現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月28日更新

いつも同じじゃつまんない!東京駅で世界各国のディナーが楽しめるお店7選

354 views

東京駅でご飯を食べる時、いつも同じお店でご飯を食べてしまいます。新しいお店にチャレンジしてみたいです!(大学3年生・女性)


広い世界にはまだまだ知らない、美味しい料理があるんだろうな、と思うことってありますよね。

そして、ぜひそんな料理を制覇したいとも。そこでここでは東京駅で世界各国のディナーが楽しめるお店7つをご紹介します。

 

過門香 KITTE丸の内店(中華料理)





画像出典:gnavi.co.jp

旧東京中央郵便局を再開発して誕生したJPタワーの商業施設「KITTE」6階にある店からは東京駅が見えます。

夜、きれいな丸の内の夜景を見ながら、高級な中華料理がいただくのはすてきです。



画像出典:gnavi.co.jp

コースは全7品のコースがいろいろありますが、

上海蟹味噌の小龍包や北京ダック、壺入りトンポーロー、重慶式麻婆豆腐、蟹肉とレタスの炒飯などが人気です。

フカヒレ姿煮込みも外せません。

 

ラ・メール・プラール (la mere poulard)(フランス料理)





画像出典:la-mere-poulard.jp

フランスのモン・サン・ミッシェルにある有名なお店で、2011年に日本に初上陸しました。

この店の名物のオムレツを目指すお客さんが多く、なかなか予約できないといわれています。



画像出典:gnavi.co.jp

夜は、コースメニューが3種類とアラカルトです。やはりオムレツのコースが人気です。

中でもフォアグラリゾットオムレツとベーコン、チーズ、ポテトのオムレツがおすすめです。

味付けが塩のみというシンプルさで、メレンゲ状のためあっさりしていますが、上品な味です。

 

トプカプ 丸の内店(トルコ料理)





画像出典:gnavi.co.jp

トルコ料理は、世界3大料理の一つです。

この店は1993年の日本上陸以来、創業者が生まれ育った南トルコのお母さん(アンネ)のレシピを再現し、

素朴で美味しい家庭料理を月替わりで提供し続け、評判の店です。



画像出典:gnavi.co.jp

フムス(ひよこ豆のディップ)とほうれんそうのペーストなど4種類のオードブル盛り合わせなどは代表的なトルコ料理です。

おすすめは、3種類のケバブの盛り合わせ。

仔牛、チキン、牛挽肉の3種類のケバブはトルコ料理の鉄板で、肉の下にあるサフランライスとの相性は抜群です。

 

吾照里 東京駅八重洲口店 (オジョリ)





画像出典:gnavi.co.jp

東京駅八重洲口を降りて直ぐの黒塀横丁にある焼肉・韓国料理店です。

店内は木をふんだんに使った高級感あふれる内装で、窓は格子状になっていて中の様子が見えるおしゃれな作りです。



画像出典:gnavi.co.jp

炭火で焼く上質肉はもちろん刺身、一品料理、チヂミ、チゲ鍋料理、石焼ピビンパ、

スンドゥブチゲ 、 参鶏湯 、カムジャタンなど100種類以上の韓国料理が楽しめます。

特に薬膳料理は肌にいいと女性に人気で、女子会が絶えません。

 

ブルガリアダイニング ソフィア(ブルガリア料理)





画像出典:facebook.com

ブルガリアヨーグルトを発売している明治乳業経営の店で、日本で唯一のブルガリア大使館公認レストランです。



画像出典:piku.jp

コースのメイン3種盛りは、野菜や肉を重ね焼きしてヨーグルトで味付けした伝統料理・ムサカと、

羊挽き肉の肉団子がどこか遊牧民の味わいが漂うキュフテ。さらに豆・野菜・豚肉の煮込み料理で、

ハーブがエスニックな中東風を思わせるカヴァルマです。

店長のおすすめは、ブルガリアの代表的なヨーグルトスープ・タラトルです。

 

バルバッコア・クラシコ丸の内店(ブラジル料理)





画像出典:gnavi.co.jp 

シュラスコはブラジルで人気のバーベキュー料理で、

肉や野菜などを長い串に刺してシュラスケーロと呼ばれる特注のオーブンで、ゆっくり回転させながら焼き上げます。

味付けは岩塩で、余分な脂分が落ちるため肉本来の味が楽しめます。



画像出典:gnavi.co.jp

日本には1994年、表参道にオープンして以来、丸の内、渋谷などに次々と開店しています。

店名は昔、ラテンアメリカの原住民の間に熱い石などと一緒に獣肉を埋め、蒸し焼きにする習慣があり、

これがラテン語で「バルバッコア」と呼ばれ、現代のバーベキュー(BBQ)の語源になったと言われます。

シュラスコ料理はそれに近いことから店名にしました。

 

La Pesquera -MARISQUERIA- (ラ ペスケーラ マリスケリア)(スペイン料理)





画像出典:shotenkenchiku.com

「マリスケリア」はスペインの魚介食堂の意味で、スペインの港町の魚介食堂の味を、豪快に楽しめます。

築地をはじめ、全国から選び抜いた新鮮な素材を集め、シンプルながら素材を生かした、遊び心のある料理を提供しています。



画像出典:aidem-magazine.com

特注サイズの鍋を使って炊き上げる、海の旨味たっぷりのミックスシーフードのパエージャは絶品です。

アルコールが弱い人にはサングリアがおすすめです。

一般的な赤・白のほか、パッションフルーツ系や緑のサングリアもあります。

緑のサングリアはキウイの味が前面に出て飲みやすく、女性たちに評判です。

 

いかがでしたか?

世界のディナーが楽しめるお店はまだまだたくさんあります。

ぜひすてきなお店を見つけてください。

 

2015年4月28日

written

by anan-17


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop