現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月17日更新

【2016卒の就活】絶対出遅れない選考スケジュールガイド

1172 views

就職活動をしています。選考のスケジュールガイドを教えてください。よろしくお願いします。(大学4年生・男性)


大学生活の中で最も重要なイベントの1つが就職活動。

経団連が発表した就職活動に関する新しいルールでは、企業の広報活動が3月から解禁されています。

就活生であれば、すでに会社説明会や学内での説明会などに参加しているでしょう。

しかし、新ルールをあまり把握できていない学生や、

本当にこのルールを企業が守るのか不安な学生も少なからずいるのではないでしょうか。

それでは、この新ルールの内容と実際の企業の動きを確認していきましょう。

新ルールの内容とは?



経団連が発表したルールによると、採用を目的とした広報活動が3月1日以降にスタートします。

そして、選考活動は8月1日以降、正式な内定日は10月1日以降となります。

したがって、現在はあらゆる企業が自社の採用サイトや就職情報サイトを活用し、

会社説明会の案内や採用情報を公開を行っています。

それでは、広報活動と選考活動はどのように違うのでしょうか。

大きな違いは、広報活動では、学生が自主的な参加や不参加が出来るイベントの出席の有無や評価を、

今後の採用活動の判断材料としてはいけないという点です。

「選考への影響はありません」などと記載された案内を見た方が多いのではないでしょうか。

しかし、注意しなければいけないのは、ウェブテストやエントリーシートの提出などは、

広報活動の時期に含まれるという事です。

つまり選考活動解禁で実施可能となるのは、面接と試験という事になります。

面接を受ける大学生

実際にルールを守っている企業は4割以下?



それでは、実際に企業はルールを守っているのでしょうか。

実際、経団連に加盟していない企業は、守る必要はありません。

そして、加盟している企業でも守らない企業も多くあります。

多くの企業は広報活動の解禁前までに、採用を目的としない説明会やインターンシップを行ってきました。

HR総研のアンケート調査によると、

今年からインターンシップを実施した企業が2割に増えたという結果が出ています。

さらに、インターンシップと選考の関係性を問う質問では、6割を超える企業が「考慮する」という回答でした。

このように、企業は水面下で採用活動を進めているのです。

ビジネスマン 笑顔

今後のスケジュールは?



今後の大きな分岐点となるのは8月1日の選考活動解禁でしょう。

しかし、それを順守しない企業も多い事でしょう。

例えば、現在行われている会社説明会は、採用に大きく影響を与えるイベントと言えます。

また、面接ではなく、あくまでも「面談」「OB・OG訪問」などと言い、

採用活動を行う企業も出てくることが予想されます。

ですので、「8月までに面接や試験対策をすればいい」や「エントリーシートが書けて一安心」など、

ルールに合わせて考えている学生は、ペースを上げたほうが良いでしょう。

いかがでしたか?

このように新ルールによって、就職活動が遅くなったと言われていますが、

実際は選考を始めている企業もあり、

従来のスケジュールと新スケジュールが同時に進んでいる状況なのです。

新スケジュールに合わせすぎて、志望企業の選考時期を見誤らないようにする必要があります。

この複合的なスケジュールにうまく対応していくことが、就職活動の成功の鍵と言えるでしょう。

2015年4月17日

written

by nemox


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop