現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月30日更新

トレッキングの疲れを癒す☆屋久島のおすすめ宿6選

468 views

屋久島で宿泊したいのですが、疲れを癒せるような宿はありますか?(大学2年生 女性)


屋久島にはトレッキングにもってこいの世界遺産の島。

そんなトレッキングを楽しむには、やはり癒しの宿が必要ですよね。

屋久島に多数存在するトレッキングのための宿をご紹介いたします。

 

1.シーサイドホテル屋久島





画像出典:シーサイドホテル屋久島

トレッキング用品の貸し出しもあるシーサイド屋久島は、宮之浦港から徒歩5分と嬉しい立地。

縄文杉登山道へのバス停もホテル前にあり、トレッキングの拠点としては最適です。

和室8畳と、洋室どちらもお部屋があり好きなほうを選べます。

また朝食は和洋バイキングまたは和食セットメニュー。

夜は地元の海の幸を使った和会席で、屋久島を満喫できちゃいます。

近くにはレストランやお土産店もありますよ。

 

アクセス



宮之浦港から徒歩5分

屋久島空港 車15分

 

2.ホテル オーベルジュ





画像出典:ホテル オーベルジュ

トレッキング応援コースプランもあり、初心者にはありがたいホテル。

朝早い出発のときは朝食をお弁当に変更することもできちゃいます。

お弁当を持ってトレッキングにいけるのはありがたいですよね。

また荒川登山口まで便利な立地で、拠点にもぴったりです。

夕食はもちろん、屋久島グルメ。

観光でもビジネスでも利用ができるリーズナブルな宿です。

 

アクセス



安房港から徒歩2分

千尋滝…車で15分、大川の滝…車で30分

 

3.ガラッパと健吉





画像出典:ガラッパと健吉

地元のアルピニストと交流を深めたいならここ!

オーナーはアルピニストで、トレッキングの知識には困りません。

お部屋は和室が1部屋、洋室が3部屋と小さめですが、こだわりがたくさん。

オーナーはお酒が大好きでさまざまなワインやお酒、ソフトドリンクまで用意できる併設バーがあるんです。

トレッキングで疲れた夜にはちょっとほろ酔い気分で屋久島を語り合うのもすてきですよね。

またお値段も2500円~とかなりリーズナブルで、学生にはうれしい。

 

アクセス



栄町バス停より徒歩10秒

 

4.ecohotel SORA





画像出典:ecohotel SORA

エコをメインにおいた、あたたかい木のぬくもりを感じられるのがSORA。

洋室ベッドルームはほっとする造りで、ゆっくり眠れそうです。

また共有スペースも自宅リビングのようでくつろげますし、他の観光客との親交も深められそう。

全体的にとても清潔で女性には嬉しいですね。

食事提供はありませんが、近くにレストランやスーパーがありできたてのお弁当が食べられます。

 

アクセス



安房港から車3分

屋久島空港から車5分

 

5.LA・ISLA・TASSE(ラ・イスラ・タセ)





画像出典:LA・ISLA・TASSE

洋風のアンティーク風インテリアが素敵な宿。

リビングから個室までアンティークです。

食事は自家製のパンやジャム、地域の食材を生かしておりこちらもおしゃれ。

トレッキングで疲れて帰ってきても、なんだか安心できそうな場所です。

 

アクセス



屋久島空港から車で15分

安房港から車で3分

 

6.ホテル 屋久島山荘





画像出典:屋久島山荘

安房川に面している自然に囲まれた立地。

トレッキングにはうれしい、縄文杉までいちばん近いホテルです。

また小説家林芙美子「浮雲」が執筆された場所としても有名。

小説の息吹を感じながらまったりするもよし、縄文杉を楽しむのもよし。

屋久島を全身で感じられそうな場所です。

 

アクセス



安房港から徒歩15分

 

いかがでしたか?

屋久島っていってみたいけど宿はちゃんとあるの?と不安だった方も安心。

宿はどれも充実しており、地域をいかした素敵な場所ばかりです。

トレッキングをサポートしてくれる地元民との交流も楽しそうですよね。

世界遺産を満喫しましょう。

2015年3月30日

written

by kosugekatsuki


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop