現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

医師のホンネ!スキンケアの正しい知識

768 views

 冬は肌が乾燥し、粉までふくのですが、夏は汗で化粧崩れをよく起こします。正しいスキンケア法を教えてください。(大学2年生・女性)


あなたの肌はオイリー肌?それとも乾燥肌?



a43ecb84ed3f6ebc4e57ca26ebb3d07c_m


実は日本人女性のほとんどが乾燥肌。


「クレンジングはなによりも大事。しっかり落とすこと」と、メイクをし始めた頃から言われてきましたよね。でも、過剰に洗浄力のあるクレンジング剤やクレンジングをする際のこすり過ぎが、日本人女性の肌を痛め続けてきたのです。



 

ニキビや肌荒れで長年悩まされ続けた私は、ニキビ対策コスメを次から次に試し、どんどん肌を乾燥させていました。自分の手が触れるだけで痛みを感じるほどボロボロになり、最後は皮膚科に飛び込む羽目に。そこで皮膚科の先生から肌の構造からスキンケアまでをレクチャーしてもらい、自分のスキンケアに大きな間違いがあったことを知りました。今回は皮膚科医直伝のスキンケアを伝授します。

スキンケアのポイントはこの5つ!



1. クレンジングはしない。クレンジングをする場合は絶対にこすらず短時間で終わらせる。


2. 純石けんは泡立てネットで十分に泡立てる。


3. 手で肌をこすらず、泡で洗う。


4. 物足りなさを感じてもダブル洗顔はしない。


5. シャワーで直接流したりせず、ぬるま湯を両手にとって、優しくプッシュする感じで洗い流す。




クレンジングはしないの?



クレンジングをしない、というのが最もハードルが高いところ。


まずはクレンジング不要なメイクに換えることから始めましょう。ミネラルファンデなど、石けんで落とせるファンデーションが最近増えてきています。バッチリメイクよりもナチュラルメイク。きれいな肌を作るための挑戦です。



いきなりファンデーションを換えることに抵抗を感じる場合は、今のファンデーションを使いながら、クレンジングに気をつけてください。クリーム、もしくはミルクタイプを使い、肌にのせる前に手の甲にのせて温めて。それから優しくクリームやミルクを転がすように、短時間でクレンジングをしてみてください。

洗った感がなくても大丈夫



洗顔には「純石けん」を使います。純石けんとは、界面活性剤が合成のものではなく、脂肪酸ナトリウムまたは脂肪酸カリウムが製品全体の98%以上を占めている石けんのこと。皮脂や水分を奪いすぎることなく、穏やかに汚れを落としてくれます。スーパーやドラッグストアで購入でき、1個130円ほどです。


洗顔の際は、この純石けんを泡立てネットで十分に泡立ててから洗います。泡立ちにくいので少し根気が必要です。もこもこ泡ができたらやさしく肌にのせて、泡で洗います。


純石けんは他の洗顔料と異なり、洗った後のさっぱり感がありません。つい、ダブル洗顔をしたくなります。でもそこはぐっと我慢。肌に残った「すっきりしない感」こそ、肌自身がもつ潤いなのです。その潤いを大切に、ぬるま湯と両手を使って優しくプッシュしてあげてください。これで洗顔は完了です。





このスキンケアで肌はどうなる!?



私の場合はニキビができにくくなりました。たまにニキビができても、焦らず慌てずいつもと同じように洗顔を続けていると、いつのまにかなくなっています。肌に透明感がでてきて、ニキビ跡も少しずつですが気にならなくなってきました。そして、「肌キレイになったね!」と言われることが多くなりました。健康的なツヤ感を自分でも感じるくらいです。


スキンケアは自分自身とお手入れ方法を信じて続けることが大切。信じたスキンケアで、ナチュラルなツヤ美肌を手に入れましょう。

2014年6月16日

written

by ajitamaco


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop