現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月28日更新

自然に囲まれながら食事ができる♪日比谷公園周辺の洋食レストラン5選

264 views

日比谷公園周辺で美味しい洋食が楽しめるおすすめのレストランはありませんか?(大学3年生・男性)


都心のオアシス・日比谷公園やその周辺には、自然があふれ心地よい風が吹いています。

そんな中で美味しい食事が楽しめるなんて素敵ですね。

ここでは自然に囲まれながら食事ができる日比谷公園周辺の洋食レストラン5選をご紹介します。

 

日比谷松本楼 (ひびやまつもとろう)





画像出典:r.gnavi.co.jp

東京駅に近い日比谷公園の中心にたたずむ『日比谷 松本楼』は、

新緑から紅葉、雪景色まで自然の美しさが楽しめるフレンチレストランです。

おしゃれな3階建ての建物は1903年(明治36年)の創業当時から多くの人に親しまれ、

高村光太郎の『智恵子抄』をはじめ、夏目漱石、松本清張などの作品の舞台になり、

時代を超えた公園のシンボルです。

メニューの中には歴史を感じさせるカレーもあり、今も素朴で上品な味を保っています。

まぐろホホ肉のプロヴァンス風 や、牛フィレステーキなどもおすすめです。

 

南部亭(なんぶてい)





画像出典:nambu-tei.com

日比谷公会堂そばに建つ、日本家屋の1軒屋レストランです。

季節の花と木々の緑に囲まれた中で、フランス料理を楽しむことができます。

七代目東京市長の後藤新平氏が「市民のために」とこの地に出した蕎麦屋が前身で、

一階の天井の太い梁に施されている手斧削りの技法や漆喰の壁などは今では建築不可能といわれる純日本式建築です。

シェフおすすめのランチには、黒胡椒の香りのジュのソースでいただく和牛フィレ肉のポワレなどがあります。

 

アピシウス





画像出典:apicius.co.jp

1983年のオープン以来、日本のフランス料理界を牽引し、王道のフレンチを堪能できる名店とされてきました。

店名は、古代ローマの美食家の名前で、古代ローマ・ローマ帝国時代の調理法・ 料理のレシピを集めた書籍の意味もあります。

初代料理長の時代から続く定番の「雲丹とキャビア、コンソメゼリー寄せ」や、

現料理長による旬の食材の良さを引き出した「ブイヤベース アピシウス風」などの逸品まで連綿と引き継がれています。

デザートがワゴンでやってきてアイスクリームが何種類もオーダーできるのも魅力です。

 

レ セゾン





画像出典:imperialhotel.co.jp

日本を代表するホテル・帝国ホテルのメインダイニングレストランです。

料理やサービスは完璧で、世界トップクラスのレストランと高い評価を受けています。

店内はクラシカルモダンをテーマにデザインされ、重厚感と洗練された現代的な雰囲気が漂います。

シェフはフランス・シャンパーニュ地方の名店「ボワイエ・レ・クレイエール」のオーナーで

3ツ星シェフのジェラール・ボワイエ氏に師事したティエリー・ヴォワザンです。

素材を厳選し、伝統を踏まえながらも新たなセンスを取り入れた料理は絶品で、

ボワイエ氏直伝のトリュフのパイ包み焼きは、この店の一皿として人気です。

 

日比谷パレス





画像出典:r.gnavi.co.jp

日比谷公園の新緑に包まれ、自然を感じながら体にいい料理が楽しめるレストランです。

2009年にミシュラン1ツ星を獲得した、フランスのグランシェフ、アルマン・アルナル氏と、

日比谷パレススタッフが今までのフレンチに替わって生み出したモダンプロヴァンス料理を堪能できます。

メニューはコースが中心で、最初の「ヴルーテ」は、野菜と野菜の出汁のみで作る、体に浸透するような優しい味です。

ランチは野菜が主役のランチ限定コースで、体にやさしく、心が美しくなる3つの野菜料理を1プレートで楽しみます。

 

いかがでしたか?

日比谷公園周辺にはまだ多くのレストランがあります。

ぜひ一度、足を運んでみてください。

 

 

2015年4月28日

written

by anan-17


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop