現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月8日更新

春しか楽しめない!一人旅でお花畑巡りをしてみるのはいかが?

581 views

一人でも楽しめるお花畑のスポットを紹介してください!(大学2年生・女性)
春に咲く花は「サクラ」だけではありません。
実にカラフルで様々な種類の花々が咲き乱れます。

ビジュアル的にも見飽きない梅雨入り前までのこの季節。
一人旅したいけど、どこへ行こうか迷うなら、色彩豊かな春~初夏の花々を見に行くのも良いかもしれません。

この春おすすめのお花畑スポットをご紹介しましょう。

富士芝桜まつり


画像出典:flickr

首都圏最大級のお花畑です。
人の身長より高い木々のサクラも良いですが、ピンク系の様々な色で地面を敷き詰めたサクラはカラフルな絨毯のよう。

天気のいい日には、空の青とシバサクラのピンク系の色のコントラストが映えます。
得した気分に、きっとなれますよ。

基本情報

【住所】山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212 富士本栖湖リゾート内
【アクセス】富士急行河口湖駅から専用シャトルバスで約30分(期間中のみ)
【営業時間】4月~6月 8:00~17:00

【電話場号】0555-89-3031(富士芝桜まつり事務局)
【料金】大人(中学生以上):520円、子ども(3歳以上):210円
【おすすめの時期】4月~6月頃

【公式サイト】富士芝桜まつり 公式サイト

ネモフィラの花畑/ひたち海浜公園

画像出典: flickr

毎年、4~5月頃にみることができる「ネモフィラ」。
450万本のネモフィラの花が一斉に咲きます。

空、海、ネモフィラの青が溶け合う美しい景色に圧倒されます。
草花とはいえ、自然界で「青」が際立つ貴重でかなり珍しい風景です

基本情報

【住所】茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
【アクセス】北関東自動車道~常陸那珂有料道路 ひたち海浜公園ICより約1km
【営業時間】3月1日~7月20日…9:30~17:00、7月21日~8月31日…9:30~18:00

【電話場号】029-265-9001(ひたち公園管理センター)
【料金】 大人(15歳以上):410円(団体280円)、小人(小・中学生):80円(団体50円)
【おすすめの時期】4月下旬~5月中旬

【公式サイト】国営ひたち海浜公園 公式サイト

ハウステンボス

写真出典:flickr

国内最多の500種類、50万本のチューリップが花を咲かせる「チューリップ祭」。
鮮やかなチューリップの道が園内に広がります。

国内初公開となる希少品種もあり、夜のイルミネーションなど多彩なイベントが催されます。
またチューリップに限らず、ハウステンボスは四季を通して様々な花々に溢れているテーマパークでもあります。

基本情報

【住所】長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
【アクセス】JR大村線ハウステンボス駅からすぐ
【営業時間】9:00~20:00(閉園21:00、時期により異なる)

【電話場号】0956-27-0001(ハウステンボス総合案内センター)
【料金】 1DAYパスポート…大人(18歳以上):6100円、中・高校生:5100円、小人(4歳~小学生):3800円

【公式サイト】ハウステンボス 公式サイト

仙酔峡のミヤマキリシマ


画像出典:阿蘇阿蘇ドットコム

仙酔峡は阿蘇山が噴火した際に流出した溶岩によって出来た渓谷です。
5月になると山ツツジの「ミヤマキリシマ」が花を咲かせ、一帯は鮮やかなピンク色になります。
この花の美しさに仙人すら酔ってしまったという伝説が名前の由来です。

基本情報

【住所】熊本県阿蘇市一の宮町宮地東小堀
【アクセス】JR豊肥本線宮地駅から車で15分
【営業時間】4月~6月 8:00~17:00

【電話場号】0967-22-8181(阿蘇市一の宮町インフォメーションセンター)
【おすすめの時期】5月上旬~5月中旬

【公式サイト】阿蘇阿蘇ドットコム

菜の花フェスティバル


画像出典:ブログ 路上日記 SEOSONⅢ

菜の花フェスティバルは約121万平方メートルの菜の花畑をメインに開催されます。
菜の花の大迷路や野外コンサートなど様々なイベントが行われ、毎年観光客でにぎわいます。

基本情報

【名称】菜の花フェスティバル
【住所】青森県上北郡横浜町大豆田
【アクセス】JR大湊線陸奥横浜駅から車約15分

【電話場号】0175-78-2111(内線351・360・362) 菜の花フェスティバル実行委員会事務局
【おすすめの時期】5月上旬~5月下旬

【公式サイト】菜の花フェスティバル 公式サイト


最後に

いかがでしたか?
上記で紹介させていただいた場所以外にも、日本には数多くのお花畑スポットがあります。
あなたが住んでいる街にも、あなただけのスポットがあるかもしれません。

せっかくの満開シーズン。
誰にも何にも阻害されない一人旅で、ゆっくりとお花畑巡りをしてみませんか?

2015年9月8日

written

by nukowanko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop