現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月30日更新

市販のヘアマニキュアで美容院のような仕上がりにする5つのコツ

22154 views

市販のヘアマニキュアをうまく使うコツとかありますか?いつもうまくいきません・・・(大学3年生・女性)


今、美容室でカラーリングをする予算がなくて、頭頂部をプリン状のまま放置していませんか?

そんな時は簡単に手に入るヘアマニキュアで、手軽に簡単、安く髪の毛を美容院のような仕上がりにするコツを教えちゃいます!

 

1.自分の髪質を知る



細くて柔らかい髪質は染まりやすく、太くて硬い髪質だと綺麗に染まるまでに時間がかかります。

そのため、太くて硬い髪質の方は染めたい色よりも少し明るめの色を選ぶのがおすすめです。

また、髪質によって色味の出方も変わるため、向いている色とそうでない色があります。

細くて柔らかい髪質の場合、黄みが出やすく赤みが出にくい傾向にあります。

そのため、黄み系カラーは綺麗に染まり色持ちもいいのですが、赤み系カラーは比較的染まりが悪く色持ちも悪くなってきます。

くて硬い髪質の場合はその逆です。

自分に合ったカラーを選ぶと、綺麗な仕上りになりますよ。

笑顔の女性

2.温度が低い毛先から染める



地肌と毛先は人によって10度以上の温度差があります。

なぜなら皮膚に近い根元は体温で温まって一番染まりやすい所だから。

【中間部分】⇒【毛先】⇒【根本】

最も染まりにくい中間部分を最後再度多めに塗布しましょう。

中間辺りの毛の量はとても多く、一番染まりにくい部分になります。

ここをしっかりと重点的にやることで綺麗に染めることができますよ。

 

3.ビニールキャップを被る



髪全体にカラーリング剤を塗り終えたら、100円ショップでも購入できるビニールキャップを指定の時間が経過するまで被り、髪が染まりやすくなるよう温度を上げましょう。

暑すぎても寒すぎても染まりにくかったり、色ムラが発生しやすいので、適温30度から35度くらいに保つにはヘアキャップを被るのがベスト。

カラーリング剤は髪に塗ったままの状態が長時間続くと髪を傷めてしまうので、髪が染まりにくい髪質の人の場合は、なるべく指定時間内にキレイに染めるために役立つポイントですよ。

 

4.やっぱり重ね塗りが効果大



単純ですが効果の高い方法が重ね塗りです。

ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングするものの、コーティングは日に日に落ちていきます。

その為、重ね塗りにより染まり具合がぐっと良くなるんです。

日にちの間隔を開けると、一日に二度塗りするよりも効果が大きく、美容院よりも綺麗に染まる場合もあります。

ポートレイト

5.カラーの後、最低3日間は念入りなケアを…



・色落ちを防ぐためカラーリング用のシャンプーに変える

・海水浴・プールなどに行かない

・リンスは1日2回してあげる

・ドライヤー後の洗い流さないトリートメントを付ける

カラーしてから最低3日間は髪の毛の念入りなケアをしてあげましょう。

特に重要なのはトリートメント。

するのとしないのとではその後の色持ちが全然違いますよ。

 

いかかでしたか?

「ヘアマニキュア」は「ヘアカラー」とは違い、髪を脱色させずに髪に色を付ける事が出来る、言わば髪の毛のコーティング剤のような便利なアイテムです。

5つのコツを使って、セルフで部分染めやグラデーションをしてオシャレに差をつけちゃいましょう!

2015年4月30日

written

by mamapoo7878


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop