現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月7日更新

ボランティア活動って何するの?その種類と活動内容

16335 views

 


今年の夏休みはボランティア活動に挑戦してみたいと思っています。何から初めたらいいでしょうか?(大学一年生・女性)


ボランティアをする大学生

 

☆まず、ボランティアの本来の意味とはなんでしょう?



volunteerの語の原義は志願兵であり、歴史的には騎士団や十字軍などの宗教的意味を持つ団体にまで遡ることが出来ます。語源はラテン語のVolo(ウォロ、英語のwillの語源)志願者のことなのです。

☆ボランティア活動の4原則



ボランティア活動の原則として挙げられる要素は大きく分けて4つあります。

自主性


他からの強制、義務ではなく、自分の意志で責任を持って取り組むこと


社会性


自分のためではなく、社会のため、お互いに協力して行うこと


無償性


金銭の報酬を期待して行うものではなく、人との出会い、人と通じることによって得るもの、その充実感などを得られる喜びを感じること


創造性


自分で今、誰に何が必要なのかを考えて積極的に行動すること



これらが主な4原則です。 そしてこれらを踏まえた上で、一番大切なことはそれを継続させるということなのです。

☆ボランティア活動の種類と内容



ボランティア活動と言っても、その種類も活動もさまざまです。


地域の中で行える身近な活動から国際的な活動まで色々とあります。


大きく分けると5つに分類されます。


福祉


福祉…高齢者・障害者などさまざまな生活課題を抱える人たちへの支援


医療・保健…病院でのボランティア活動。 心に病を持つ人への支援、相談援助活動等


人権…権利擁護活動


環境


自然保護・里山保全・リサイクル運動・地域の清掃や河川の浄化


地域


まちづくり…都市計画や公共施設建設などでの市民参加、福祉まちづくり


災害支援…防災活動・災害時の救護・支援活動


文化


芸能文化…美術館・博物館での活動。地域文化の保全・育成


スポーツ…スポーツ活動への支援・障害者スポーツへの参加・協力


教育…学校教育や社会教育・生涯学習活動への協力


国際


国際協力…海外協力・日本にいる外国人の支援・難民支援





☆ボランティア活動を探すヒントとして



では一体、どのようにして自分のしたいボランティア活動を探せばいいのでしょうか。


参考までにそのヒントを挙げておきます。


・自分の特性を活かして選ぶ(技術・経験・趣味を活かして活動する)


・活動したい場所で選ぶ


・活動できる時間帯で選ぶ


・興味のある分野で選ぶ(社会福祉・環境保護・国際協力・教育・芸術、文化・スポーツ・保健、医療等)


・活動の対象で選ぶ(子ども・青年・高齢者・外国人)


・本人の立場を生かして選ぶ(個人として・ボランティアグループとして・企業として・地域として)


など、選び方はさまざまですが、興味のあることから始めるのが得策ではないでしょうか。何の活動を選んでも、その活動に対して自分なりに真剣に取り組み、責任をもった行動を取りましょう。いくら、無償の活動だからといって無責任で自分勝手な考えで取り組むことはやめましょう。きちんと活動の意味を理解し、同じ意志を持つ人たちと協力してボランティア活動に取り組むことで、他では得ることのできない、貴重な体験をすることができるでしょう。まずは、身近なちょっとした『人や環境のためになること』から考えてみてはどうでしょう。


(参考 Wikipedia、品川社会福祉協議会)

2015年3月7日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop