現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月20日更新

ポストアサイーと話題!ヘルシーで美味しい「ピタヤ」とは

246 views

 「ピタヤ」というフルーツを聞いたのですが、どんなフルーツなのでしょうか?(大学1年生・女性)


最近、雑誌やテレビ番組でも取り上げられるようになった、ハワイで有名なアサイー。

そのアサイーよりも、ヘルシーで美味しい!と話題の「ピタヤ」をご存じですか?

「ピタヤ」という言葉を初めて聞いた人もいると思います。

そこで、今回は「ピタヤ」について紹介したいと思います。

 

ピタヤとは一体どんなもの?



「ピタヤ」とは、サボテン科の果実のことです。

日本では「ドラゴンフルーツ」とも呼ばれています。

ドラゴンフルーツというと、分かる人もいると思います。

最近では、ファミレスのサラダバーのフルーツコーナーに、置いてあったりしますよね。

ピタヤについて ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の写真

果皮がウロコみたいに見えるため、ドラゴンフルーツと呼ばれるようになったそうです。

大きさは、アボカド位からそれよりも大きいものや小さいものもあります。

写真のように、中にはゴマのうような種子が入っています。

 

それぞれの特徴



ホワイトピタヤ又はホワイトドラゴン



赤い果皮で、白色の果肉

ほんのり甘いのが特徴

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の中で、もっともよく見かけるものです。

 

レッドピタヤ又はレッドドラゴン



赤い果皮で、赤い(紫っぽい)果肉

ホワイトピタヤよりも甘く、ほのかに酸味がある。

 

イエローピタヤ又はイエロードラゴン



黄色い果皮で、白色の果肉

果皮がゴツゴツしてて、トゲがあるそうです。

トゲは出荷時には抜かれているそうです。

ホワイトピタヤやレッドピタヤよりも甘く、酸味はあまりない。

 

ピンクピタヤ又はピンクドラゴン



赤い果皮で、ピンク色の果肉

ピタヤの中で、もっとも甘く濃厚な甘さが特徴。

 

ゴールデンピタヤ又はゴールデンドラゴン



黄色い果皮で、白色の果肉

果皮はウロコみたいで、イエローピタヤみたくゴツゴツしていません。

さっぱりとした甘さが特徴。

 

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)はどのようにして食べるの?



実を縦に切ってそのままスプーンで食べる。一番簡単な食べ方です。

もう一つは、実を縦に四等分に切ると、皮が簡単に剥けます。

もっとおしゃれに食べたい!という人におすすめなのが、ピタヤボウル。

お店へ行って食べるのもいいけど、自分が好きな果物やグラノーラで作っちゃうのもいいですよね。

また、ピタヤスムージーもおすすめですよ。

ここでポイントなのが外国産(輸入品)と、国産では甘さに違いがあることです。

国産は、鹿児島県産や沖縄県産です。

スーパーで売っているピタヤのほとんどが、外国産(輸入品)です。

 

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)はどんな効果があるの?



カリウムが含まれている



カリウムとは、体内の塩分を体の外へ排出する作用があります。

なので、むくみの人には効果的です。

 

葉酸が含まれている



葉酸は貧血や妊婦の方が摂取すると良い成分です。

また、ピタヤ(ドラゴンフルーツ)は園芸用の植物としても人気があります。

サボテンとして育てられているみたいです。

見た目や色はと違って、ピタヤ(ドラゴンフルーツ)は女性に良い成分ばかりなので、人気があるんですね。

最近はおしゃれなカフェでも、ピタヤボウルやピタヤスムージーを取り扱っていますよ。

 

また、スーパーで売っているのを見かけたら、ぜひ試してみて下さい。

2015年4月20日

written

by meisui


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop