現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月20日更新

「恋」は自己愛。じゃあ「愛」は?恋と愛との違いとは

444 views

 恋と愛の違いってよく耳にしますが、しっくりくる説明に出会ったことがありません。この2つは何が違うのか説明してください。(大学1年生・女性)


『恋は下心』と言う言葉を聞いたことがありますか?

「恋」にも「愛」にも「心」と言う漢字が含まれていますが、恋には下に心が、愛には真ん中に心という漢字が入っています。

「恋」と「愛」

何が違うのか、もうすでに漢字が表してくれてるんですね。

恋か、愛か…
画像出典 flicker

 

恋は下心、愛は真心



「恋」は1人でも成立するものです。報われなくても、誰かを好きになったらそれはもう「恋」です。

でも漢字の如く「恋」には下心が隠されいます。

「好きな人と仲良くなりたい」「好きになってもらいたい」「一緒にいたい」など、

「自分が嬉しくなるために」相手に対してたくさんの期待をしてしまうことと思います。

だから『恋は自己愛』なのです。

 

一方、「愛」の漢字を見てみると、「心」は真ん中にあります。つまり「愛には真心がある」といえるのです。

愛は恋と違って1人では成立しません。

「愛し合う」というように、必ず2人の人がいなければなりません。

もし1人が一方的に「あの人を愛してる!」なんて言っていたらどうでしょうか?ちょっと怖いですよね。

「愛」とは2人の人がお互いに想い合っている状態のことを表しているのです。

恋か、愛か…
画像出典 flicker

 

恋は経過、愛は結果



愛とは広大で、とても深いものです。友愛、親愛、無償の愛、人類愛なんていう言葉もあります。

自己愛である恋も愛の一部で、それはやがて真心の愛へと変化していくことがないとは言い切れません。

自己愛であったとしても、誰かに恋をして、その人に期待して何かを求めたとき、相手も同じように自分を想ってくれていた…嬉しいですよね。

そこから恋愛がスタートして、お互いを知っていく中で、ただ単に純粋に相手のことを真心で想えるようになったとしたら……

それは「恋」が「愛」に変わったということです。

そこに下心や自己愛は存在せず、「与え続ける愛」となっていくわけです。

 

愛に「信頼」は不可欠



「信頼関係」が確立してなくても成り立つのが「恋」です。

だからこそ、「信用できないのに嫌いになれない」「別れた方がいいってわかってるのに別れられない」という、

一見矛盾したことが起こるのです。

つまりこのように葛藤しているうちは、たとえ2人が恋人同士だとしても、夫婦だとしても、

決して真心の愛情で結ばれているわけではなく、自己愛で結ばれているといえるのです。

その自己愛とは、「別れたら独りになってしまう」「せっかく付き合えたのに、ここで諦めたくない」

「いつかきっとわかってくれるはず」という、独りよがり、あるいは相手に期待して求めてるだけの自己愛なのです。

本当の愛
画像出典: flicker

 

一方「愛し合っている」カップルの間には、必ず「信頼関係」が存在します。

相手が自分の存在価値を認め、受け止めてくれてることをお互いに信じ合えているのです。

だから愛し合っているカップルは、遠慮も我慢もしません。

ワガママを言ったりして相手をコントロールしようともしません。

お互い向き合って話し合って、問題を解決したら、また同じ方向を見ながら2人で進んでいくだけです。

 

恋しい、愛しい



恋しいとは、まだ対象のものが手に入っておらず、物理的・精神的に距離があるような状態です。

対して「愛しい」とは、既に手中にあって、それが大切で大切で仕方がないという状態です。

それは恋愛でも、同じことが言えるのではないでしょうか。

恋をして、それがあなたにとっての正しい相手であったとしたら、信頼関係が築けたそのとき、恋が愛に変わるのかもしれません。

2015年4月20日

written

by ellie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop