現在17271個の困ったを解決できます!

2015月12月23日更新

見逃し注意!片思い中の男性が見落としやすい女性の脈ありサイン7選

73538 views

女性の脈ありサインを自分は見落としていそうで心配です。(大学2年生・男性)


女性は、思っていることを言葉に出さずに「悟ってほしい」と感じる生き物なのだそう。


好意を持っている男性に対しては、告白してもいいよ、というアプローチは必ず送られているはず。


今回は、そんな女性からの恋のアプローチを見逃さないためにも「女性からの脈ありサイン」の数々をご紹介したいと思います!





視線を送る(気が付いたらよく目が合っている)



視線の交錯は、偶然かもしれません。


それを見極めるためにも、彼女が視線をそらしたらしばらく彼女を見つめてみましょう。


こちらを伺うような素振りを見せたり、すぐにまた目が合うようであれば脈ありと言えるでしょう。

遠くからでも、好きな男性のことなら時々どんな顔をしているかな、とか

何をしているんだろう、誰と話しているんだろう、など色々と女性は気になってしまうものなのです。


女性の脈ありサイン





笑顔で接してくれる



女性は好きな相手には自然と笑顔になるもの。


どんな時でも、笑顔で話してくれるのは、それだけ好意を持ってくれているから。


営業スマイルと見分けるコツは、目が笑っているかどうかです。

普段クールで素っ気ない感じの女の子であっても、

好きな人の前では自然と微笑んでしまったりするのです。

しっかり見極めて、見逃さないように気を付けて!





声のトーンが高くなる



女性でも男性でも、好きな相手と話すときは声のトーンが高くなります。


そして、女性は好きな男性と話している時、そのトーンが下がりにくいのです。


声のトーンまでコントロールするのは難しいですから、無意識に高い声で話をしていたら脈ありの可能性大。

男性の方から、たとえちょっとした挨拶だけであっても話す機会を作ってあげるといいですね。




向こうから話しかけてくる



2人になったタイミングで、女性の方から話しかけてくるというのはかなり期待できますよ。


相手に好意を持っている時ほど、周りの目や冷やかされることを気にして、他の人がいるところでは話しかけにくい、なんてことがあるからです。

好きな人とは2人でじっくり話したいと思う女の子はたくさんいます。



逆に、どんな状況でも話しかけてくるのは、友だちと見られているだけの可能性も出てきます。

でも、単に恥ずかしがり屋な女の子だという場合もあるので、

気になる女の子が一人でいたらさり気なく近寄ってみるのも作戦かもしれませんね。







頬を赤らめる



顔を赤らめるタイプの女性は恋に臆病で奥手な人に多く、嬉しさのあまりに緊張して頬が赤らみます。


自然と言葉数も緊張して減るので、そんな女の子のタイプには、あなたから会話をリードしてあげると良いでしょう。


奥手ちゃんは、なかなか一歩を踏み出せない可能性があるので、ぜひ周りにあなたに対して緊張しながら話している女性がいたらあなたから優しく話しかけてみて下さいね。



女性の脈ありサイン





特別扱いをされる



会社の皆にお土産を買ってくる際、あなたにだけ個別で何か別のものを渡された…そんな時は、好意を寄せられていることは間違いありません。


あなたが何か困っている時に、いち早く助けてくれるのも、いつも貴方を見ているから。


好意を表わすのが苦手な女性は、何かに理由を付けて貴方に構いたがる性分があるようです。

女性が母性本能をくすぐられる相手に好意をもってしまうのも頷けますね。



不器用な好意を見逃さないようにしましょう!






好きな人いるの?って聞かれる



好きな人に彼氏がいるのか、好きな相手がいるのかって気になりますよね。


これは相手も同じで、あなたに好きな人がいるのかすごく気になっています。


でも、自分では恥ずかしくてなかなか聞けないような子は、共通の友達を使って探ってきます。

女の子同士で話すとき、恋愛トークはテッパン。

好きな男の子ができると、思わず友達に言ってしまったり、言わなくても仲が良ければ気付かれたりするのです。



○○くん、彼女いたっけ?、〇〇ちゃんのことどう思う?


なんて最近聞かれてないですか?これは、けっこう脈ありですよ!



女性は、社交辞令やお世辞が上手です。


ですから、脈ありのサインなのか、そうでないのかを見極めるのは、男性にとっては難しい場合も多いです。


ですが、どんな女性でもこれだけは好きな相手にしかしない、というような行動があるものです。


そういった、本当の脈ありサインを見極める男になりましょう。

2015年12月23日

written

by mamapoo7878


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop