現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月17日更新

海外で生活する上で困る3つの事

2538 views

Q. もうすぐ短期留学をしますが、海外経験がほとんどないのでとても不安です。海外生活の中で「これはこれは日本と違って困った!」ということがあれば教えてください。


海外 海外生活



私はどちらかといえば海外生活を人にお薦めするタイプの人間です。毎日体験した事のない事を体験できるのが海外生活の醍醐味です。また最近「セカ就」なる言葉が流行り始め、いよいよ国外での就職活動もトレンドとして始まったそうです。しかし海外にいきなり飛び出すのは誰しも怖いことです。ですから海外、とくに近頃ビジネスで盛り上がっている「新興国」で生活するときに直面する特有の問題をご紹介します。

 

①インターネットが遅い 



パソコン インターネット



日本に帰って快適だなと思う事は一番にインターネット環境です。新興国はまだ通信インフラが完璧ではありません。私のいるジャカルタではYoutubeを見るのも一苦労。5分のクリップを見るのに10分間放置し貯めてから見ることも。スカイプも音声だけなら問題ないが、動画付きだと音質が悪くなることもしばしばです。

 

②テレビ番組が面白くない



テレビ



海外は、日本と比べるとチャンネル数は多いのですが、CMがやたら長かったり、あきらかに制作費がかかっていないだろうという番組が多いです。日本のテレビの構成力、企画力は別格だと思いました。尚、場所によってはNHKワールドが映るのが救いです。

 

③日本の本が高い 



本



すでに海外への渡航や駐在が当たり前のご時世ですからジャカルタ、バンコクなど在留邦人数が一万人を越える都市には当たり前のように日本語書籍を販売する本屋があります。(ジャカルタですと紀伊国屋があります。)しかしながら日本の価格の1.5〜2.5倍ほどで売られています。また品揃えも日本の大型書店のように何でも揃うという訳にはいきません。

 

以上が海外生活で困る事です。

しかしインターネットが遅かったりテレビをつけない生活をすると新しい趣味が出来たり、外出するなど友達との交流時間も増えていきます。また、一冊の本への気持ちも変わり、もっと大事に、頭にしみ込むように読むようになります。

 

「世界最便利国」で育った我々にとっては海外は不便な事も多いですがそんな不便さから見えてくるものも多いのです。

2014年6月17日

written

by tiger-yonemoto


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop