現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月20日更新

必ず訪れる倦怠期!乗り越え方&カップルの絆を深める方法

4073 views

 最近、彼女と倦怠期です。倦怠期を乗り越えたカップルの声を聞いてみたいのですが、、、(大学2年生・男性)


付き合い始めた頃はお互いのことが大好きで、片時も離れたくないって思っていたのに…

何か最近、盛り上がりに欠けるように思えてしまう……これってもしかして倦怠期!?

でもそんなに落ち込む必要はありません。倦怠期というのはどのカップルにもやってきます。

問題は乗り越えるか乗り越えないか。今回は倦怠期の乗り越え方と、2人の絆を深める方法をご紹介します。

乗り越える
画像出典: flicker

 

倦怠期の仕組み



倦怠期とはいわゆる、相手に対してドキドキしなくなった、以前ほど強い気持ちを感じなくなった時期のことを言います。

しかし、それは全部脳内物質の仕業です。

今までドキドキしてたのも、脳内で恋愛ホルモンなるものが過剰分泌されていたから。

この脳内ホルモンをPEAといい、脳内麻薬とも言われるほど強い快楽(=ドキドキ)を感じさせてくれます。

その成分は覚醒剤と同じなため、その強力な効用から脳の受容体を守ろうと、

一定の期間を経ると自動的に分泌されなくな=ドキドキがなくなる、つまり倦怠期がやってくると言えるのです。

さて、この状態であなたが選択するのは2つの道。別れるか、それでも一緒にい続けるか、のどちらかでです。

 

倦怠期の乗り越え方



一緒にい続ける方を選んだ方には、その方法をお教えしましょう。

ぜひ参考にしてみて下さい。

やってみる!
画像出典: flicker

 

つり橋効果を活用する



PEAが分泌されるのは、「新しい刺激を受けたとき」「不安・恐怖・緊張」を感じたときです。

一緒に長くいすぎると、緊張感や新しい刺激は少なくなって当然ですよね。

ですから、自発的にそういう緊張状態を作ってしまえばいいのです。

つり橋効果と言うのは、揺れて落ちてしまいそうなつり橋を渡るときのドキドキを、

恋愛の相手に対してのドキドキと勘違いしてしまうというもの。

それは例えば、ジェットコースターが落下するときのドキドキや、お化け屋敷の恐怖のドキドキに置き換えることができます。

遊園地はまさに、倦怠期カップルのお助けデートスポットといえますよ。

 

あえて一人の時間を別々に楽しむ



PEAの分泌が抑えられるのは、その強力な作用から脳の受容体を守るためで、その結果「飽き」というものを感じるようになります。

つまりはあまり長い間一緒にいすぎないことも大切ということです。

一人の趣味の時間を楽しんだり、友人と旅行へ行ったり、自分自身が自立して独立した時間を持つようにしましょう。

そうすることで、恋人と一緒にいる時間に新鮮味を感じられるようになったり、感謝できるようになります。

 

言葉を巧みに利用する



ポジティブで優しい言葉を積極的に使うようにしましょう。

「ありがとう」「嬉しい」「楽しい」という言葉を相手に積極的にかけることによって、

相手も同じだけ返そうとしてくれる心理学の『返報性の法則』を利用します。

コミュニケーション
画像出典: flicker

 

絆を深める秘密はオキシトシン



オキシトシンはPEAとは別の恋愛ホルモンのことです。

別名『幸せホルモン』とも呼ばれていて、ストレスを軽減してくれたり、癒し効果があるのです。

オキシトシンは人と触れ合うことで分泌され、PEAのように自然と抑えられるようなものでも、加齢に伴い減ってしまうものでもありません。

頻繁に恋人とハグをしたり、マッサージをしあったりすれば、幸せホルモンの分泌が増え、お互いに満足した幸せな関係を築くことができるでしょう。

 

まとめ



あなたが誰と付き合って一緒にいたとしても、倦怠期は人間の本能として必ずやってくるものです。

大切なのは、恋人があなたにとってどういう存在であるかを認識することです。

倦怠期を誤って解釈して、大事な恋人を手放したりしないようにしてくださいね。

2015年4月20日

written

by ellie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop