現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月27日更新

京都府民が教えるGWのおすすめ観光スポット6選

848 views

 GWに京都に行く予定です!おすすめの観光スポットを教えてください。(大学2年生・男性)


世界の観光地ランキングNo.1となった京都への旅行を、GWを活用して計画されている方もいらっしゃるでしょう。

4月下旬から5月上旬にかけて新緑が美しく輝く古都の景色は見逃せません。

今回は京都でGWにおすすめの観光スポットをご紹介します。

ぜひ、参考にして下さい。

 

1. 嵐山、竹林の道





画像出典:NIWAKA

新緑の時期には絶対に訪れたい場所、竹林の道。

野宮神社付近から大川内山荘に至る小径は有名で、風にそよぐ竹の葉音や香りが心地よく、緑影の情緒を感じる嵐山を代表する景色が大人気のスポットです。

深い緑に包まれた幻想的な小道を歩けば、ほっこりとして心も体も癒されます。

また、合わせて桂川に架かる渡月橋や世界遺産の天龍寺を訪れるとより嵐山の魅力に触れることができます。

(基本情報)

アクセス:JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅から徒歩で約8分

 

2. 鞍馬寺





画像出典:MAPPLE観光ガイド

鞍馬弘教の総本山。牛若丸と鞍馬天狗の伝説や与謝野晶子ゆかりの寺として有名なスポットです。

パワースポットとしても人気があり、金堂前には幾何学模様の石床に宇宙の力が漲り願掛けすると叶うといわれています。

新緑を楽しむなら、お寺を拝観した後で山道を歩いて貴船神社コースを降りるのもおすすめです。

(かなりの山道なのでパンツとスニーカー必須です。)

(基本情報)

所在地:京都府京都市左京区鞍馬本町1074

アクセス:叡山電鉄鞍馬駅から徒歩で約30分 (山頂本殿までケーブルありケーブル2分+徒歩で約10分)

拝観・開館時間:9時~16時半(霊宝殿 9時~16時)

休日:無休(霊宝殿は月曜、12/12~2/28)

料金:愛山費300円 霊宝殿 200円

 

3.妙心寺





画像出典:妙心寺

全国に約3400もの末寺をもつ臨済宗妙心寺派大本山です。

境内には見どころが多くあり、狩野探幽の法堂天井画の「八方にらみの龍」は見もので、方丈庭園は名勝・史跡に指定されています。

山内には山門、仏殿、法堂など47の塔頭があります。新緑の頃は花が咲き乱れる、近くの塔頭の名庭を訪ねるのもおすすめです。

妙心寺退蔵院のつつじと藤棚や妙心寺大心院の樹齢350~400年、高さ4mのキリシマツツジが満開となり見応えがあります。

等持院や龍安寺まで足をのばして、雅な庭を見学するのも楽しみ方の一つです。

(基本情報)

所在地:京都府京都市右京区花園妙心寺町1

アクセス:JR花園下車 徒歩で約5分

拝観・開館時間:9時10分~16時40分

料金:500円

ホームページ:http://www.myoshinji.or.jp/650/

観光コースおすすめサイト:http://souda-kyoto.jp/travel/walk/hanazono.pd

 

4. 京都三条通界隈





画像出典:Foursquar

京都で最近話題のNewスポット三条通。

昔の東海道の終着点である「三条大橋」から京都中心に向かう三条界隈はお洒落なショップが点在し、新旧の建物が入り混じる魅力的なスポットです。

京都文化博物館や中京郵便局など大正時代のレンガ造り洋館建築を見ながらの散策が楽しめます。

レトロな建物の中にお洒落なテナントが入っているのもこの街の面白さです。

和テイストの雑貨店「京都デザインハウス」やお茶好きにはたまらないカフェの「伊右衛門サロン京都」、古くから三条に根付く喫茶店の「イノダコーヒー本店」も訪れてみたいショップです。

大正・昭和ロマンの景観が残る、独特な街の雰囲気を満喫してみてはいかが?

(基本情報)

アクセス:京阪三条駅 徒歩すぐ(三条大橋)

 

5. 無鄰菴





画像出典:京都観光研究所

明治・大正時代の政治家、山形有朋の別荘です。

天才といわれた7代目小川治兵衛が作庭した庭園の池泉廻遊式庭園を中心に、簡素な母屋と茶室と洋館が立っています。

洋館は桂太郎、小村寿太郎、伊藤博文と日露戦争開戦を決断した「無鄰菴会議」が開かれた部屋が残され、今は資料館として使われています。

また、優美な庭園は見もので、東山の借景や疏水の水を取り入れ自然を活かした庭園となっています。

母屋の1階では抹茶がいただけるので、庭園を眺めながら一服してみてはいかがでしょう?

(基本情報)

住所:京都市左京区南禅寺草川町31番地

アクセス:地下鉄蹴上駅 徒歩で約7分

開場時間:9時~17時

休園日:12/29~翌年1/3

料金:410円(小学生未満は無料)

ホームページ:
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/bunka/murin_an/murin_an_top.html

 

6. 高台寺





画像出典:京都観光研究所

1606年に豊臣秀吉の正室ねねが秀吉を弔うために建立したお寺。

開山時の建物が数多く現存し、中でも茶室傘亭や時雨亭は桃山時代の茶室建築の代表的な建物です。

また、池泉廻遊式庭園は小堀遠州作で石組みがうまく配され美しい庭園となっています。

また、夜のライトアップも壮大な光の演出が施され、竹林などは言葉を失うほど絶景です(3/6~5/6)。

隣接する圓徳院の庭園も幽玄な雰囲気に包まれる、この時期の夜景スポットとして有名です。

昼間とはまた違った雰囲気を味わえる夜のライトアップを見に訪れてみては?

(基本情報)

所在地:京都市東山区高台寺下河原町526番地

アクセス:JR京都駅・近鉄京都駅から市バス206(東山廻り)→東山安井停より東へ徒歩で約5分

拝観時間:9時~17時半(17時受付終了)

拝観料:大人600円 中高生250円(高台寺と高台寺掌美術館)小学生以下無料(父兄同伴)3ヶ所共通割引拝観券(高台寺、高台寺掌美術館、圓徳院)900円

ホームページ:http://www.kodaiji.com/index.html



画像出典:フォト蔵

女性におすすめ!レンタルの着物を着てねねの道や二年坂、産年坂をしっぽりと散策しながら、お土産探しを楽しむのも、古都ならではの情緒が感じられ素敵な思い出になること間違いなしです。

 

いかがでしたか?せっかく京都で旅行するなら季節感を感じられるスポットを巡り、京都らしい雰囲気を味わうのも乙な旅の過ごし方です。

京都の歴史に触れながら、この時期ならではの新緑を満喫して思い出に残る素敵な旅を満喫して下さい。

2015年4月27日

written

by kei-2


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop