現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月5日更新

simフリーのほうがお得?iPhoneのキャリアとsimフリー3つの違い

1149 views

 友達が「simフリーのほうが得!」と言っていたのですが、simフリーって一体なんですか…?(大学2年生・男性)


携帯を見ている女性


© miya227 - Fotolia.com



 

iPhoneを使いたい、iPhoneが欲しいと思った場合の多くは、docomoやau、softbankのようなキャリア版を想定すると思います。


しかし、appleストアにて公式に購入できるようになったsimフリー版iphone(5s.5c)という選択肢もあります。


「キャリア版」または「simフリー版」のiPhoneを使用する際の、それぞれのメリット&デメリットは何か?


ということについて、大まかではありますが、いくつかの違いなどを紹介してみたいと思います。



 

1.端末価格 2.回線契約の自由度 3.月々の料金



まずは本体を購入しなければなりません。


「simフリー」の場合はappleストア、またはappleのonlineストアにて一括購入ということになります。


5sの32GBを購入となれば約8万円。若干ハードルが高いような気がするところはデメリットと言っていいでしょう。


端末を購入したなら、海外に行けば現地の事業者など様々なsimカードを入れて自由に使うことができます。


自由度に加えて、MVNOの安い回線事業者を選べば料金が非常に安く使えたり月々の支払い額のお得さではこちらに分がありますね。


新しい端末が発売された場合にはすぐに買い換えることができる(契約の縛りがない)こともメリットですね。


「キャリア版」の場合はそれぞれのキャリア店舗での回線と共に契約を結びに行く形での購入となりますので、端末自体の費用は分割払いもできますし初期の端末費用がかからないメリットがありますね。


いわゆる2年縛りといわれるもので、契約したキャリア以外のsimカードは使えないだけに海外で使う場合は料金が心配で使えない、海外の安い事業者を使えない、というデメリットがあります。


月額料金から割引をしてもらえるなどキャリアのサービスを受けることができ、ある一定期間使い続ければ端末価格が実質0円になったりするメリットはありますが月々の支払額が負担になったり、2年縛りの間は契約解除に伴う違約金が発生したりと制限の中で使い続けなければならない面はあるでしょう。



 

まとめ



いったいどちらがお得なのか?というのは使う用途や状況による、といった結論になってしまうので一概に「どちらがお得!」とは言えませんが、簡単にまとめると

 

simフリー版 メリット



契約の縛りがない(機種変自由)

simカードを自由に選択(海外含む)、使用できる。

回線事業者を選ぶことで、月額料金を抑えることができる。

 

simフリー版 デメリット



端末代金としての初期費用が高い

全て本人で設定や管理をする必要がある(機種変更や諸々設定のサポートがない)

 

キャリア版 メリット



端末購入時の初期費用がほとんど要らない

使い続ければ端末が0円になることも

キャリアメールが使えたり、月々のキャリアによるサポートがある

 

キャリア版 デメリット



契約による制限がある(2年縛り、契約したキャリア以外は使えない)

月々の料金が割高

 

といったところでしょう。

海外に頻繁に行かれる方はsimフリー?

機種変更なんて滅多にしない&初期費用が高すぎる!という方はキャリア版?

それぞれに合わせた使い方のできる選択肢が増えたのは良いことだと思いますのでどちらにも発生するメリット、デメリットを考慮して購入しましょう。

2015年3月5日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop