現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月6日更新

居酒屋の代わりに夜カフェはいかが?銀座の人気店まとめ

2327 views

 銀座で夜カフェしたいなーと思っています。人気おすすめ店がありましたら教えてください。(大学3年生・女性)


無数のバーやクラブのネオンが輝き、昼とは違った賑わいを見せる銀座。


銀座の夜はどうしてもお酒のイメージが付きやすいのですが、さすがは大人の街。


カフェだって大人の魅力たっぷりです。


お酒を飲まなくてもしっとりゆっくり夜を楽しめる、珠玉のカフェをまとめてみました。



 

椿屋珈琲店



http://www.towafood-net.co.jp/Portals/0/images/cafe/concept/concept.jpg


銀座の表通の一本裏、銀座七丁目花椿通りにある喫茶店です。


古き良き時代の洋館をイメージした、大正ロマンの香り漂うレトロシックな店内。


「脱日常感」を意識し、隠れ家的な雰囲気を大切にしています。



 

ベテランの珈琲マイスターが使うのは、美しいガラス製のサイフォン。


一杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーの香りは、日常のざわついた気分をゆったりと和らげてくれます。



 

椿屋のオリジナルブレンド珈琲のほか、カフェラテやカプチーノなどのバリエーション珈琲、紅茶やハーブティー、フードなどの種類も豊富です。


またじっくりと時間をかけて抽出する水出しアイスコーヒーも、ファンの多い逸品です。



 

翌朝4時30分までの営業で、終電を逃してしまっても始発までゆっくり過ごせます。


ブレンドが1杯930円と高級ではありますが、おかわりは300円と良心的。


銀座の夜を、時を忘れて満喫するのに最適なお店です。





http://uds.gnst.jp/rest/img/kv9xwf0g0000/s_001y.jpg?t=1387955125

http://www.towafood-net.co.jp/cafe/tabid/79/Default.aspx





カフェーパウリスタ



http://www.paulista.co.jp/material/img/member/img01.jpg


新橋からほど近い、銀座中央通りに面した珈琲専門店。


創業はなんと明治44年。銀座でも名の通った老舗中の老舗で、大正時代には多くの文豪達に愛されました。


昭和期にはジョン・レノンとオノ・ヨーコが足繁く通ったことでも知られる名店です。



 

一番のおすすめは「森のコーヒー」。


ブラジルの農園で無農薬栽培された天然完熟豆を毎月直輸入し、完熟豆ならではの香りとマイルドさを味わえます。


月ごとにバイヤーか勧める「今月のスペシャリティーコーヒー」や、フレンチプレスされたアフリカのコーヒーも人気があります。



 

大正時代には5銭という破格の値段で提供されていたというパウリスタのコーヒーは、今でも1杯498円からという親しみやすい価格。


当時の面影そのままに造られた厚手のカップでたっぷりと味わうことができます。



 

営業は夜22時まで。早めのディナーを楽しんだ後でも、十分ゆっくり過ごせます。


選び抜かれた素材とともに、銀座の歴史をそのまま味わえるカフェです。





http://www.paulista.co.jp/material/img/shop/ginza.jpg

http://r.gnavi.co.jp/gaw5600/





銀座みゆき館 銀座本店



http://www.cafe-ginza-miyukikan.com/img/mont-blanc/img05.jpg


銀座みゆき通りにほど近い、真っ赤なオーニングテントが鮮やかなカフェです。


入口は対照的に、店内は南仏にいるような、明るくて落ち着きのある雰囲気に満ちています。



 

「銀座で一番美味しい」と評判の、熊本県球磨産和栗を使ったモンブランが有名なお店です。


また、銀座6丁目にあるこちらの本店のほか、2丁目~5丁目まで4つの支店があります。



 

700円台からのドリンクは、コーヒーも紅茶もバリエーション豊か。


ついつい食べたくなってしまう、マカロンが乗った立派なパフェも甘党にはたまりません。


カフェメニューだけでなくパスタやハンバーグなどのランチから、モーニングだっていただけてしまう、まさにオールマイティー、便利この上ないカフェです。



 

曜日によって異なりますが、金曜日は翌朝5時までの営業で、食後のスイーツをいただきながら、時の経つのを忘れてゆっくり過ごせます。


カフェなら酔うこともないので、じっくりおしゃべりしたいときにも有り難いですね。






http://image1-1.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/24812/320x320_rect_24812617.jpg

http://www.cafe-ginza-miyukikan.com/





炭火焙煎珈琲. 凛 本店



http://coffee-rin.com/wp-content/themes/coffeerin/images/slide02.jpg

銀座の中心地、銀座和光の裏手にある珈琲専門店。


階段を上がってお店にはいると、美しくディスプレイされたマイセンの器が目を楽しませてくれます。



 

こちらのコーヒーは全て炭火による自家焙煎。


豆の味を引き出すばかりでなく、お客さんが飲みやすいよう心を配った焙煎で、マスターが一杯ずつ丁寧に、じっくりとドリップしてくれます。



 

スイーツも手作りで、京都産の栗や自然卵を使った「栗のムース」はお店のイチオシです。


他にもガトーショコラやベイクドチーズケーキ、シフォンケーキなど、コーヒーにぴったりのスイーツばかり。



 

コーヒーは1杯700円からですが、2杯目は400円ですのでおかわりも安心。


珈琲専門店ですが紅茶やフレッシュジュースなどのドリンクも豊富に揃っていて、コーヒーが苦手な人と一緒でも安心です。


夜23時30分まで営業しているので、食後のくつろぎを優しいコーヒーとともにゆっくりと楽しめます。





http://coffee-rin.com/wp-content/themes/coffeerin/images/menu01.jpg

http://coffee-rin.com/






宮越屋珈琲 新橋店



http://www.miyakoshiya-coffee.co.jp/jp/img/shop_shinbashi/w350-1.jpg


新橋の交差点に面したビルの1・2階という好立地。


札幌に本拠地をおく、焙煎珈琲が自慢のカフェです。



 

2階は都会の夜景を眺めながらゆったりとコーヒーを味わえるカウンターや個室感覚のボックス席もある広々とした作り。


お店の1階ではこだわりの焙煎珈琲の販売も行っています。



 

ここで味わえるのは、コーヒー通をうならせるような「究極のコーヒー」ではなく、普通の人が毎日の生活の中で楽しんで味わえるよう焙煎されたコーヒー。


650円のブレンドに始まり、マンデリンやコロンビアなど、産地ごとのストレートコーヒーの種類も豊富です。


それぞれ「スタンダード(ネルドリップ)」「粗挽き(すっきり軽め)」「デミタス(濃縮)」と自分の好みに合わせて抽出してもらえます。



 

フードはクッキーやケーキ、トーストといった、オーソドックスながらコーヒーを引き立ててくれる「名脇役」。


お店は25時まで営業しているので、静かにコーヒーの香りを楽しみながら、のんびり贅沢な夜を過ごせます。





http://www.miyakoshiya-coffee.co.jp/jp/shopinfo/img/shop_shinbashi/w285-4.jpg

http://www.miyakoshiya-coffee.co.jp/



 

カフェとはいいながら、夜はバータイムを取るお店が多い中、


夜までカフェのスタイルを通し、よりゆったりと過ごせるような心配りのある実力派のカフェが、銀座にはきちんと存在します。


お酒だけが大人の夜の楽しみ方ではないと教えてくれるこだわりのカフェ。


じっくりと相手に向き合いたいときや、自分の時間をしっかり楽しむために、「夜カフェ」という引き出しを持っておくと、大人の魅力も一層アップしそうですね。

2015年3月6日

written

by sach


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop