現在17271個の困ったを解決できます!

2015月4月29日更新

実は名所ばっかり!熊本のおすすめ観光スポットBEST10

1253 views

あまり普段行かない熊本に観光に行こうと思っています。どんな名所があるのか知りたいです。(大学1年生・男性)


熊本県は西側は海に面し、東側は阿蘇山の緑に覆われた自然環境豊かな町です。

また別名「火の国」とも呼ばれ、女性の美しさでは九州一、アスリートの輩出も九州では上位にあります。

近年飛躍的に多い人材として女子プロゴルファーの存在で、上田桃子選手、古閑美保さんなども同県出身です。

かつては細川軍が率いる軍勢が戦いを繰り広げた場、熱い血がそのまま受け継がれているのでしょうか。

今回はそんな熱い町「熊本県」の是非もの観光スポットBEST10をご紹介いたします。

 

熊本城





画像出典:BIGLOBE旅行

日本三大名城の一つである熊本県の誇りと象徴であり、今なおその勇姿は熊本市内の中心に鎮座しています。

年間来場者は全国でも常に上位を占め、熊本へ来たらまずはお城へ行くのが熊本観光の流儀となっているほど。

「武者返し」と言われる天守閣を敵陣の進入から守る石垣は当時では思いもよらないアイデアでした。

是非天守閣から熊本市内を眺めて下さい、優雅な気持ちとともに熱い思いが蘇ることでしょう。

URL:熊本城公式サイト

所在地:熊本県熊本市中央区本丸1-1

アクセス:熊本市電 「熊本城・市役所前」下車 徒歩10分

問い合わせ:096-352-5900

 

水前寺成趣園





画像出典:水前寺成趣園公式サイト

1636年より80年の歳月を費やして作られた桃山式庭園であり、およそ市街地に存在するとは思えない空間です。

池の水は阿蘇からの湧き水がそのまま利用されているため、鯉やかもなどが悠々と生息しています。

園内は回遊式ですのでゆっくりと歩いて回ることができますので、市街地の雑踏に疲れたらお立ち寄りください。

URL:水前寺成趣園公式サイト

所在地:熊本県熊本市中央区水前寺公園8-1

アクセス: 熊本市電「水前寺公園」電停下車 徒歩3分

問い合わせ:096-383-0074

 

菊池渓谷





画像出典:菊池観光協会

市街地から少し足を延ばすとそこに阿蘇山が生み出す自然の恵みを受けた渓谷が現れます。

この渓谷は阿蘇外輪山の地下湧き水で作られており、周囲には森林が育ち最高の森林浴スポットとして有名です。

かつては竜が住んでいたと言われる竜ケ渕や紅葉の絨毯が水面に広がる紅葉ケ瀬など見所もたくさん。

キリッと引き締まった空気を胸いっぱいに吸い込むと、明日への活力が満ちてくるのが体感できることでしょう。

URL:菊池渓谷公式サイト

所在地:熊本県菊池市原

アクセス:JR「熊本駅」より熊本電鉄バス「菊池温泉行」終点下車 1時間10分

あいのりタクシー(予約制)に乗り換え30分「終点」下車 徒歩10分

問い合わせ:0968-25-7223

 

ラピュタの道





画像出典:spotlight

みなさん「天空の城ラピュタ」はご存知かと思いますが、まさにそれを具現化した景色そのものが存在します。

ドライブやツーリングでは是非もののスポットとなっています、これぞ自然が生み出した奇跡の景観でしょう。

まさに天空へと続く道、阿蘇山の雲のうえに立つこの景色にたどり着くと人生観変わると思いませんか?

URL:spotlight

所在地:熊本県阿蘇市狩尾 阿蘇北外輪山 (ミルクロード狩尾原野付近の農道)

アクセス:(1)ミルクロードを熊本(大津)方面に進み県道339に左折

(2)兜岩展望台を過ぎて4~5km走ったところに入口があります

※道端にお地蔵様、4t車通行止めの看板、ラピュタの道と落書きされた石などが目印

※公共交通機関はございませんのでお気をつけください。

問い合わせ:自然環境ですので特にございません。

 

通潤橋





画像出典:山都町観光ナビ

かつて水不足に窮する白糸台地に水を送るため,

1854年に時の惣庄屋「布田保之助(ふたやすのすけ)」が肥後の石工たちの技術を集めて作られた石橋。

この石造りアーチ水路橋は日本最大級として国の重要文化財に指定されています。

メインイベントで行われる放水タイムは迫力満点、橋の中心から放水される光景には力をもらえることでしょう。

通常は農作業などに支障がない土日、祝日の正午から行われますが、事前に確認した方が間違いないでしょう。

有料ですが予約して放水をしてもらうこともできますので、あなただけのエンタメ時間を持ってはいかがですか。

URL:山都町観光ナビ

所在地:熊本県上益城郡山都町下市184-1

アクセス:九州自動車道「御船I.C.」または「松橋I.C.」より約45分

※公共交通機関はございませんのでご注意ください。

問い合わせ:0967-72-1158

 

阿蘇山中岳火口





画像出典:阿蘇山ロープウェー

2014年12月現在、火口の噴火警戒レベル2が発令中のため半径1km以内は立ち入り禁止の状況です。

熊本に来たら阿蘇に行かないわけにはいきません、お城と並ぶ絶好の観光スポットです。

通常はロープウェーで火口間近まで行くことができ、眼下に溶岩の跡が見られます。

日本有数のカルデラ湖はまさに「火の国」の象徴、心震える感動をおぼえること間違いなしです。

URL:阿蘇山ロープウェー

所在地:熊本県阿蘇市黒川字阿蘇山

アクセス:(1)JR「阿蘇駅」より九州産交バス「阿蘇山西駅行」で40分、終点下車

(2)「阿蘇山」に乗り換え約4分、「火口西駅」下車

問い合わせ:0967-32-1960

 

白糸の滝





画像出典:熊本県青果物消費拡大協議会

同名の滝が国内には数カ所ありますが、熊本の自然を体感するなら是非足を運んで頂きたい場所のひとつです。

この滝は別名寄姫の滝と呼ばれ、悲恋伝説の舞台でもありロマンチックな逸話も残されています。

落差20m真下に水が落ちる姿は厳かであり、かつ慈悲に満ちていて乱れた精神を統一してくれることでしょう。

滝行の意味を改めて感じさせてくれるのではないでしょうか。

URL:じゃらんネット

所在地:熊本県阿蘇郡西原村河原3460

アクセス:JR豊肥本線「肥後大津駅」より産交バス「木山行」乗車 約20分 「山西」下車 タクシーで約25分

問い合わせ:096-279-3111

 

くま川下り





画像出典:人吉市公式サイト

球磨川は日本三大急流のひとつとして熊本県南部の人吉盆地を貫流し様々な支流を合わせて八代海に注ぐ一級河川。

昔ながらの木造船で下る急流はとてもスリリングで心踊る瞬間を味わえます。

コースも様々ですが、のんびりと川の流れに身をまかせるコースもありますので、癒しの時間を堪能してください。

冬場にはコタツ船も用意されますので、年間を通じて楽しめる体感スポットです。

URL:くま川下り

所在地:熊本県球磨郡球磨村大字渡乙1887-1

アクセス:渡船場まで JR「渡駅」より徒歩8分 ※渡船場は各所にありますので行動予定に合わせて選択下さい。

問い合わせ: 0966-22-5555

 

天草五橋





画像出典:体験!くまナビ

熊本県の西側に位置する天草諸島は九州本土とは陸続きではありませんので、また別の景色が楽しめます。

日本三大松島のひとつとも言われている天草松島の景観は晴れた日には爽快感さえ感じさせてくれます。

観光船に乗って橋を眺めるのも自然が与えてくれた贅沢な贈り物です、心も体も優雅なひと時を過ごして下さい。

URL:天草観光ガイド「島旅」

所在地:熊本県上天草市松島町合津

アクセス:JR「熊本駅」より九州産交バス「天草行き/快速」で約1時間30分 「前島」下車 徒歩5分

問い合わせ:0964-56-1111

 

夏目漱石内坪井旧居





画像出典:なごみ紀行 くまもと

夏目漱石というと「坊ちゃん」、愛媛県松山市の印象がありますが、彼はこの熊本の地に4年3カ月滞在しています。

現在の熊本大学の教師として滞在中6回も転居しましたが、5番目のこの家が1年8カ月で一番のお気に入りでした。

記念館として公開されている部分には直筆の原稿や教師時代の写真などが展示されています。

漱石ファンならずとも文豪と呼ばれた人の当時の生活ぶりを伺い知れる興味深いスポットとして人気です。

URL:満遊くまもと

所在地:熊本県熊本市中央区内坪井町4-22

アクセス:JR「熊本駅」より熊本市電「熊本駅前」電停まで徒歩2分

熊本市電「健軍町行」乗車10分 「辛島町電停」下車

「辛島町」電停より徒歩3分の熊本交通センターから市営バス「上熊本駅行」乗車 約7分

「壺井橋」下車 徒歩5分

問い合わせ:096-325-9127

 

いかがでしたでしょうか?

今回はおすすめスポットBEST10ということでしたが、どこも名所ばかりで選ぶのに随分考えさせられました。

あえてオススメというならば…ということで、普段はお目にかかることのできない非日常的空間を中心にしました。

この10件が全てではありませんので、熊本へ行こう!と思っている方はここを出発点として自由に行動して下さい。

また、やはり自然環境豊かな場所は交通が不便な箇所もありますのでレンタカーを借りて動くのもオススメです。

では「火の国」熊本で、心のエネルギー補給を満喫してください。

2015年4月29日

written

by toraninarunoda4003


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop