現在17274個の困ったを解決できます!

2016月10月14日更新

ほげるって知っとーと?知られざる福岡の個性的で可愛い方言まとめ

79521 views

大学に福岡の友達がいるのですが、たまに何を言ってるかわからない方言があります…
福岡の人がよく使う方言を教えてください!(大学1年生・男性)


可愛い女性


© miya227 - Fotolia.com










何言っとーと?福岡の人?

福岡の方言、いわゆる博多弁がかわいいとテレビでも話題になったりしていますよね。
しかし、福岡県民は案外方言として博多弁を使っていません。
福岡県民が標準語と思って使っている、実は福岡のみの方言をご紹介しましょう。










1.なおす

使用場面例:収納・整理整頓など
セリフ例:「これ、棚になおしとって~。」
「あれ~ここになおしとったはずなのにな~。」
【なおす】のは病気でも、文章でもありません。物の片づけなどのことを【なおす】と福岡県民はいいます。片づけると言うよりも言いやすいのでしょうか。

ちなみにこれは関西人も使う言葉なので、関西地方ではたいがい伝わります。


関東地方へ行くと、「しまう」という意味だとわからないので、「修理するの?」という展開になってしまいます。









2.からう

使用場面例:荷物(主にリュックやランドセル)を持つなど
セリフ例:「ランドセルからって小学校いくのも最後やね。」
これは、小学生のころに県外に転校する生粋の福岡っ子が、まずぶつかる壁でしょう。
転校先の友達から「【からう】って何?」と聞かれたということもあるようです。その逆も然り。

「茶化す」意味の「からかう」と取り違えることが多いので、他地方の方は苦労するようです。









3.はわく

使用場面例:掃除時間
セリフ例:「床をはわいとって~。」
「庭をきれいにはわきました。」
標準語では【掃く】という言葉の間に、なぜか【わ】をはさみます。
学校でも掃除教育の時間は【掃く】ではなく【はわく】で指導されます。

学校でそう教えられているのなら、県外で伝わらなくてびっくりするのも無理ありませんね。











4.ほげる

使用場面例:壁に穴が…
セリフ例:「ここ、穴がほげとる!」
穴が開いているのではありません。【ほげ】ているのです。ほら、なんとなく事態の深刻さが伝わってきませんか?そうでもないですか?










5.やる

使用場面例:親戚の子どもにお年玉など
セリフ例:「はい、これは○○ちゃんにやるたい。」
「ちょっと協力してやらんですか。」
標準語でいうところの【あげる】でしょう。

ちょっとぶっきらぼうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際には愛にあふれた言葉です。

おせっかいなおばちゃんなどがよく使うワードですね。










6.くる

使用場面例:友達の家に行くときなど
セリフ例:「今からくるけん!まっとって~。」
これはかなり上級者編ではないでしょうか。【行く】の?【くる】の?
一般的に使われる【来る】は相手の行動を示しますが、福岡では相手も自分も【来る】のです。一見難しいのですが、福岡では通用します。

関西人の「自分」=「あなた」と同じくらい難しいですね。











7.つまらん

使用場面例:悪いことをしたのを注意するときなど
セリフ例:「弱い者いじめとか、つまらん。あやまっといで。」
「あいつは、口ばっかでつまらんやつや」
つまらない=おもしろくないの意味ではありません。
やってはいけない・だめだ等相手を注意したり、叱責したりするときに使用します。

ただ、県外の人でも「つまらないことをするな」と戒める感じが伝わってきますね。











8.かたる

使用場面例:一緒に遊びたいときなど
セリフ例:「私もおにごっこかたらせ(し)て~。」
「○○さんもかたろうよ~。」
鬼ごっこで【語る】なんてハイレベルなこと福岡県民でもしません。
ただ単純に一緒に遊ぼうとか仲間に入りたいという気持ちを伝える言葉です。もちろん鬼ごっこだけでなく、どんな場面でも【かたる】ことはできます。「かたらせて~。」

そのため腰を据えて話を待っていると、きょとんとされてしまいます。









番外編1:「すいとーよ」

以前、某番組で福岡の方言がフィーチャーされた時がありました。
女の子に言われてうれしい・萌える言葉として紹介されていましたが、
ほとんど、使いません!福岡の女の子たちは好きな男の子に
「すいとーよ。」
ではなく
「すき。」「すきです。」
と伝えます。
ただ、言われてうれしい・萌えるなんて言われたら言ってみたくなりますね。

福岡の女の子は、ここぞという時に使ってみることをオススメします。













番外編2:「~ばい」

博多弁といえば語尾に「~ばい」というというイメージがテレビをみてて強いのだろうなと感じますが、そんなことはありません。「~ばい」福岡でもとある地方の人が使うぐらいで全体的には使いません。ちなみに「~と」はよくつかいます。

例)「何しとーと?」「言っとーと?」


「~と」は少し柔らかい感じが出るので、県外の人にも人気のようです。







今まで福岡から来た人と話していて「この人何言っているんだろう…。」と思っていた人も、
逆に福岡から出て「あれ、なんだか伝わっていない?」と思っていた人も、福岡の方言を理解すれば、今まで以上に会話が弾むかもしれませんよ。

2016年10月14日

written

by nano


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop