現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月8日更新

女性におすすめ!この春は金沢への一人旅がアツいんです♥

2837 views

今度一人旅をしようと思っています!女性におすすめの場所はありますか?(大学3年生・女性)

2015年3月14日北陸新幹線開業、近いようで微妙に遠かった北陸が手に入りやすくなりました。
北陸は特に「金沢」は女性にとって実に惹かれる街。

旅情報やタウン情報等でなんとなく名前は知っていたあのスポット。
「体験型現代美術」で世界的有名なあの美術館。
どちらも実は、金沢にあるのです。

まだ未体験のあなた、この春、金沢デビューしてみませんか?

<今回のおススメプラン>
金沢駅 ⇒ ひがし茶屋街 ⇒ 近江町市場 
⇒ 金沢21世紀美術館 ⇒ 兼六園 ⇒ 金沢百番街「あんと」

また女性一人旅なら、主要観光地をも網羅した、城下まち金沢周遊バス(1日フリー乗車券:大人一人500円)の利用がオススメです。
まずはスポットごとに紹介いたします。


金沢駅

金沢の玄関口でもある金沢駅。
東広場には旅人に差し出す雨傘をイメージし、おもてなしの心を表現した「もてなしドーム」があります。

地下には情報コーナーやイベントスペースがあり、街情報発信源となっています。
東広場正面に構えるのは、鼓をイメージした金沢の新しいシンボル「鼓門(写真)」です。

米国の旅行雑誌「トラベル・レジャー」で世界で最も美しい駅14選に選出、さらに世界で最も素晴らしい駅 ベスト10にも選出されています。

画像出典:flickr

【アクセス】JR:北陸新幹線 金沢⇔東京 車:北陸自動車道金沢ICから国道8号、県道159号で駅まで6km

ひがし茶屋街

美しい風情ある街並み。
金沢に残っている3つの茶屋街で、最も規模が大きな茶屋街です。
江戸時代後期~明治初期にかけての茶屋建築が纏まって残され、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

現在も芸妓さんがおもてなしの心で、料亭や茶屋を訪れる人を魅了しています。
古民家等をリノベーションしたカフェやショップも多いので時間に余裕があれば、散策もおススメです。

画像出典:フォートラベル

【アクセス】JR金沢駅東口バスターミナル3番→バス停橋場町(交番前)下車

近江町市場

金沢の食文化を支える「市民の台所」として親しまれており、金沢市民と観光客でいつもいっぱいの近江町市場。
威勢のいい掛け声はなかなか途絶えません。

金沢といったら外せないのが海の幸です。
近江町市場には新鮮な生鮮食品と、それを使った多くの海鮮丼や回転寿司等のお店が並んでいます。
加賀野菜も充実しているので、立ち寄った際にお土産として購入も良いかもしれません。

画像出典: ブログ お散歩日和

【アクセス】JR金沢駅から徒歩15分、または、JR金沢駅東口バスターミナル6番~9番→バス停武蔵ヶ辻下車すぐ

金沢21世紀美術館

日本で最も注目される美術館のひとつです。
周囲がすべてガラス張りという前衛的デザインが印象的な、現代美術を収蔵した美術館です。
国内のみならず、世界中から多くの人々がこの美術館を訪れます

開館10周年を迎えた2014年10月にはのべ来場者数は1400万人を突破しました!
無料入場可能なエリアも広く、野外にも体験型現代美術作品が展示されているのが特徴です。
カフェやミュージアムショップも是非おすすめです!

画像出典:flickr

基本情報

【料金】入場料無料(展覧会観覧料は内容・時期により異なる)
【営業時間】交流ゾーン…9:00~22:00 展覧会ゾーン…10:00~18:00(金・土は20:00)
【定休日】交流ゾーン…年末年始 展覧会ゾーン…月曜日(月曜日が休日の場合は、その翌日)年末年始
【アクセス】JR金沢駅東口バスターミナル7~10番、西口5番→バス停香林坊(アトリオ前)下車

兼六園

金沢といえば、最初にイメージするのはやはり「兼六園」でしょう。
日本三大名園の一つとされています。
加賀藩の歴代藩主が丹精込めて造り上げた雅な庭園はミシュラン観光ガイドで三ツ星を獲得しています。

写真出典:flickr

写真はことじ灯籠ですが、日本に現存する最も古い噴水もあります。
兼六園は早朝から入園できます。

人気の観光スポットなので、人ごみが苦手な方は早朝の入園をお勧めします。
さらに早い時間帯に無料開放を行っているので、近郊に宿泊していれば朝食前の兼六園散歩も可能です。

画像出典:flick

冬の風物詩「雪吊り」。
兼六園と聞いて、この雪吊りの風景を連想する人も多いのではないでしょうか?
冬の兼六園の雪景色と、桜の季節は特にきれいでおすすめです。



基本情報

【料金】大人( 310円)6~18歳未満 (100円:要事前申込)5歳以下・65歳以上(無料:要証明書)
【ガイド料】1500円
【営業時間】7:00~18:00  ※10/16~2月末:8:00~17:00
【定休日】年中無休(時雨亭除く) 無料開放についてはこちら
【アクセス】JR金沢駅東口バスターミナル3番、西口5番→バス停兼六園下・金沢城下車

金沢百番街「あんと」

金沢百番街が2014年7月にリニューアルしました。
金沢をはじめ、石川県の有名処のおみやげが、ほとんど揃います。

金沢百番街は以下の3つのゾーンに分かれています。
場所はJR金沢駅構内にあるので足がのばしやすいのも嬉しいですね。

金沢でお土産、グルメならRinto
金沢でファッション・雑貨・カフェならくつろぎ館
生活に安心を届けるデイリーゾーンです。

画像出典:ヨシダ宣伝

基本情報

【営業時間】7:00~23:00 ※店舗によって異なります
【定休日】なし


最後に

以上、紹介させていただいた各スポットは近江町市場から徒歩15分圏内にあります。
一か所に纏まっているので移動距離も少なく、「女性にやさしい」と言われる理由が、ここ。
また、今回紹介させていただいたスポット以外にも、金沢は多くの魅力的なスポットがまだまだ多くあります。

金沢は、京都に似ていて非なる街。
歴史がありながら美術工芸に造詣は深く、一方で懐石料理や海鮮物に至っては美食に事欠かない街。
あなたも、一人旅にて気軽に金沢を手に入れてみませんか?

2015年9月8日

written

by nukowanko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop