現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月8日更新

私、もしかして遊ばれてる!?付き合いたての不安を解消する5つの方法

2247 views

ちょっとチャラ目の彼と付き合うことになりましたが、常に他の女の子の影がちらついて不安です。どうしたら不安がなくなりますか?(大学3年生・女性)

付き合い始めというのは彼氏の信頼度も低く、騙されることが怖くてつい自己防衛本能が働いてしまいますよね。
「騙されているかも」と疑って構えていれば、いざ本当にそうなった時に傷は浅くて済みます。

ですが、本当にそれで楽しいですか?
せっかくご縁があって大好きな彼とお付き合いできたのに、不安ばかりで信じられないのは悲しすぎますよね。
では実際、その不安はどうすれば解消できるのか、5つのポイントから説明していきます。

見つめ合って笑うカップル

1.本人に直接話してみましょう


最も手っ取り早く、かつ目の前で反応が見られますのでこの方法は是非試しておくべきです。
何も問い詰める訳ではありません。
「私たちはきちんと付き合っているんだよね?」と確認するだけで良いのです。

中には「俺のことが信じられないの?」と不満を漏らす彼氏もいるでしょう。
あまりしつこく何度も確認してはいけません。
「ちゃんと付き合っているよ、俺を信じて」というような答えをもらったら、後は自分の見る目を信じて楽しいお付き合いを続けていきましょう。

2.一緒に居る時のスマホ対応をチェックしてみましょう


デート中、あなたの話をろくに聞かずスマホばかり触っている人は論外です。
ここで見ることは、あなたとデート中に電話が掛かってきたりメール等が来たりした時の男性の対応です。

完全に全て無視しているからと言って、あなたとの時間を誰にも邪魔されたくないからだと安堵してはいけません。
浮気相手との会話を聞かれたくなくて、わざと全て無視している可能性もあるからです。

ですので、電話が掛かって来た時は「いいよ、出て」と余裕を見せましょう。
「ごめんね」と断りを入れて、感謝しつつ電話に出ているならば、まず何もやましいことは無いでしょう。
更に、ちょうど出た相手が彼氏の友人だった場合「ごめん、今彼女とデート中だから」などと言ってくれていれば不安はかなり解消されますよね。

3.彼氏の友人や家族への認知度を確認してみましょう


彼氏はあなたをオープンに紹介してくれていますか?
友人や家族に自分の存在を話してくれているか、これは大切なポイントですので確認してみてください。

勿論、だからと言ってすぐに会う必要はありません。
付き合い始めたばかりなのに、すぐ家族と会うというのも、ある意味性急過ぎる話です。
要は彼氏の周囲の人達が、彼氏に彼女ができたという事実を知ってくれていることがポイントなのです。

悩む女性

4.イベント時は出来る限り一緒に過ごしましょう


特に、彼氏の誕生日やクリスマスイヴ、バレンタインデーなどは是非キープしてください。
二人のお付き合い記念日や、あなたの誕生日は他の女性と重ならない確率が高いです。
しかし、彼氏の誕生日やクリスマスイヴなどは、他に女性が居ると仮定した場合、誰にとってもその日限りのイベントです。

そういう誰にとっても共通のイベント時に、あなたと一緒に居ることを最優先してくれている場合は、まず遊ばれているということは無いでしょう。



5.デート代などの支払いを客観的に見てみましょう


デート代金は全て男性が払わなければいけない、などというのは非常にナンセンスです。
また、二人の現状によってもデート代の割り勘率等は大きく変わります。

例えば彼氏が大学生で、彼女が社会人の場合、彼女が少し多めに払っていても何も問題は無い訳です。
そういう前提を踏まえた上で、客観的に見て欲しいのです。

原則、ほぼ同等の立場であるならば、男性は少し多めに払いたいという人が多く、中には全て自分が持ちたいという男性もいます。
そこは男性のプライドの問題もありますので、ヒモ体質の男性を除けばそれが世間的に良くあるパターンです。

それなのに、何故かいつも自分の方が多く払わされたり、何かと理由をつけて支払いを拒んだり。
そんな男性は、あなたとのお付き合いを真剣に考えていない可能性が高くなります。

要するに、もし別れた場合損をしたくないとか、そこまであなたに投資する必要は無いなど。
軽く見られている可能性もあるのです。

勿論、基本的にお金に煩くて財布の紐が堅いという男性もいます。
ですのでそこは、是非客観的な第三者的目線で、冷静に見極めてください。



いかがでしたか?
非常に残念なことですが、世の中には「遊び」で女性と付き合える男性もたくさんいます。

だからこそ女性は不安になる訳ですが、まだ信頼関係が完璧に成り立っていない二人にとってこの5つのポイントが鍵となります。
不安が少しでも解消されることを祈っています。

2015年9月8日

written

by loveshion


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop