現在17274個の困ったを解決できます!

2016月12月8日更新

話題に飽きた…彼氏とのLINEがつまらない時の対処法

57597 views


彼氏とのLINEが盛り上がらなくて悩んでいます・・・。(大学3年生・女性)


せっかくお付き合いをしているわけですから、彼とは毎日LINEでやりとりしたい!
でも、なんだか最近そっけない気がして返事が来るのも前より遅くなった気がする…。
どうせなら楽しくいつまでも盛り上がりたいですよね。
あなただけが新しい話題を提供し続けるのはいつか無理が出てきてしまうので、ここでは相手が返信しやすいように心がけて欲しいことをご紹介します。






報告系の話題は避ける



報告系の連絡はしない


結構やってしまいがちなことなのですが、毎日の生活を報告する内容のもの。
「いまから電車のるよ!」
「これからご飯~!」
「いま家に帰ったよ!」
などなど、いま自分が何をしているかを報告するものはなるべく避けたほうがいいでしょう。
あなた方がお付き合いしはじめのラブラブカップルならば問題ないとは思います。
ただ、時間が経つにつれてだんだん「だから何?」となってしまうこともあります。
たしかにこれは返信しやすいものなので最初のうちはいいのですが、毎日の繰り返しとなってくるとだんだん相手もウンザリしてしまいます。


これをあなたが送り続けてしまうことで彼も「俺もいちいち報告しないとダメなの?」と感じてしまうこともありえるので危険!朝と夜の挨拶くらいは問題ないと思いますが、あなたの日常の報告が多くなっていないか、LINEの履歴を読み返してみて。


ちょっと多すぎたかな、と感じた場合は、面白かったことや彼の関心のありそうな発見などを


知らせる方向に切り替えるのもおすすめです。


共通の話題が増えますし、相手が自分のことを考えていてくれているというのは嬉しいものです。







返事の強制をしない



これは誰もが分かっていそうなことですが、相手に返事を強制してはいけません。
事務的なメッセージや、常識として返信しなくてはならない内容はもちろん除きます。
「○○分以内に返信!」なんてのはもってのほかですね。


これを心がけることは同時に、相手の都合を尊重することにもなるんです。
LINEのやりとりなんて、都合や予定、心に余裕のあるときにしかできないものと思いましょう。
返事が遅くなってしまっても、「なんで私にかまってくれないの!」ではなく「相手はいま忙しいんだから待っててあげよう」と心にゆとりを持つようにしましょう。















画像添付で盛り上げる



これはかなり効果的であると断言できます。
おもしろ画像や、カワイイ動物の画像でもいいでしょう、なにか彼に送ってみてください。


なぜこれで盛り上がれるかというと、単純に視覚の情報は反応がしやすいからなんです。
これで彼もいろんな画像を送ってくれるようになったら、あなたも無理せずに反応ができるはずです。
お互い画像フォルダがいっぱい!なんてことにならないように気を付けてくださいね。





スタンプを使ってやりとりする


かわいいスタンプに弱い男性は、実は多いのです。


普段文字ばかりでやりとりしている方はスタンプを上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。


彼も新鮮味を感じてレスポンスしてくれるかもしれません。


それに、どれくらいのテンションなのかがわかりやすくなるのもいいですね。




また、かわいい系だけでなく、行き過ぎていない範囲でのネタ系もおすすめです。


笑いのツボを引き出すと、やりとりは楽しくなります。


ただし、これも送り過ぎはNG。


彼がスタンプ系のやりとりが苦手ではないかも様子をみて判断してください。















相手に合わせる



相手に合わせるカップル


ここでの合わせるというのは、「相手のテンションに合わせる」ことを指します。
たとえば、彼が絵文字や顔文字をふんだんに使ってくれるような可愛らしいLINEを送ってくるなら、あなたもそれに合わせてみて。
逆にあまりそういったものを使わずにクールな内容で返してくるようなら、あまり絵文字やスタンプの連投は避けてください。


恋人に限らず、人は自身のテンションと合わない相手をどこか遠ざけようとするものです。
完全にマネするとまではいかずとも、ある程度の空気を読んでお互いに心地のいいやりとりを心がけてみましょう。

















連投しない

こちらも実践している方が多そうではありますが、我慢できずにやってしまいがちなこと。
既読がついているのに返信がない場合に気を引きたくてもう一言…と、相手の返信を待たずに自分が連投してしまうパターン。
説明するまでもなく彼はウンザリしてしまいます。
たくさん話題を提案してくれるのはいいことなのでしょうけれど、あまり多すぎるとどれに返信していいものか分からなくなってしまい、最終的にはいわゆる既読スルー!
なんてことにもなってしまうかもしれません。


ひとつの文章を短くわけて連続で送信してしまうのも気を付けたほうがいいポイントでしょう。
「うん」、「わかった」、「じゃあ」、「○○で待ち合わせね」等、一文でまとめられるものは完結にまとめてあげてくださいね。














いかがでしょうか?

やりとりも毎日になると、ネタがだんだんなくなってくるというのも仕方のないことです。

盛り上がる話題を新たに提供する、というよりも「無理なくやりとりを続けられるような返信」を心がけてあげるのが良いように思います。
顔が見えないやりとりだからこそ不安に思ってしまうこともあるでしょうけれど、そこは落ち着いて次の返信を見極めてくださいね。
楽しいやりとりがいつまでも続くことを願っております。

2016年12月8日

written

by fuku


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop