現在17272個の困ったを解決できます!

2015月7月8日更新

【就活対策】学生目線だけではなく、企業目線で就活を考えてみよう

1079 views

 企業目殿で就活を見るとどんなものなのでしょうか。(大学4年生・男性)


就職活動中の意識の高い学生さんは、日々ネットや本で就活に関する情報収集に励んでいることでしょう。

しかしその情報は、エントリーシートの書き方や、面接での心構えなど、学生目線で採用試験の攻略に焦点を当てたものがほとんどではないでしょうか。

そして結論はどれもほぼ同じような内容ばかり。

今回は、就活の準備に余念がない皆さんには耳タコのフレーズを、企業目線から切り込んでいきましょう。

 

自分の言葉で話そう



就活

どんなに素晴らしい志望動機や自己アピールができても、

その人らしさが見えない話し方では通らないと、毎年多くの採用担当者が口を揃えます。

話の内容よりも「自分の言葉で話せる」ことをここまで企業が重視するのは何故でしょうか。

「若い部下たちが何を考えているのかわからない」「話が通じない」。

今、多くの会社員が部下との接し方で悩んでいます。

上司となる年齢層の人々にとって、今の若い世代の人間は、異次元から来た宇宙人のような存在です。

いつの時代も世代による価値観の違いはありますが、

ネットや携帯電話の普及により、世代間の差は近年どんどん拡がっています。

「自分の言葉で話す」とは、自分は採用担当者と同じ次元に生きる、対話が可能な人間なのだと感じさせることです。

そのことを念頭に置くと、一人芝居のような話し方になっている自分に、気がつけるかもしれません。

 

特別な経験や資格がなくても大丈夫!



希望の仕事に役立ちそうな経験や資格。

何もない自分に、不安を抱く方も多いのでは。

しかし、何もないのが、企業にとって新卒の魅力のひとつでもあるのです。

アベノミクスで景気が上向いたとはいえ、実際は常に厳しい状況にさらされている日本の企業。

少しでも純利益を上げるために様々な経費削減を試みる中、

多くの企業が毎年、新卒一人あたり50万~100万円もの費用をかけて採用を行っています。

採用後も、一人あたり10万~30万円のコストが研修費用にかかります。(産労総合研究所調べ)

研修期間が終わっても、新入社員は即戦力にはなりません。実地で学びながら、数年かけてやっと一人前になるものです。

新卒採用にこんなにお金も時間もかかるのなら、

有資格者や経験者を対象とした中途採用をもっと積極的にやったほうが、効率的だと思いませんか。

しかし最近ではこの中途枠にさえ、未経験者募集をかけている企業もあるのです。

なぜなら、経験に縛られて、職場の人間関係や仕事の進行に悪影響が出る例が後を絶たないから。

高度な専門性がある職種を別にして、同じ仕事でも会社によってやり方や進め方は違います。

なまじ経験があるゆえに、その会社のやり方になじみにくいということもあるのです。

そんな心配が全くないのが新卒採用。

ですから、企業が皆さんに、採用試験の段階で仕事に関して期待するものは何もありません。

むしろ、「こんな経験や資格があるから、仕事の戦力になれる!」と過剰にアピールする方が、「この子、変なプライドがあって扱いにくそうだな」と思われる危険があることを覚えておきましょう。

 

嘘でも「御社が第一志望です」と言おう



就活

頭でわかっていても、いざ本命以外の会社で「うちが第一志望ですか」と聞かれると、

目が泳いでしまう人もいることでしょう。

しかし企業にとれば、学生の志望度こそが、一番見抜かなければならないポイントなのです。

新卒採用にはひとりあたりにおよそ数十万のコストがかかります。

ひとりに内定辞退をされてしまうと、その人を採用するために落とした人たちの分も、損失が出たことになるのです。

そしてまた採用活動となると、さらなるコストがかかります。

皆さんが思う以上に、内定辞退は企業にとって大きな痛手なのです。

説明会やHPでは、「色んな企業も受けて、じっくり検討して欲しい」と度量の大きいコメントをしている会社もありますが、

それは「他の会社よりもウチに入りたい理由を見つけて、志望度を高めて欲しい」ということです。

面接で志望度を聞かれた時ばかりは、俳優になったつもりで、「御社が第一志望です!」と大きな声で答えましょう。

 

いかがでしたか?

当然と思っていることでも、企業側の視点で改めて考えてみると、解釈がズレていたり、軽視していたりというポイントがあったのではないでしょうか。

たまには、企業に向けた採用活動のサポートサイトや本に目を通してみるのもいいかもしれませんね。

2015年7月8日

written

by igarashi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop