現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月17日更新

体育会系のあなたへ!部活経験者が就職面接でアピールできる強みとは

2792 views

部活経験者の私が、就職面接でアピールできる強みを教えてください!(大学4年生・男性)


「体育会系は就活に有利」などとよく言われていますが、人によっては、「ハードルが上がった」と感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

就職活動は今後の人生を大きく左右する一大イベント。

そして、その中でも採用をもらうために欠かせないのが面接です。

どれだけ部活に全力で取り組んでも、面接でアピールできなければ、体育会系というブランドは効果を発揮しないでしょう。

それでは、体育会系が就職面接でアピールできる強みは、どのようなものがあるのでしょうか。

面接を受ける大学生

体育会系らしさアピール



人によっては、出そうとせずとも出ている方もいますが、この「らしさ」を出すことで、面接官のあなたへの印象を上げることが出来ます。

体育会系と聞くと、「努力」や「継続」と言ったプラスのイメージが多いと思いませんか?

面接を受けるときには、エントリーシートなどをすでに出しており、面接官もあなたが体育会系の部活に所属しているという事を知っているわけですから、

肯定的なイメージで待ち構えています。

そこで、体育会系らしさを出すことで、面接官に「やはり」といった安心感を与えることが出来るのです。

例えば、声の大きさや、堂々とした振る舞い、自信に満ち溢れた顔など、面接の態度でアピールすると良いでしょう。

協調性をアピール



部活に集団生活は付き物です。そして、企業も集団生活を必要とします。

ですから、集団生活の中で培われた協調性のアピールはものすごく効果的です。

しかし、単に「私は協調性があります」と言った説明では、面接官の心には届きません。

集団面接であれば、他の就活生の話に耳を傾けたり、頷き反応したりすれば、協調性はアピール出来ます。

そして自分の番になれば、部活でどのような困難に直面し、仲間とどのように考え、解決を図ったかなど、問題解決のプロセスでの協調性をアピールすると良いでしょう。

新人ビジネスマン

他の体育会系の就活生との違いをアピール



体育会系というのは、就職面接において大きな武器ですが、あなただけの武器ではありません。

他の体育会系の就活生との差別化を図る必要があります。

そこでお勧めしたいのが、「ギャップ」です。

驚きや意外性というのは、人の脳に記憶されやすいと言われています。

ですから、体育会系とはかけ離れた意外な一面をアピールすると良いでしょう。

例えば、新聞を毎日かかさず読んでいる、などです。

この例では「体育会系は忙しそう」というイメージをうまく利用しています。

本来、体育会系ではない人が言うと普通と思われる事ですが、意外性を持たせることが出来るのです。

いかがでしたでしょうか。もちろん、企業への熱意があることが前提条件での話です。

面接を受けるとなると、何を話そうなどと、話の内容ばかりを考えがちですが、体育会系としての印象にも気を使ってみてはいかがでしょうか。

そして話す内容では、部活における経験談に加え、意外な一面をアピールすると面接官の興味を引くことが出来るでしょう。

2015年4月17日

written

by nemox


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop