現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

モテない男に足りない「男らしさ」を磨く7つの方法

10566 views

"男らしくない"と言われて振られるばかり。男を磨く方法がありましたら教えて下さい。(大学一年生・男性)


男らしい男性

© WavebreakmediaMicro - Fotolia.com

 

男が好意を寄せて欲しいと思う対象の多くは異性である「女性」だと思います。

異性にアピールしたいのはやはり「男らしさ」。

自分はモテないと少しでも思ったならば、ぜひともこれを読んで

さらなる男らしさのアピールに努めまし...いや、自然ににじみ出てくるようになるはずです!

原石である自分自身を磨いて磨いて、その男らしさとやらを醸し出すための7つの方法をご紹介していきたいと思います。

 

1.走る



まずはなんといってもこれからでしょう。


走れないハンターはハンターではありません。


しっかりと走ることができれば、体力と共に身体が出来上がってきます。


そうなれば自然と自分自身に自信も湧いてきます。


いずれ彼女ができた際には砂浜で追いかけっこをしてください。


完全に逃げ切られないように。しっかりとその足で砂を捉え


そして彼女そのものを捕らえてください。一人前のハンターを目指しましょう。



 

2.本を読む



ネットの時代ですから、本が苦手な方は読まなくてもいいのかな、と個人的には思いますが、要は「情報収集」ということでしょうか。


教養とは雑学みたいなものだとこれも個人的に思っていることなのですが、深く追求された専門知識というよりは


表層をすくったにすぎない知識。だからこそ万人が交換しあえる、共感できる、のではないかと。様々な情報を深くなくとも興味を感じて取得しておけば


会話にも対応可能な範囲が増えたり、物怖じしないようになったりと人間的に余裕が出てくるのかな、と思ったりしています。


相手をあまり急かしたりしない「余裕」はモテの重要な要素でしょう。


美輪明宏さんも「知識は心の安定をもたらす」とおっしゃっていました。




3.相手の話を聞いたげる



若干フランクな3つ目のタイトルで申し訳ございません。


やはりモテる人には「聞き上手」が多いとよく耳にします。


もちろんただ聞くだけではダメで、ひたすらに流すような相槌も優秀とはいえないようです。


ポイントポイントで効果的な同意と承認欲求を満たす一言(話を邪魔しない程度の)を絡ませながら、相手が納得するまで聞き側に徹する。


そしてかつ、反論をせずオチも決して求めたりしない…すみません、自分で書いてて頭痛がしてきました。。


いえ、そんなことはありません!しっかりと相手の話を聞いてあげれば良いのです。


普段から同性の友達との会話の際にも「聞き上手」の練習はできますから、ぜひやってみて欲しいと思います。


相手を包み込む「包容力」も大事なモテ要素ですね。




4.お金を稼ぐ



これは私も全面的に支持、とまではいかないのですが


あるお金持ちの著名な方が「金銭的に余裕が出ることによって異性に積極的になれるならば頑張ってお金を稼げばいい」というような事をおっしゃっていたのを思い出しました。


お金があれば即、男らしさが身につくかは早計だと思いますが


自分に自信が持てるならばいいことなのかも。と考えたりしました。


アルバイトをいつも以上に頑張ったり、仕事に向上心を持ったりと


自分が強くなって相手を守ってあげられるようになれば、女性にもモテるようになるのでは?という意見かもしれませんね。




5.寡黙



日本男児たるもの…というような意味合いではないのですが


男らしさとは、ある部分での寡黙さを持ち合わせているということかもしれません。過度に人を責めないことや、他人の悪口を言わない、などといった慎みを持った態度や振る舞いは、きっと男らしさに繋がるのではないでしょうか。




6.自己主張



寡黙とは打って変わっての印象があるかもしれませんが、必要な場面においては自己主張が必要になってきます。


自分が何を考えているかは、言葉に出さないと理解してもらえる可能性もないわけですから


その必要な場面が相手と対立した時ということに限ったことではなく


いつでも自分が考えていることをハッキリと言えるようにしておくことは大事ですね。





7.身だしなみ



最後は補足のようなものではありますが、男性の見た目は意外にも女性にとって重要となっているようです。


どこのブランドの服を着ているか、ということではなく


オシャレかどうかでもなく、誠実なイメージの方が受け入れやすい傾向にあるようですので


特別自分のスタイルがないのであれば、できるだけ清潔感のある服装を心がけ


また、ムダ毛や制汗剤などのデオドラントにも気を配っておくことが重要です。


以上7つの方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。


内面重視が前提だとは思いますが、日々の努力などを積み重ねて


正真正銘の男らしさを手に入れるために頑張りましょう!

2014年6月16日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop