印象になります。

 

デニムジャケット+レース素材





出典:dholic.co.jp

デニムジャケットはこの春注目の流行アイテムです。

着るだけで旬のカジュアルスタイルですが、ここで加えたいのが、デニムと相性抜群のレース素材。

特に今年は甘さ控えめのデザインが流行中です。

ボーイッシュ寄りのカジュアルにもすんなり馴染んで、大人の女性らしさを加えてくれます。

レースを引き立てるために、ボトムはすっきりした黒スキニーがおすすめです。

露出が少なめになるので、足元は軽さを出すように意識してみましょう。

 

いかがでしたか?プラスする女らしさは、ほんの少しでいいのです。

さりげないからこそ、ギャップが大きく効いてきます。

この7つのコーデを参考に、そのさじ加減を研究してみてくださいね。

2015年6月22日

written

by igarashi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop