現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月17日更新

遠距離恋愛中も愛を冷まさないメールテクニック5選

6597 views

遠距離恋愛中の彼と毎日メールしているのですがどうしてもマンネリ化しがちです。長続きさせるメールテクニックってありますか?(大学2年生・女性)

 


遠距離恋愛中のカップル

© Halfpoint - Fotolia.com

 

大好きな恋人といつでも好きなときに、すぐに会うことができたのに、進学や就職などでどちらかが、もしくは二人ともが地元を離れなければならなくなり、遠距離恋愛になる、というケースは多々あります。



 

遠距離恋愛の最大のデメリットは、直接会う機会や一緒に過ごす時間が、近くに住んでいた時よりもかなり減ってしまうことです。もちろん、電話やLINE、Skypeなど、話をしたり連絡を取ったりすることには不自由しないと思いますが、やはり直接顔を見て話ができないと、お互いの微妙な感情などが上手に伝わらず、不安になったり愛が冷めたりしてしまうこともあるでしょう。


男性であっても女性であっても、寂しさを感じると、つい身近にいる異性に心惹かれてしまったり、ただ寂しさを紛らわすためだけに親しくなったつもりが、いつの間にか本当の恋人よりも頻繁に、長時間会うようになってしまったりすることも起こり得ます。



 

ここでは、遠距離恋愛中に愛を冷まさないために、どんなメールテクニックを心がければ良いか、ということに絞ってまとめてみました。



 

テクニック1 返信は必ずする



最初のポイントは、メールやLINEのメッセージには必ず返信する、ということです。忙しかったり、都合の悪い時間だったりして、すぐに返信できないこともあるかもしれません。



 

でも、どんなに時間が経ってしまっても良いので、必ず返信するようにしてください。返信がないと、恋人の不安な気持ちはますます募ってしまいます。「新しい生活や友人との時間のほうが楽しいのかもしれない」と誤解されてしまうと、二人の関係はぎくしゃくしてしまうでしょう。




テクニック2 写真付きメールは効果的



次に、写真付きメールを送るというテクニックです。日頃の何気ない出来事、例えば「空が綺麗だった」「綺麗な花が咲いていた」「美味しいものを食べた」など、ごく些細なことでも良いので、写真を撮ってメールで送るようにしてください。


恋人は、あなたの普段の生活に触れることができて安心しますし、電話やLINEなどで話をする際の話題作りにもなるのでおすすめです。




テクニック3 用事がなくてもメールする



特に急ぎの用事がなかったとしても、恋人にメールをするのも効果的です。もし、何か伝えなければならない用件がある時だけメールやメッセージを送っていると、まるで「業務連絡」のようになってしまいます。



 

いつも恋人を大切に思っていること、新しい生活や環境の中でも、決して恋人を忘れていないことを伝えて安心させるためにも、ちょっとしたことでメールを送る習慣をつけるようにしましょう。



 

テクニック4 受け身にならず、自分から積極的に送る



相手からのメールを受け身で待つのではなく、自分のほうから積極的にメールやメッセージを送るのも重要なポイントです。特に、「最近連絡する頻度が少なくなっている」と感じたら、すぐにメールを送るようにしてください。



 

遠く離れている恋人からのメールが少ないよりは、多いほうが嬉しく感じるのは誰でも同じでしょう。「自分だったらどうして欲しいか」という視点で考えるようにしましょう。





テクニック5 こまめに「好き」と伝えよう



最後に、最も重要なテクニックです。メールでこまめに「好き」「愛してる」と伝えるようにしてください。電話などで直接話している時は、なかなか気恥ずかしくて好きな気持ちを言葉にできないかもしれません。でも、文字にすれば恥ずかしさを感じることなく、きっと素直に伝えることができるでしょう。



 

遠距離恋愛は、お互いの信頼感と愛情の強さの上に成り立っていると言えます。上手なメールテクニックを身につけて、遠距離恋愛中もお互いの愛を冷まさないように心がけてくださいね。

2014年6月17日

written

by johncom


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop