現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月26日更新

美人だけどずっと彼氏ナシ。なぜか彼女になれない女子の5つの落とし穴

921 views

 私は周りから美人とよく褒められますが、彼氏いない歴=年齢です…。いったいなにがいけないのでしょうか(大学3年生・女性)


「恋愛って美人は得だよね」「何しろ美人は選ぶ方だからね」「美人ってだけでモテるんだから…」

でもこれ、本当のことでしょうか?

美人でも、恋愛が苦手な場合があるんです。上手くいかないときだってあるんです。

なかなか彼女にしてもらえないときも。

美人が落ちる落とし穴とは?

美人のレンアイ
画像出典: flicker

 

緊張させるオーラ



あまりにも美人過ぎると、迫力がありすぎて緊張してしまうことってありますよね。

美人という視覚的情報から、周りが勝手に彼女のイメージを創り上げ、勝手に緊張されてしまうというパターンです。

本人にそのつもりがなくても、美人は黙って座ってるだけで「憂い気な横顔」「怒ってる?」「金持ちそう」

「モテるんだろうな」と勝手に推測されてしまい、本人の実像が置いてけぼりになってしまうことが多々あるのです。

緊張しないで…
画像出典 flicker

 

お世辞に慣れてる



一般的に、美人といえば褒められ慣れているということでしょう。

幼い頃から「可愛いね」と言われ続け、大人になれば「美人だね、きれいだね」と言われていれば、嫌でも自分が世間的に『美人』に分類されることはわかるはずです。

そこで男性が、女性を喜ばせようと「きれいだね」と、たとえ勇気を振り絞って言ったとしても、言われ慣れてる彼女の方はさほど感激してくれません。

喜んでくれなければ、男の人はガッカリですよね。

彼女としては、彼に対して拒否反応を示したわけでも嫌いなわけでもないのに、冷めたリアクションと取られてしまうことから、

男性側が「嫌われてる…」と勝手に勘違いして引いてしまうパターンです。

知ってるよ
画像出典: flicker

 

尽くし方がわからない



そうなんです、美人は選ぶ方なんです。

だから、基本的に尽くしてもらう恋愛を若い頃に体験してることが多いのです。

男性に尽くされ慣れてる、何かあったときは男性が助けてくれる…など、何かと受け取ることが多い美人の場合、「与えること」がわからないまま大人になってしまいます。

ティーンのときはそれで済んでた恋愛も、大人になれば精神的に支えあったり、結婚を視野に入れて将来のことを考えたりしますよね。

「美人だから遊んだり付き合ったりする分にはいいけど、本気や結婚を考えると違うな」と、男性側の声をよく聞くことがあると思いますが、それにはこういった理由があったのです。

尽くす?
画像出典: flicker

 

自己評価が高すぎる



美人は褒められなれているので、自分のレベルをよく知っています。

美人がゆえに、得することだって実はあります。

たとえば、お店などでオマケしてもらったり、ちょっと失敗してもすぐに許してもらえたり。

しかしそれによって、中には「自分は偉いんだ」と勘違いしてしまう人もいるでしょう。

ですから相手にもそうやって扱うことを求めてしまったり、相手のスペックなどを気にしすぎて、自ら縁遠くなってしまう人もいるかもしれません。

わからないよ!
画像出典: flicker

 

意外と自信がない



「高嶺の花」と言うように、案外避けられている可能性だってあります。

美人過ぎて周りが遠慮してしまうパターンです。

でも美人はあまり弱音は吐けないのです。

「彼氏いないよ」「上手くいかないんだよね」「好きになってもらえないんだ…」なんて言おうものなら、女子全員からバッシングに遭ってしまいかねません。

でも本当は様々な理由から自身がなく、積極的に恋愛と向き合えないでいるのかもしれませんよ。

イイコトあるさっ♪
画像出典: flicker

 

まとめ



若い学生の間は、きっと顔で恋愛するのも楽しいでしょうし、いい経験として武器になるものは顔でもスタイルでも使っていいと思います。

でも大人になるにつれて、だんだん精神的な部分や、あるいはソウルメイトとして感じるような目に見えないフィーリング部分が大切になってきます。

きっとモテる「美人」は“Beautiful”よりは内面から溢れ出てくるような“Charming”な人なのかもしれませんね。

2015年4月26日

written

by ellie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop