現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月24日更新

【女子向け】これで温泉めぐりも安心♡意外と忘れがちな持ち物リスト

2166 views

今度友達と温泉旅行に行くのですが、何を持っていけばよいか迷います。持ち物リストを作ってください!(大学2年生・女性)


温泉っていいですよね。

冷え性に効いたり、美肌に効果があったり、女子にとって行って損することがありません。

じっくり湯に浸かって汗を流して、お風呂から出た後に飲むコーヒー牛乳は最高です。

ただ、温泉に行くときにはいつものおうちお風呂よりも少し準備が必要になりますよね。

そこで、温泉に行くときに持っていきたいものをリストアップしてみました。

 

1.着替え



着替えの服イメージ
画像出典:ZOZOTOWN

これは必ず持っていきたいですね。

特に何か観光などを楽しんだ帰りや、夏場など汗をかいた後に入るときには下着のほかに替えのTシャツなどを持っていきましょう。

せっかくスッキリ綺麗な体になったのに、着替えを忘れて汗っぽい服をまた着なければならなくなった…

なんていうことにはならないようにしたいものです。

 

2.100円玉



100円玉

温泉では、靴を入れるロッカーや、着替えで使うロッカーが100円玉でロックする方式の場合があります。

受付で100円玉に両替することも出来ますが、事前に多めに100円玉を財布に忍ばせておくと心強いでしょう。

 

3.普段使っている化粧品



美肌のためには、温泉のあとの保湿が肝心です。

場所によっては洗面所に化粧水や乳液が置いてある温泉もありますが、置いていないところも多いのが実情です。

また、肌に合うかどうかもわかりませんので、普段使っている化粧水や乳液を持っていくとよいでしょう。

クリームなど、小分けにして持っていくと荷物がかさ張らなくて便利です。

 

4.タオル



体を洗ったり拭いたりするのに使う「タオル」は、売店で販売されていることが多いですが、念のため1~2枚持っていきましょう。

特に髪の長い方は吸水性の高いタオルを持参していくと、ドライヤーで乾かす時間の短縮にもつながります。


画像出典:楽天市場

5.髪留め



入浴時には髪の毛を入れてはいけないので、ミディアム以上の長さの方は、タオルで覆うかヘアゴムで結わえるなどしなければなりません。

温泉の泉質によっては金属にダメージを与えるものもありますので、金属が使われていない「髪留め」を持っていくといいでしょう。

濡れても大丈夫な「スプリングヘアゴム」もおすすめです。


画像出典:楽天市場

6.ビニール袋



脱いだ服や入浴後の濡れたタオル、そのままバッグに仕舞ってしまうと大変なことになってしまいます。

そこで活躍するのが「ビニール袋」です。

コンビニの袋でも大丈夫ですので、1枚バッグに入っていると安心です。

 

7.櫛



くし
画像出典:楽天市場

ドライヤーは置いてある所が多いのですが、なかなか置いてあるところが少ないのが「櫛」です。

やはり手ぐしですと仕上がりがイマイチです。

携帯用の櫛など持っていくといいでしょう。

 

8.マナー



最後に忘れずにいてほしいのが「マナー」です。

湯船に浸かる前には必ず体を洗う。

髪の毛は湯船に入らないようにする。

シャワーを使う際には周りの人にかからないようにする…

といった基本マナーを守ることで、同じ場にいる人たちと気持ちよく温泉を楽しむことが出来ます。

 

いかがでしたでしょうか。

「あっ、そういえばコレ用意するのを忘れてた!」なんてものが事前に見つけられたならば幸いです。

のんびりほかほか、楽しい温泉めぐりが出来ますように!

2015年4月24日

written

by nail


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop