現在17271個の困ったを解決できます!

2016月2月17日更新

あの大人気漫画NARUTO最終回はどうなったの?あらすじと結末まとめ

41844 views

完結したナルトのあらすじと結末が簡潔に知りたいです!(大学3年生・女性)


大人気マンガ「NARUTO-ナルト-」は1999年から2014年まで週刊少年ジャンプで連載されていました。
コミック全72巻。1巻から27巻までを「第一部」、28巻から72巻までを「第二部」と大まかに区分されています。
超大作になった「NARUTO-ナルト-」のあらすじと、最終回を紹介します。





あらすじ:第一部



NARUTO -ナルト- 1


画像出典:Amazon


家族がおらず一人ぼっちのナルトは、忍者アカデミーでも落ちこぼれで、いたずらばかりを繰り返していました。
同じく親兄弟のいないサスケは、ナルトとは対照的に、アカデミーでは超優秀。
そこへ優等生のサクラを加えた3人が、同じチームのチームメイトに配置されます。




サスケの焦り

サスケは兄への復讐を目的として修行に励んでいました。

しかし、落ちこぼれだったはずのナルトの、目を見張るような成長に焦りはじめます。

苦悩の末サスケは里を抜け、禁術開発により里を追われていた大蛇丸へ、力を求めるのです。




サスケ奪還ならず



NARUTO-ナルト-27
画像出典:Amazon


サスケの里抜けを知ったナルトたちは、下忍たちでチームを組み、サスケ奪還へ出発します。
しかし、大蛇丸の配下の忍者たちに足止めされ、苦戦。
ナルトだけがサスケの元まで追いつきますが、決闘は引き分けとなり、サスケを止めることができませんでした。




2年間の修業



サスケを止められなかったナルトは、その後2年間の修行の旅へ出ます。
自来也を師匠に、九尾の扱い方も伝授されたようです。




あらすじ:第二部



NARUTO―ナルト― 28


画像出典:Amazon





大蛇丸との決別、イタチの想い

サスケも2年の間、大蛇丸の元で修行を積んでいました。
強さを得た末に、サスケは大蛇丸さえも倒し、兄イタチへの復讐へ動き出します。
しかし後に、イタチは弟サスケを愛し、里を想い、里のために戦い続けたことを知ります。
一時はイタチの運命を弄んだ木の葉の里を憎みますが、忍のシステムそのものを変えたいと思うようになります。




暁の正体

ストーリー前半から謎の組織として登場していた「暁」の正体が露見してゆきます。
ペインと名乗る人物がリーダーでしたが、更にその裏で糸を引いていたのは「うちはマダラ」でした。
うちはマダラは木の葉の里創設時に実在した伝説の忍です。
マダラは長年の野望「月の目計画」を企てていました。

第四次忍界大戦

うちはマダラという圧倒的な敵を前に、忍たちは国を越えて「忍連合」を結成。
戦いに挑みます。

しかし、十尾という、尾獣の完成形の存在まで召喚され、忍連合ですら刃が立ちません。

そこへ、忍やチャクラの始祖、「六道仙人」がナルトとサスケの前に現れます。

二人が世界の安寧を願ったことで、マダラの術も解け、戦争も集結しました。





NARUTO最終回



NARUTO-ナルト-72


画像出典:Amazon


最終回にあたる第700話では、大人になったナルトたちが描かれました。

ナルトは七代目火影に就任。

ヒナタとの間に、いたずら盛りのボルトと、引っ込み思案なヒマワリという、男の子と女の子をもうけています。

サスケとサクラの間には、サラダという名の女の子が一人。

しかし、サスケは今も、見聞を広めるため、世界を旅して回っているようです。

次世代の猪鹿蝶トリオも描かれ、新たな世代が育っている様子が描かれます。

また、隠れ里を越えて家族が誕生しており、忍界にも平穏が訪れていると想像できます。

平和が訪れた世界では、軍事力も縮小され、忍世界もいずれ小さくなってゆくと考えられます。




メディアミックスを楽しもう!



NARUTO-ナルト- 陣の書
画像出典:Amazon


マンガのみならず、マンガ、アニメ、劇場版を始め、ゲームや舞台と、メディアミックスを楽しむことで、より世界観を理解できる作品ではないでしょうか。

キャラクターブックでも、本編では語られない設定の説明もなされています。

コミックスのみならず、他メディアにも目を向けてみるのも、オススメです。





さいごに

ナルトの魅力が伝わったでしょうか?

ナルト作品は日本のみならず海外でもとても人気がありますね。
日本でもアニメ化や劇場化がたくさんされている人気っぷりです。
マンガ連載終了後も、最終話までのストーリーを描いた劇場版が公開されました。


2015年4月には、続編のマンガ短期連載される予定です。

2015年以降も、劇場版やノベライズ、舞台など、メディアを越えて更にNARUTOの世界は盛り上がっています。

まだまだ目が離せませんね!

2016年2月17日

written

by banban


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop