現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月18日更新

モテるために、今すぐ変えて!周りまで暗くするNGな性格5パターン

1302 views

私は結構性格が暗いと自負しています…

モテるために直すべき性格って、どんなものがありますか?(大学1年生・女性)


あなたの友達にその人がいると周りまで暗くなる、残念な性格の人はいませんか?

でも性格のことって、自分ではなかなか気が付けないもの。

自分にも当てはまってしまうところはないかよくチェックしてみましょう。

暗い女性

 

「どうせ」「でも」が口癖 悲観型女子



なにかチャンスや提案があってもすぐに悲観的に考えて、せっかくの提案や応援に応えない人、いますよね。

「あのお店いってみようよ。」→「でも、混んでるんじゃない?」

「それ、やってみようよ。」→「どうせうまくいかないから」

 

周りからはこう見えています



本人は絶対うまくいくことだけを望んでいるだけでも、誘ったほうからすると何でもかんでも却下されてはいい気持ちはしません。

男子はどんどん誘いにくくなって、当然モテなくなってしまいます。

でも、どうせ、だけど、はどれも頭文字にDが付きます。

このDがつく接続詞はあまり使わないようにしましょう。

否定するのであれば、代わりの案を出しましょう。

 

自称サバサバ系 リアクション薄型女子



本人はクールでかっこいい大人の女のつもりかもしれませんが、せっかく楽しむためにお出かけしてもリアクションが薄かったら誘ったほうはがっかり。

楽しくはしゃいでいた周りの友人もこんな人が一人いるだけで白けてしまいます。

大げさにリアクションする必要はありませんが、楽しいときはクールぶらずに思いっきり楽しむことが大切です。

 

「私ブスだから」が口癖 自己否定型女子



聞いてもいないのに「私ブスだから」「私デブだから」とやたらに自己否定をする人、いますよね。

周りの人も仕方なく「そんなことないよ」「やせてるよ」なんてフォローしますが、めんどくさいというのが本音。

やたら自己否定する人は「そんなことないよ。可愛いよ。」と周りから言われたいがために、わざわざ自分を否定するんです。

 

男子からは煙たがられているかも



男同士ではこうした謙遜し合うことがないので、男子の前で「私ブスだから」なんて言ったら、「うーん、でも性格がよければいいんじゃない?」なんて言われちゃうかも。

周りの友達は自分が思うほど自分の外見なんて気にしていません。

過剰に謙遜したり、周りからの承認を強要しないようにしましょう。

 

常に上から目線 批評家気取り型女子



「あのドラマ脚本がいまいちだよねー。」

「あのお店、外装はいいけど肝心の料理の腕がまだまだだよね。」

こんなこと言われると「じゃあ、あなたがやってみたら?」といいたくなってしまいますよね。

 

周りからの評判は最悪



自分も専門家ではないのに、批評家のように否定したり、上から目線で評価したりするのは「お前何様?」とおもわれがち。

それどころか、人はだれかと過ごした時間が「楽しくない」と認識するとその相手までも「楽しくない」と思ってしまうのです。

もし、いまいちだったとしても「こうしたらもっと良くなりそうだね。」「すっごくおしゃれなお店だったね。」など、良かったところを話題にして、楽しい時間を作れる女子を目指しましょう。

泣く女の子

 

人の不幸は蜜の味 悪口・噂大好き女子



歩くワイドショーのごとく、人の不幸話や悪口ばかりを話のネタにするひといませんか?

人は他人の不幸や悪いところを見ると「私はあの人よりはマシ」と安心したり、自尊心を維持できるので、悪口や噂話にはどうしても食いついちゃうんです。

 

周りからは嫌われていますよ



でも悪口ってみんなが気持ちよくなる話ではないですよね。

その場では話を合わせていても、実際は仲の良い友人の悪口を聴いて傷ついていたり…。

自分が悪口を言った分、自分も別のところで誰かに悪口を言われているものです。

いいことは一つもありません。

特に男子には悪口を言ったり、噂話をする習慣がないので、悪口をいう女子は嫌われます。

 

最後に



いかがでしたでしょうか。あなたの周りにも一人はいるはず…。

もし「自分もちょっと当てはまっていたかも」という人は、少しずつ治そうと意識してみてください。

男子の前では、なんて使い分けしていても、周りの女子から低評価だとまわりまわって狙っている彼の耳にも悪い噂は広まってしまいます。

はじめはいつもの癖が抜けなくても、意識して治そうとすると徐々に治っていきます。

内面美人になれば女子にも男子にも人気のあるモテ女になれるはず。

2015年4月18日

written

by kanaema24


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop