現在17272個の困ったを解決できます!

2015月6月22日更新

電車でフラっと行ける☆人気の日帰り温泉5つ【関西】

5613 views

日頃の疲れを癒しに、関西から日帰りで温泉旅行に行きたいです。どの温泉が人気でしょうか?(大学3年生・男性)


「温泉」は何も特定の季節の風物詩ではなく、1年中、その時々に応じた楽しみ方があります。

例えば…友だちとの予定がドタキャンされた為に時間が空いてしまった週末に。

普段、勉強・プライベートに頑張っている「ワタシ」へのご褒美に。

時々、フラっと電車で行きたくなりませんか?温泉に…。

行きたくなった時に、関西圏にあるこのような温泉はいかがでしょうか?

 

花の里温泉





画像出典:山水館公式HP

萌える緑を纏う山の谷間を流れ走るような清流を纏う、高槻摂津峡にある温泉です。

川の流れで造られた奇岩が生み出す雄大な渓谷美が、摂津峡の特徴でもあります。

BGMかのごとく清流の静かなせせらぎが聞こえる露天風呂は、実に爽快のひとこと。

また春は桜の名所で、夏にはホタルがあたりを飛び交い独自の夏劇場が繰り広げられ、ここは大阪府であることを忘れさせてくれます。

付近には、桜の他にも菖蒲園や野草蘭園などの草花の観光スポットも点在しています。

 

基本情報



【住所】大阪府高槻市原

【アクセス】JR「大阪駅」より快速で20分

【日帰り温泉プラン一例】 山水館:【昼食】お気軽に「花の里弁当」プラン

【主な温泉宿】「山水館」「美人湯 祥風苑

 

犬鳴山温泉





画像出典:犬鳴山温泉 不動口館 公式サイト

大阪と和歌山の県境に聳える、義犬伝説が伝わる犬鳴山の麓に湧く温泉です。

泉質は純重曹泉で硫黄の香りがかすかに漂い、白濁湯に含まれる多くの成分が高い効能を有するので、昔から通う「常連」も多いとか。

大阪の市街地から車で約1時間にもかかわらず、人里離れた山の雰囲気が秘湯感を漂わせ、非現実的な空間を演出。

日々のストレスに疲れリラックスしたい時、フラッと足を運びたくなる温泉郷です。

泉佐野漁港が近いため、各宿もボタン鍋や鮎といった山里らしい食材に鮮魚をプラスした会席料理が名物です。

 

基本情報



【住所】大阪府泉佐野市大木

【アクセス】南海本線「泉佐野」から南海バス「犬鳴山行き」で40分、終点下車、徒歩5分

【日帰り温泉プラン一例】 不動口館:女子会プラン

【主な宿】「不動口館」「み奈美亭

 

おごと温泉





画像出典:おごと温泉 公式サイト

おごと温泉は滋賀県琵琶湖の西に位置しています。

比叡山の御膝元、また、京都に一番近い温泉地として長い間親しまれています。

比叡山の伝教大師、最澄によって開かれたおごと温泉は、大正時代にはすでに本格的な温泉地として有名でした。

高いアルカリ性単純温泉で、神経痛・筋肉痛・冷え性や疲労回復に効き、入浴後の肌質がなめらかになります。

おごと温泉の旅館やホテルは全て、水道水を混ぜる事なく、源泉を使用したお湯を引いています。

 

基本情報



【住所】〒520-0101 大津市雄琴1丁目2-17(おごと温泉観光公園)

【アクセス】JR「大阪駅」より新快速+普通で40分、JR湖西線おごと温泉駅からタクシーで5分

【日帰り温泉プラン一例】湯元館:日帰りプラン

【主な宿】「湯元館」「里湯昔話 雄山荘

 

南紀白浜温泉





画像出典:一休.com

1300年以上の歴史を持つ、湯崎半島の海岸に湧く7つの温泉を総称して「南紀白浜温泉」と呼びます。

エメラルドグリーンの海と、海岸線に続く別名「シュガービーチ」と呼ばれる白い砂浜が「白良浜海水浴場」。

海水浴場周辺には、大小さまざまの宿が競うように立ち並ぶ一方で、古き良き時代の面影は今もしっかりと受け継がれています。

「湯崎七湯」の中で唯一現存する共同浴場「崎の湯」(無料、天然露天風呂)は日本最古の風呂とか。

他にも、歴史ある「牟婁の湯」や塩分濃度の高いお湯が湧く「松の湯」など、昔ながらの庶民的な空気に溢れている共同浴場が今も健在です。

たまには、歴史ある白浜の湯をじっくり味わうのもいかがでしょうか?

 

基本情報



【住所】和歌山県西牟婁郡白浜町

【アクセス】JRきのくに線白浜駅(特急停車駅)から明光バス10分

【日帰り温泉プラン一例】コガノイベイホテル:<フレンチ会席>【日帰りデート&女子会に♪】★お部屋&ディナー&掛け流し温泉★最大7時間ステイOK!

【主な宿】「癒しの宿クアハウス白浜」「コガノイベイホテル

 

天橋立 宮津温泉





画像出典:flickr

広島県の宮島、宮城県の松島と並び、日本三景のひとつである景勝地に、平成11(1999)年に開湯しました。

大小約8000本もの松が茂っている砂嘴が天に舞う白い架け橋のように見えることから、「天橋立」の名前の由来元となっています。

湯は「美人の湯」または「やさしい湯」ともよばれ、乳液風呂に入ったように肌がスベスベになると評判。

また、日本海の新鮮な魚介類も豊富で、冬場は何といっても名物カニ料理がおすすめです。

大型船舶の通過時に90度回転する廻旋橋は、カメラマンにとっては絶好の撮影スポットです。

 

基本情報



【住所】京都府宮津市字田井

【アクセス】 北近畿タンゴ鉄道「宮津駅」から車で約12分

【日帰り温泉プラン一例】天橋立宮津ロイヤルホテル:【日帰り】ランチバイキング(入浴付)

【主な宿】「天橋立宮津ロイヤルホテル」「天橋立温泉 対橋楼

 

最後に



いかがでしたか?

紹介いたしました温泉は、ほんの一部です。

温泉、といえば高級な温泉宿をイメージしがちですが、気軽に利用できるのも温泉のあるべき姿のひとつです。

電車で気軽に移動できる「え?こんなところに?」的な温泉もまだまだあります。

あなただけの「普段使い」な温泉を近場で見つけてみませんか?

 

 

2015年6月22日

written

by nukowanko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop