現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月8日更新

これでコーヒー通! コーヒー豆の種類と基礎知識

602 views

コーヒー豆の種類がよくわかりません。教えてください。(大学3年生・男性)


コーヒー
rpavich

☆世界的に有名なコーヒー豆について



・ブルーマウンテン(産地 ジャマイカ)



ジャマイカ東部、ブルーマウンテン山脈の標高800m~1200mで収穫されたものしかブルーマウンテンは名乗れません。香り、苦味、酸味、コクが最高のバランスで保たれているコーヒーの王様です。日本人好みの味と香りで、高級な豆としても有名です。




・グアテマラ(産地 グアテマラ)



グアテマラの高地は雨量、気温差、土壌などコーヒー栽培に最適な条件の整っている地です。気品のある香り、上品な酸味、程よい苦味でブレンド用にも多く使われています。



 

・キリマンジャロ(産地 タンザニア)



アフリカ最高峰キリマンジャロ山脈で収穫されたもので、強い酸味、上品な香り、濃厚なコクが味わえるのでストレートで味わうのがオススメです。価格は比較的安価な豆です。



 

・モカコーヒー(産地 イエメン・エチオピア)



モカと呼ばれることが多い豆です。 さわやかでフルーティーな香りがするのが特徴で、酸味も強く感じます。 『モカ・マタリ』という種類の豆は、生産量も少ないため最高級品とされ、上品な香りと酸味、やわらかな苦味がバランスよく調和しています。ストレートでもブレンドでも楽しめる豆です。



 

・コナコーヒー(産地 ハワイ)



アメリカハワイ島のコナコーストで栽培されたもので、ブルーマウンテンに次ぐ高価なコーヒー豆です。甘い香りとや強い酸味が特徴です。酸味は数年寝かせることで、程よくやわらぎ、風味が増します。



 

・マンデリン(産地 インドネシア)



高地の密林で栽培され生産量が少ない。 酸味が少なく苦味が強いのが特徴のコーヒー豆です。 コクのある味わいで、ケーキなどと合うと言われている。



 

・スプレモ(産地 コロンビア)



コロンビアは有数のコーヒー豆の産地ですが、スプレモはその中の最上級品です。 香りがよく、適度な酸味があるのが特徴です。



 

☆美味しいコーヒーの淹れ方



初めての人でも挑戦しやすい手軽なペーパードリップについて説明します。

 

1.フィルターにセットしましょう



ペーパーフィルターはドリッパーへしっかりセットしましょう。 フィルターには接着部分があります、ドリッパーへセットする前にしっかり折り込みましょう。 ドリッパーとフィルターがぴったりと密着するようにし、出来るだけすき間を作らないようにしましよう



 

2.ペーパーにお湯を注ぎます



コーヒーをペーパーにセットする前にお湯をペーパーをかけます。 これは最初に抽出したコーヒーをペーパーにしみこませない為と、サーバーを温める意味があります。



 

3.コーヒーの粉をペーパーへセットします



サーバーにたまったお湯を捨てます、そして人数分のコーヒーの粉をセットします。 コーヒーの量は一人分なら10~12gです。コーヒーはフィルターに均等になるようにトントンとして平らになるようにセットしましょう。



 

4.コーヒーを蒸らします



セットされたコーヒーにお湯を注ぎます、これは抽出ではありません。 コーヒーの粉の中心から全体にポタポタとゆっくり注ぎ、蒸らすだけです。 まだペーパーへお湯をかけないように気を付けましょう。 お湯が数滴サーバーに落ち始めたら、お湯を注ぐのを止めてください。 徐々に蒸らされ、粉の中央がふくらんできます。 そして約20秒程待ちます。



 

5.いよいよ抽出作業です



粉の中央がふくらみ、20秒程度たったら抽出です。 粉の真ん中から2~3cmの円を描くように注ぎます。 ろ過の構造が崩れてしまうため、決してペーパーにかけないようにします。 泡がもこもこと出来てきたら一度手を止め、コーヒーが垂れるのを待ちます。 泡が消えないうちに次のお湯をゆっくりと注ぎます。 これを繰り返して、数回に分けるようにしてゆっくり注ぎます。



 

6.出来上がり



ドリッパーに人数分のコーヒーの量が抽出されたところで出来上がりです。 その時ドリッパーにお湯が残っていても気にしないこと、えぐみが出てしまうので、捨てましょう。


コーヒーは最初の一滴は一番美味しく、最後の一滴には苦味の成分や 不純物が含まれているので、もったいないといって最後まで抽出しては せっかくのコーヒーが台無しになってしまうのです。



 

 

単純なペーパードリップも、ちょっとしたコツを抑えておくと、さらに美味しく淹れることができます。

 

2015年3月8日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop