現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月5日更新

就活受けもよし!最小限の努力で受かるためのMOSの勉強方法

1968 views

もうすぐ社会人で苦手なパソコンも使いこなせるようになりたいと考えていたところMOSという試験があると聞きました。どういったものなのでしょうか?(大学4年生・女性)


 

スペシャリストへの第一歩?



MOSとは?



マイクロソフト オフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)の通称です。

学生生活で、エクセルやワード、パワーポイント等のマイクロソフトオフィス製品を使う機会がたくさんあると思います。

「皆さんはこれらの製品を使いこなせていますか?」

という質問にも、MOSを取得すれば、ただ何となくパソコンができるではなく、バシッと証明付で答えることができるようになります。

つまり、マイクロソフトオフィス製品を使えるスキルを客観的に証明できる資格なのです。

パソコンを使っている女性

© taka - Fotolia.com

 

試験の種類は?



5科目あり、それぞれのマイクロソフトオフィス製品のバージョン(2007や2010等)に対応した全13種類の試験の中から自分に合ったものを選択できます。

またエクセルとワードはスペシャリストの上級エキスパートレベルもあり、いきなりこちらを受験することもできます。

受験料は税込みで13000円程度ですので、学生の皆さんでも受験は十分可能です。

 

勉強しながら使えるパソコンスキルを磨こう!



勉強はどうやるの?



手っ取り早い方法として、CD-ROM付のテキストの購入をお勧めします。

筆者は、FOM出版の【よくわかるマスターMOS 完全マスターⅠ対策テキスト】1冊のみを購入し、同じテキストを繰り返し勉強しました。

このCD-ROMには解説と問題が各章ごとに必ずついていますし、実際の試験同様にランダムに出てくる問題を解くこともできます。

自動採点はもちろん、誤答部分は解説に戻ってくれるので間違えたその場でやり直しができます。

MOSの試験はパソコンを使っての実技試験ですので、操作に慣れるという点でも、CD-ROM付のテキストが良いでしょう。

注意点として、自分の使うパソコンに入ってるマイクロソフトオフィス製品のバージョンは確認してください。

違うバージョンだと操作ができません。

また、あくまで、CD-ROM付テキストで独学という方法は個人パソコンを持っている人向けの勉強法ですので、個人用のパソコンがない人は、スクールに通う等の方法もありますが、自分の収入等とも相談しながら自分に合った方法を見つけたほうが良いと思います。

 

勉強しながら気づくこと



勉強をしていると、「この数式でなら、簡単にあのデータを抽出できるかも。」(エクセル)

なんてことに気づくこともしばしば。

つまり、試験勉強であるはずが、実際に使えるパソコンスキルを身につけることができるのです。

この応用力こそがあなたが社会に出た時に最大の武器となるはずです。

 

ビジネスマンの必須スキル



どんな仕事でも



あなたがしたい仕事はなんですか?

今の世の中、どんな仕事についても、パソコンは必ずと言っていいほど触れるものだと思います。

もし、あなたが作る得意先へのお礼状がもっと見やすいものになったら?

もし、今までの売り上げデータを表とグラフにまとめられたら?

もし、あなたが作成したプレゼンテーションで商談がまとまったら?

目に見える仕事は評価につながります。

パソコンが【できる・できない】ではなくパソコンをつかって【何ができる】ということが社会では求められますし、そのような人材が重宝されます。

 

最後に



最小限の努力は人によって違う



お勧めの勉強法も紹介はしましたが、もちろん人によっては向き不向きがあります。

また、パソコン操作が苦手な人からしたらテキストが何を言っているかわからない、なんてこともあるかと思います。

しかし、誰でも将来の自分への投資だと思えば時間は少々かかったとしても最小限の努力になるのではないでしょうか。

ただ、一人でやってもわからない、という人はパソコンに詳しい友人や、ゼミの先生などにちょっと聞いてみるのも良いのではないでしょうか?

共に頑張る仲間を探すのもありかもしれませんね。

2015年3月5日

written

by nano


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop