現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月6日更新

東京で本格派のアフタヌーンティーが楽しめるお店7選

12411 views



贅沢女子会をすることになりました。ちょっとリッチなお茶会が出来るところを教えてください。(大学3年生・女性)






イギリスの貴族たちが社交の場として習慣づけた、アフタヌーンティー。


極上の紅茶、豪華な茶器、3段重ねの華やかなティースタンドで供される


スコーン、フィンガーサンドウィッチ、フルーツや甘いお菓子・・・。


その空間・時間のすべてがセレブリティに溢れています。


東京で、そんな憧れのティータイムを本格的に楽しめるお店を7つ、ご紹介します。



 

 東京風月堂 銀座本店



http://image1-2.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/5072/320x320_rect_5072061.jpg

創業明治5年、銘菓「ゴーフル」でおなじみの、銀座でも屈指の老舗洋菓子店。


こちらの2階では、銀座の喧騒を離れて優雅なアフタヌーンティーを楽しむことができます。


季節のフルーツやケーキ、サンドウィッチ、ミニクロワッサンなどが盛られたティースタンドには、


もはやなくてはならないゴーフルももちろんセットされています。


魅力的なのはそのお値段。


これだけ本格的なセットなのに、ドリンク付きで1800円でいただけるんです。


立ち並ぶゴージャスなブランドショップを窓越しに眺めながらの優雅なひととき。


歴史ある銀座の街を堪能するのに、この上ないシチュエーションですね。



 

<アフタヌーンティーセット 1,800円>





http://image1-1.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/5072/320x320_rect_5072069.jpg 

帝国ホテル 東京  「インペリアルラウンジ アクア」



 

https://a248.e.akamai.net/f/248/99840/30m/restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData101500/r101456/101456p10000047.jpg

日本が誇る、歴史と品格を持つ帝国ホテル。


明治23年の創業から変わらぬ風格を持ち続けるホテルの最上階で、


極上のティータイムが味わえます。



 

アミューズとスープに始まり、ティースタンドには


イギリス伝統のクロテッドクリームとジャムが添えられたホテルメイドのスコーンのほか、


季節の食材を使ったフォッカッチャやローストチキンのロールサンドなど、


一つ一つに帝国ホテルの魅力の真髄を感じるメニューが用意されています。



 

大都会と皇居の美しい庭園を眼下に眺めながら、最上級のアフタヌーンティーを楽しみましょう。



 

<アフタヌーンティー アミューズ&スープセット  3,600円>





https://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData101500/r101456/101456p10000008.jpg

ザ・ペニンシュラ東京 「ザ・ロビー」



http://image1-1.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/11760/320x320_rect_11760654.jpg

日本の粋を集めた、壮麗なロビー空間。


日比谷にあるホテル「ザ・ペニンシュラ東京」1階のロビーでは、


ペニンシュラの本拠地・香港でも人気の高い伝統的なアフタヌーンティがいただけます。


3段重ねのティースタンドに、ペニンシュラオリジナルのクロテッドクリームが添えられたスコーン、


サーモンなどのキッシュ、そして季節をイメージした様々なスイーツが美しく装われています。


お茶はペニンシュラのティーコレクションの中から好きなものを選べます。



 

ピアノやチェロなどによる生演奏をBGMに、夢のようなひとときが過ごせます。



 

<ザ・ペニンシュラ東京 クラシックアフタヌーンティーセット 4,370円>





http://image1-1.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/11699/320x320_rect_11699534.jpg

ホテル日航東京 「ラウンジ&シャンパンバー ベランダ」



https://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData101000/r100884/100884g10000005.jpg

 レインボーブリッジを含む東京のベイエリアの風景を贅沢に楽しめる、


台場・ホテル日航東京のラウンジ。



 

夜はこだわりのシャンパンバーとして人気を集めていますが、


海辺の日差しが心地よい明るい午後は、優雅にアフタヌーンティーを楽しめます。



 

旬のフルーツをふんだんに使用したスイーツやフィンガーフードは、


その時期に最良の時を迎える食材を使い、季節ごとに内容が移ります。


一緒にいただく紅茶も、温度や水、抽出のタイミングといったすべてに気を配り、


日本紅茶協会による「おいしい紅茶の店」の称号を得たほど。



 

こだわりのいっぱい詰まったセットがリーズナブルにいただけるのも、魅力の一つですよ。



 

<平日限定アフタヌーンティーセット 2,500円より>





https://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData101000/r100884/100884p10000031.jpg

コート・ド・ルージュ ターブル 二子玉川店



https://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData101500/r101380/101380p10000058.jpg

銀座マキシム・ド・パリがプロデュースする、フレンチスタイルのカフェ&ワインダイニング。


「パリの食卓(ターブル)」をコンセプトに、赤と黒を基調にしたシックでモダンな店内で、


パリのエスプリが利いたお洒落なアフタヌーンティーをいただけます。



 

お茶はフレーバーティーで人気の「ルピシア」から6種類をセレクト。


野菜やシーフードをトッピングした可愛らしいパイや、2種のスコーン、


そして「マキシム・ド・パリ」のデザートが付くのも魅力です。



 

デザートはプラス300円でマキシム定番の「ミルフィーユ」をオーダーできるので、


ワンランク上のアフタヌーンティーを楽しめそうですね。



 

<6種類の飲み物から選べる1杯付!ちょっとお洒落なアフターヌーンティー 2,040円>





https://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData101500/r101380/101380p10000034.jpg

ウェスティンホテル東京 「コンパスローズ」



https://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData102000/r101703/101703p10000017.jpg

新宿の東京副都心の高層ビル群を一望できる、天空のラウンジ。


恵比寿ガーデンプレイスのセレブな雰囲気を楽しみながら、ゆったりとした午後を過ごせます。



 

何といってもこちらはお茶の質の高さと、豊富な種類が魅力。


新鮮な茶葉を使い丁寧に抽出されたドリンクは、ホットティーだけでなく、


ウェスティン東京オリジナルのアイスティーやコーヒー、ハーブティー、中国茶など、


常時16種類からセレクトできます。



 

青い縁取りのお皿と黒いスタンドがモダンなティースタンドには、


スコーンやマフィン、サンドウィッチ、フルーツケーキやマカロンなど


多彩なメニューが盛り込まれています。



 

明るい午後から時を忘れ、美しい夕暮れ時まで優雅にのんびりと過ごせるラウンジで、


アフタヌーンティー本来の魅力を満喫しましょう。



 

<アフタヌーンティー 3,850円>





https://restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData102000/r101703/101703p10000011.jpg

 リーガロイヤルホテル東京  「ガーデンラウンジ」



https://a248.e.akamai.net/f/248/99840/30m/restaurant.ikyu.com/rsDatas/rsData102000/r101683/101683ga10000031.jpg

吹き抜けの高い天井と、窓から飛び込む鮮やかな緑の洪水。


東京・早稲田の大隈庭園を眺めながらの、心洗われるような午後を過ごせるラウンジです。



 

シェフパティシエールが腕をふるうスイーツや軽食を堪能できるアフタヌーンティーセットは、


スモークサーモンやローストビーフをつかったちょっと贅沢なメニューに溢れています。


スイーツも季節ごとに内容が変わり、旬の食材を存分に楽しめます。



 

平日なら、グラスシャンパーニュ(またはフレッシュジュース)がつき、


飲み物も好きなだけいただけるお得なプランも。



 

展望ラウンジもいいけれど、自然の美しさや移ろう季節を、


目と舌で同時に味わうことができるのも、このラウンジの最大の魅力です。



 

<【アフタヌーンティー】


お飲み物はお好きなだけ+シャンパーニュ付! 3,000円(一休.comから予約)>





http://www.rihga.co.jp/assets/images/mpi/info/info_restaurant_menu_course/image/5035ae755a2ec5.32081394.jpg

 

 

アフタヌーンティーは、ティータイムにしたらちょっと贅沢すぎる・・・


と感じて躊躇してしまう人も多いかもしれません。


でも、アフタヌーンティーで供されるフィンガーフードはボリュームもしっかりありますし、


夕方まで楽しめばディナーは軽めで済むほど。


バイト代やボーナスが出たときに居酒屋チェーンで盛りあがるのもいいですが、


ちょっと背伸びしてその優雅で贅沢な時間を買う、という気持ちで


楽しんでみるのもいいかもしれませんね。


しっとりとした大人の魅力も、きっと一緒に身につけることができますよ。



 

 

2015年3月6日

written

by sach


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop