現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月10日更新

【北海道】北の大地で釣り体験ができるおすすめスポット5選

7467 views

今度旅行で北海道に行きます。そこで釣りをしたいのですが、オススメのスポットを教えてください。(大学2年生・男性)




cinematoday.jp

北の大地・北海道には清流が目白押しで、美しい渓相の川に釣り糸を垂れるだけで気分は爽快です。

そんな渓谷では、良型のイワナやヤマメがたくさん揚がっていて、渓流釣りの醍醐味が味わえます。

そこで、【北海道】北の大地で釣り体験ができるおすすめスポット5選をご紹介します。

広尾川





town.hiroo.hokkaido.jp

日高山脈を源とする東広尾川と西広尾川が、「青岩」の手前で合流し、広尾川となって太平洋へ流れ込みます。

環境省の公共用水域水質測定(14年度)で、清流日本一になりました。

秋には長旅を終えたサケが、産卵のため川に戻ってきます。

釣り場の一つは、広尾の市街から釣り街道を通って上楽古橋の上流です。

アメマスやヤマメがヒットします。どれもまずまずのサイズです。

澄み切った水が、力強く流れる美しい渓相に思わず飲み込まれそうになります。

美国川(びくにがわ)





tabirai.net

札幌から国道5号と229号で約85㎞、美国橋に到着です。

ここから美国川沿いの道道を約9km上ると無名橋があり、ここで道は行き止まりになります。

この付近は絶好のポイントで、良型のヤマメやアメマスが期待できます。

砂防ダムを超えると、岩だらけだった川が砂地になって、イワナの世界です。魚の量は減ります。

初心者には、河口から上流へ約4kmの弁腰橋付近がいいでしょう。

見通しの良い釣り場で、ヤマメが期待できます。

静内川(しずないがわ)





shinhidaka.com

日高振興局管内を流れ、太平洋に注ぐ二級河川で、上流域は日高山脈襟裳国定公園に指定されています。

札幌から国道35号と235号で静内町の市街地まで約130㎞。

ここから約40km上流に、静内川水系で一番大きな支流のシュンベツ川があります。

渓谷が深く、川へ入る場所は限られていますが、林道の行き止まり付近から川へ降りることはできます。

イワナ・ニジマス・アメマスの大物が期待できます。

シュンベツ川春別ダムの先に進むと、別の支流・イドンナップ川に出ます。

渓谷はなだらかで、ゆったり釣りができます。イワナとニジマスの魚影が濃く、釣果は十分です。

古平川(ふるびらがわ)





tabirai.net

かつてニシン漁で栄えた積丹半島東北の古平町一帯を流れる川です。

奥行きが長く、支流も多いので渓流ファンにおすすめの川です。

札幌から国道5号・229号で古平川の河口・古平橋まで約75㎞。

ここから桂ノ沢合流地点までは、投げ釣りでウグイ、ルアーフィッシングでアメマスを狙えます。

廻り淵橋付近は、流れは穏やかですが大きな淵が多く、深みを中心に良型のヤマメ・アメマスが期待できます。

冷水橋上流の滝付近は良型のヤマメを狙えます。ただ、釣り人が多いので魚影は薄いです。

余市川(よいちがわ)





tabirai.net

余市郡内を流れる二級河川で、アユの北限として知られます。

札幌から国道5号を約70㎞で余市町に着きます。良好な釣り場は、余市町、仁木町、赤井川村にあります。

まず、大江橋付近です。国道50号沿いの大江橋から上流へ行くのも、下流へ行くのも良いでしょう。

時々、ヤマメが混じり、初心者におすすめのポイントです。

道道仁木・赤井川線の長沢橋付近はヤマメの絶好の釣り場になっています。

秋にはサケと合うこともあります。道道393号の落合橋付近はイワナとニジマスが期待できます。

いかがでしたか?

でっかい北海道にはまだまだたくさんの釣りポイントがあります。

ぜひ一度、訪れて釣果を確かめてください。

2015年4月10日

written

by anan-17


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop