現在17271個の困ったを解決できます!

2016月6月15日更新

【要注意】彼女に飽きた男性が見せる、別れのサイン5選

41615 views

最近、付き合っている彼氏が冷たい気がします…。彼女に飽きた男性の言動を教えてください(大学2年生・女性)
つき合った当初はうまくいっていたのに、最近なんだか彼氏の様子が変・・・と違いを感じている方いらっしゃると思います。
春は出会いと別れの時期。さまざまな人と会っていく中であなたとの恋心がどこか揺らいでしまうときがきます。
そんな男性には何かしらのサインが感じられます。今回は、彼女に飽きた男性に表れる言動の変化をご紹介します。


連絡がこなくなる

あれだけ連絡を毎日取り合っていたのに、最近は全然連絡をとっていない…。
連絡しても一方通行でなかなかやりとりが続かない…。
という方は、まずあなたの存在自体が少し薄くなってきているのかもしれません。毎日連絡はとらなくてもいい相手、ということで片付けてしまっている可能性があります。また、連絡の少なさというのは、あなたに連絡をしなくても満たされるものが他にある場合が多いです。そういった場合はふと思い出したときに連絡をとるようになり、だんだんあなたのことが飽きてしまっていると考えた方がいいです。「連絡を毎日する」というように決めていても、だんだんそれに負担を感じてくるときです。


デートの服装が雑になる


sweatshirts-428607_640
デートというと、やはり普段通り楽しめればいいですが、彼女にいいところを見せたい、すこしでもかっこよく見せたい、と考えている男性なら多少オシャレをします。しかし、デートの服装や身だしなみが、まるで友達に会うかのように雑になっていたり、決めるところで決めていない服装だと、あなたを女としてみられなくなっている可能性があります。女性とやはりいるということは、男性もかっこよくありたいと思うものです。服装の乱れが気を許している、と感じる人も多いですが、実はそこまで女性として考えられなくなっている可能性もあります。


笑顔が減る

あなたと一緒にいるとき、いつも楽しくて笑っていて…というような状況ではなくなり、つまらない顔だったり、あまり笑わなくなったりすると、もしかしたらあなたと一緒では楽しくないのかもしれません。そういった場合は、「わたしといても楽しくない?」と聞くよりは距離をとった方がいいこともあります。

また、一緒に居すぎると自然と共有している話題が多く、話すことがなくなったり新鮮さがなくなってきてしまい、それを飽きだと感じてしまうこともあります。


友達と会うような提案をしたり、あなた自身が彼との時間以外を楽しむことで、フレッシュな空気を入れるのも良い対策となります。



記念日などが曖昧になる


dinner-table-444434_640
つき合って始めの方は記念日等をしっかり祝うことができますが、だんだん記念日を忘れてしまうということがあります。しかし、これは普通のことで月日がたてばそういったケースもあります。しかし、記念日などを祝うことをしていたカップルが、記念日はやるけれどもその行事が雑になったり、気持ちがこもっていないように感じたら、もしかしたらその行為がめんどくさいと感じているのかもしれません。すると、記念日も多少祝わなくていいかな・・・と考えている可能性があります。



一緒にいるときに携帯ばかりいじる

これは決定的なサインです。いつも一緒にあなたと話していたのに、携帯ばかり見るのは他にあなたよりもいい人がいるか、いなくてもあなたと話すより携帯を見ていた方がいいということになります。

一緒にいる時間を有意義に使えているか、彼を不機嫌にさせている原因がないかなど、振り返ってみましょう。


お互いに有意義に使えていないと感じているなら、いま一番したいことにもっと時間を割きましょう。

ここでポイントとなるのは、喧嘩腰に別々の時間を設けようとしないことです。

さりげなく一人で過ごす時間をふやし、お互いに見つめなおす時間にしましょう。






いかかでしたでしょうか。
彼女に飽きた男性に表れる言動の変化5つを紹介しました。



しかし、このサインが出ているからといって別れるという決断を下すには早すぎます。
マンネリ化でこのような状況に陥っているならば、いつもと違うデートをしてみたり、サプライズをしてみたりと、初心に戻れるようなことを是非やってみてください。
お互いの状況を見極めることや、ゆっくり話し合うことも非常に大切なことです。
忙しさの中にも、互いを思いやる気持ちがあれば、また、おのずと関係性はよくなっていくはずです。


2016年6月15日

written

by さっとんびーむ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop