現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月18日更新

逆手にとって恋を始めよう♡男子が女子のことを好きになる理由BEST7

1524 views

気になる彼にどうすれば好きになってもらえるのでしょうか?教えてください!(大学2年生・女子)



男子を好きにさせるイメージ



恋人が欲しくても、意中の彼に好きになってもらえないことには何も始まりません。



どうすれば、彼に恋愛対象として見てもらい、好きになってもらえるのか。


今回は、男子が女子のことを好きになる理由を逆手にとって、意中の彼を振り向かせる方法をお教えします!






1.笑顔



人間は内面、とは言うものの、やはり視覚情報も大きな要因の一つ。


しかし、単に容姿がよければいい、というわけではありません。


大事なのは、表情、特に、笑顔なんです。


ふとした瞬間にみた笑顔が可愛くて好きになった、なんてことも。


よく笑う女子は、一緒にいるだけで明るく、楽しくなれる魅力を持っています。


「恋がしたい」と思ったら、まずは今の生活を楽しみ、笑顔で過ごしましょう!






2.ギャップ



異性のいつもとは違う一面を見て、ドキッとした瞬間、ありませんか?


それは誰しもが抱く可能性のある感情です。


もちろん男子も例外ではありません。


たとえば、いつも明るい子がちょっと落ち込んでいたら気になってしまいますよね?


そこから彼女の明るさの大きさを再認識し、さらには庇護欲を掻き立てられ好きになる、といった流れが、ギャップから始まる恋の典型例。


また、相手の普段は見せない一面を知ることで、その子のことを深く知ったという気分になり、特別な相手として認識することにもつながります。


意中の彼の前で、いつもとは少し違う一面を見せてみましょう。


こんな一面もあるんだ、と改めてあなたを意識させることができます。


「自分だけがそれを知っている」という状況も作ることができたら言うことなしです。






3.共通点



男子を好きにさせるイメージ
人は、自分と似ている人間に親近感を抱きます。


共通点が多ければ多い程、一緒にいて楽しい時間が過ごせるでしょう。


それが、特別な存在になるための第一歩になります。


気が合い、考え方が合う人は、自然と好きになりやすいですよね。


好きな食べ物が一緒だとか、そういった些細なものでも構いません。


そこから会話が弾んで、さらなる共通点が見つかれば、彼との距離もぐっと縮まるでしょう。






4.自分にないもの



人間は一人では生きていけないものです。


そんな時に一番傍にいて欲しいのはどんな人でしょう?


そうです。


自分にはないものを持っている人です。


自分に足りないのを補ってくれる存在は自然と好きになりやすいもの。


何かしらの技術でも、精神的なものでも構いません。


彼にとって、メリットがある人間になれるように振る舞ってみましょう。






5.母性



女性はいずれ母になるものです。


そのため、男子は無意識に母性を感じる女子に惹かれてしまうものなんです。


若ければ若い程、ほんの少しの母性で構いません。


さりげなく、ちらっと見える母性。


安心感も与えられ、さらにはもっとそこを深く知りたい!と思う男子も多いはず。


オススメしたいのは同年代の人に対して、面倒見がいい一面を見せること。


いつも、強気に振る舞っている彼にこそ、ちょっと甘えられる存在は貴重なんです。






6.ボディータッチ



男子を好きにさせるイメージ
男の人って、結構単純なもの。


ちょっとした、ボディータッチから女子のことが気になり始めることも多いんです。


ポイントはあくまでさりげなく、自然に行うことです。


相手を頼るものと、相手をいたわるものがオススメです。







7.相手からの好意



案外見落とされがちですが、実は一番効果的なのがこれ。


男性は手が届きそうな女性を好きになる傾向があります。


つまり、「あなたならOK」という雰囲気を出すだけで、相手に意識してもらうことができちゃうんです。


このとき、焦ってはいけません。


男性は、色々考え、愛情がうまれてから覚悟を決めて告白にうつるもの。


その前段階でせかしてしまうと、引かれたり、冷めたりしてしまう可能性さえあるのです。


いかがでしたでしょうか?


意中の彼につかえそうなテクニックはありましたか?


すべての項目に共通したポイントは、あくまでさりげなく見せること。


素だと思ってもらえなければ、かえって逆効果。


ほんの少し行動を変えるだけ、というのが大事なんです。


そこをきっかけに、意中の彼にあなたのことを好きになってもらいましょう!

2015年9月18日

written

by liliaapril


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop