現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月6日更新

自己紹介がキモ!グループディスカッション対策

5429 views

就活生です。グループディスカッションの対策をしたいのですが何をすればよいのでしょうか。(大学4年生・女性)


 

プレゼンテーションをする男性

© imtmphoto - Fotolia.com

就活生の皆さま、こんにちは。
IT業界に強い就活塾 「内定一心塾」で講師を勤めるyamatetsu(ペンネーム)です。
内定一心塾という就活塾での仕事の経験から、
就活生の皆さまに役に立つアドバイスを提供するため記事を投稿させて頂きました。

就職活動というのは言い方を変えると「どれだけ事前準備をしたか」を、
企業に理解してもらう活動といえます。
事前準備が十分にできている就活生から順番に内定を貰っていく、というのが就職活動の実情です。

しかし就職活動には事前準備が難しいものがひとつあります。
それがグループディスカッションです。

面接官を相手にする面接であれば自分一人で、ほとんどの事前準備ができます。
しかし周りの就活生と一緒に、ひとつの作業を行うグループディスカッションでは
十分な事前準備ができません。
周りの就活生の発言や態度によって大きく状況が左右されるケースがあるからです。

ライバルである周りの就活生と一緒に行うこのグループディスカッション。
考え方によっては複数の中から一歩抜け出すチャンスでもあるのです。

今日は、このグループディスカッションの有効な対策を紹介させて頂きます。
就活生の皆さまは是非、参考にしてみてください。

自己紹介でアピール



グループディスカッションでは必ず冒頭で自己紹介を行う時間があります。
そこでは周りの就活生と打ち解けることを強く意識しましょう。

この時ばかりは面接官ではなく、意識の対象を周りの就活生だけに向けましょう。
ちょっとしたユーモアで、軽い笑いが取れれば合格です!
何も爆笑できるネタを準備しておく必要はありません。
周りの就活生と和むことができればいいのです。

実際のディスカッションが始まる前に周りの就活生と和んでおくことが非常に大切です。
なぜならディスカッションの中で話題を振られやすくなり、
必然的に発言の回数が増えることになります。

発言回数が多ければ、それだけで存在感が高まります。
5~8名の複数の就活生の中で行われるグループディスカッション。
何の存在感もなく、記憶に残らない人で終わるのだけは避けましょう!

自己紹介で他人と共感



人は共感された相手に対して好意を持ちます。
好意を持って貰えば、自分の意見にも賛同してくれます。

他の就活生の自己紹介で、少しでも共感できる箇所があれば、
それをハッキリと伝えましょう。
自分の意見に賛同してくれる仲間を一人でも作ることができれば合格です!
賛同してくれる仲間が居ると、自分の意見の存在感が極まります。

更に賛同してくれる仲間がいると非常にリラックスできるという効果もあります。
面接においてリラックスすることは非常に大切。
また周りの就活生との会話が増えることによって自然と協調性がアピールできます。

このように自己紹介は仲間を見つける場と考えておくと良いでしょう。
つまりディスカッションが始まる前段階の自己紹介が非常に重要になるのです。

最後に



内定を勝ち取った就活生にグループディスカッションでの様子を聞くと、
司会進行役を務めた、もしくは進行役のサブ的な役割を務めた人が多いのです。
やはり存在感を出すことが大切です。

ただし、単に目立てば良いということではありません。
その為には、自己紹介で周りと和んで、味方を作って、
グループディスカッションを優位に進めることを意識するとよいでしょう。

******IT業界に強い就活塾「内定一心塾」*********
キャリアカウンセラー(JCDA)講師が内定までを完全フォロー

2015年3月6日

written

by yamatetsu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop