現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月6日更新

付き合いたてでラブラブの彼氏とずっと仲良く過ごす7つのコツ

1530 views

付き合ったばかりですが、今のラブラブな状態がずっと続くか不安です。ずっと仲良くいられる方法を紹介してください(大学2年生・女性)

付き合いたての状態というのは、全てのことが新鮮で相手のことが愛しく、一番楽しい時期と言われています。
そんなラブラブな状態が、ずっと続けば嬉しいですよね。
その為には、ある程度の努力も必要です。

そこで今回は昔から伝えられて来たことわざをヒントに、そこから彼氏とずっと仲良くいられるコツを7つご紹介していきます。

ラブラブなカップル

1.初心忘るべからず


お付き合いを始めた頃は、お互い謙虚な気持ちを持っているはずです。
自分のことよりまず相手のことを思いやり、相手の笑顔が見られるだけで幸せな気持ちになるものですよね。

ですが人間は、良いことも悪いことも含め慣れる生き物です。
最初は新鮮味を感じていたことも、やがて当たり前となり感動が薄れてきてしまいます。

それはある意味、自然の摂理でもあり仕方のないことなのですが、自ら意識を高めて最初の頃の気持ちを忘れないよう努力することは可能です。
いつまでも、付き合いたての新鮮な気持ちを忘れないようにしましょう。

2.嘘も方便


嘘をつくことは決して良いこととは言えません。
ですが、場合によっては嘘が必要なときもあるのです。

お付き合いを始めた頃にありがちなことですが、お互いの過去の恋愛って気になりますよね?
でも大抵、結果は聞かなければ良かったと後悔する羽目に陥ります。

また逆に、恋多き過去のある人はその真実をありのままにお話するべきか難しいところです。
嘘はつきたくないという気持ちは痛いほど分かります。
ですが、あまりに衝撃的な内容の話は、簡単にバレる場合を除き、嘘をつき通すことも選択肢の中の一つだということを念頭に置いてください。

3.魚心あれば水心


相手が好意を示してくれれば、自分も相手に対し好意的に接するようになるように、いつまでも優しさと思いやりを忘れずに接していきたいですね。

反対に飽きたり慣れたりして適当に接していると、相手も同じような接し方に変わってしまうものです。
いつまでも優しさと思いやりを忘れずに接していきましょう。

4.愛想尽かしは金から起きる


本来このことわざは「男性の金回りが悪くなった時に女性が離れていく」という意味合いが強いのですが、今回は男女ともにいえることを説明していきます。
幾ら付き合いが長くなって信頼が深くなったとしても、余程の理由が無い限り、お金の貸し借りはしないことです。

「金の切れ目が縁の切れ目」ということわざもあるように、一度お金の貸し借りを行ってしまったら、二人の関係性はそこから変わってしまうと思ってください。
お互いが相手のことを真剣に考えているお付き合いならば、相当の理由が無い限り、相手に金銭貸借など申し込まないものです。

5.愛は小出しにせよ


恋愛はあまりに激しく始まると長続きしないもので、ゆっくりと時間をかけて絆を深めていくことが理想的です。
付き合いたてだからとあれやこれやと必死になるよりも、相手のペースも考慮しお互いの意見を尊重し合っていつまでも仲良く居続けましょう。

6.親しき仲にも礼儀あり


どんなに二人の間柄が親密になったとしても、守るべき礼儀はわきまえましょう。
あまりにズカズカと遠慮なしにナイーブな部分に入り込んだり、憶測で行動を起こしたりすることは控え、礼節を重んじることを忘れないでください。


7.焼きもち焼くとて手を焼くな


あまりに過度の嫉妬は、相手に嫌われる大きな原因となります。
付き合いたての頃は多少我慢していたことでも、少し慣れてくると束縛の言葉を口にしやすくなるものです。
少しの焼きもちは可愛いものですが、度が過ぎるとウザがられてしまいますよ。

手をつなぐ仲良しカップル




「恋路は縁のもの」といいます。
恋愛関係になるには、二人の間にそれなりの縁がなければ成り立たないものなのです。
せっかくご縁が合ってお付き合いを始めることになった訳ですから、その縁を大切にしていきたいですよね。


是非7つのコツを参考に、いつまでもラブラブな二人でいてください。

2015年9月6日

written

by loveshion


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop