現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月22日更新

「ベッド下収納」もチェックした?一人暮らしのためのベッドの選び方

353 views

春からいよいよ一人暮らし。この連休でベッドを買おうと思っています。選び方のコツなどありますか?(大学1年生・男性)


一人暮らしに欠かせないものと言えば、ベッドですよね。

布団派の人もいますが、ベッドも一定の人気を保っています。

それでは、一人暮らしのためにはどのようなベッドを選べば良いのでしょうか。

いくつかのポイントを集めました。

 

ベッドの選び方

 

1、大きさ



まずは、大きさを考えましょう。

一人暮らしの部屋の大きさによって、ベッドの大きさはある程度制限されます。

大抵はシングルサイズのベッドとなりますが、身体の大きな人ではもう少し大きめのものを選びたいかもしれません。

他の家具を入れることも考えて、その大きさをしっかり測っておくことにしましょう。

また、女性用の少し小さめのベッドもあります。

身体の小さな女性でしたら、そういった小さめのベッドを選べば他の家具を置いても部屋を広く使うことできるでしょう。

 

2、収納の有無



ベッド下の収納にも注意してみることにしましょう。

ベッド下の収納は、そのベッドによって大きさが違います。

また、その収納の形式にも大きな差がありますね。

普段は使わないものを入れておくのなら、マットレスの乗っている部分を全てあげることのできる開閉式のベッドを選びましょう。

このタイプならベッド下すべてを使うことができます。

ただし、開閉に力が必要だったり、全てを上げるのは怖いと言う人もいるでしょう。

そうした人は、引き出し式の収納を選ぶと良いですね。

引き出し式もそれによって大きさが違います。

大きな物を選んだ方が、収納の点では便利ではないでしょうか。

ただし、収納タイプにすると、ベッドの高さは高くなってしまいます。

寝相が悪くていつもベッドから落ちてしまう、などと言う人は背の高いベッドは避けた方が良いでしょうね。

 

3、ベッドヘッドの有無



ベッドヘッドの有無も、そのベッドによって違います。

ベッドヘッドは、携帯を置いたり読みかけの本を置いたりとすることができます。

目覚まし時計を置くことができるのも便利。

ただし、ベッドヘッドがつくと、その分だけベッドが大きくなってしまいます。

これも部屋の大きさとの関係を考えましょう。

できる限り小さなベッドが良い人は、ベッドヘッドがないタイプの方が便利ですね。

ベッドヘッドの中には、側面に雑誌を置くことのできるスペースのついたものもあります。

これも、様々なベッドを見比べてみる必要がありそうですね。

 

4、折り畳み式かどうか



ベッドの中にはソファベッドというものもあります。

普段はソファにしておいて、寝る時だけベッドにするのです。

これを利用すれば、部屋をより広く使うことができますね。

けれど、大きさが小さいものもあります。

また、可動式になりますので、可動範囲には家具を置くことができない点は不便かもしれませんね。

 

ベッドの選び方

 

いかがでしたか?

ベッドには様々なものがあります。

上記以外にも、マットレスを置く部分がすのこになっていたり、マットレスに足がついているベッドもあります。

自分がどのような収納場所を必要としているのか、部屋の大きさがどれくらいなのか、という点をしっかり考えて選ぶことにしましょう。

2015年4月22日

written

by kris


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop