現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月5日更新

一人でひっそりと見たい恋愛ものの邦画7選!

1370 views

 


お家でゆっくりする1人の時間に、おすすめの映画がありましたら教えて下さい。(大学四年生・女性)


一人でひっそりと見たい映画ってありますよね。

わたしがオススメしたい恋愛ものを7つ紹介します。

猫と恋愛系の邦画を見る女性

 

ツナグ



直木賞作家・辻村深月による同名小説を映画化したヒューマンドラマ。

大切な人を亡くした者と死者を一度だけ再会させる仲介人「ツナグ」という職業を通じて、他人の人生に深くかかわっていく青年の葛藤と成長を描く。

依頼主たちにはそれぞれに事情があり、その心境に触れることで、主人公の思うこととは…

 

ジョゼと虎と魚たち



恒夫(妻夫木聡)は、雀荘でアルバイトをしている大学生。最近、卓上で話題になっているのは近所に出没する婆さんのこと。

婆さんはいつも乳母車を押して歩いている。

恒夫はある日、偶然乳母車に乗っているその少女に会った。

それが、ジョゼ(池脇千鶴)との出逢いだった。

足が悪いため、ほとんど外出もしなかった彼女との、触れ合い…

 

今度は愛妻家



かつては売れっ子カメラマンとして名も実力もあったが、今はロクに仕事もせずにぐうたらな毎日を送っている北見俊介。

女性に甘く、気ままに生きている。大の健康マニアの妻さくらは、そんな夫に文句を言いながらも何くれとなく世話をやいている。

クリスマス直前に半ば強引にい連れていかれた子作りのための沖縄旅行から1年後。

相変わらず、だらけた毎日を過ごす俊介は、なぜか一枚も写真を撮ることができない…

 

冷静と情熱のあいだ



美術絵画の修復士を志し、フィレンツェの工房で修業を積んだ阿形順正。

晴れて修復士となった彼は、工房の先生であるジョバンナからチーゴリの絵の修復という大役を任される。

ところが、今はマーヴという男性と何不自由ない生活を送っているかつての恋人・あおいとの再会と、修復中の絵を何者かに切り裂かれるという事件によって順正の心は深く傷つき、失意のうちに日本に帰ることになる。

だが帰国した彼は、あおいとの別れの裏に、家の財産を守ろうとする父・清雅の企みがあったことを聞かされ、あおいへの想いを募らせていくのであった。

そして同じ頃、あおいもまた忘れられない順正への想いと、マーヴとの愛の間で心揺れていた。

そんなふたりは、10年前に約束したフィレンツェのドゥオモのクーポラで会うという何気なく交わした約束を心に留めたまま、その日を迎える。

 

ソラニン



OL2年目で自由を求めて会社を辞めた芽衣子。

音楽への夢をあきらめきれないフリーターの種田。

不透明な未来に確信が持てず、寄り添いながら、東京の片隅で暮らすふたり。

そんなイマをどうにかしようと、仲間とともに書き上げた曲「ソラニン」。

早速、その曲をレコード会社に持ち込むが、良い反応がないまま日々は過ぎていく。

そんな中、種田が事故にあってしまい…

 

ヘルタースケルター



ものたんない! いつか私は叫び出す――。

芸能界のトップスターに上りつめた、りりこ。

しかし、彼女には誰にも言えない【究極の秘密】があった…。

「もとのままのもんは、骨と目ん玉と髪と耳とアソコぐらい。

あとは全部つくりもんさ」全身整形でつくりものの美を纏ったりりこは、欲望渦巻く世界をめちゃくちゃに疾走していく。

女性たちの美しく在りたい、という欲望。

女性なら共感できる部分もあるかも…

 

サヨナライツカ



1975年、灼熱のバンコク。

お金・美貌・愛に不自由なく暮らし、“ただ、愛されること”を求め生きてきた杏子は、ある日、夢に向かって真っすぐ生きるエリートビジネスマン豊と出逢う。

かなわぬ恋だとわかっていながら、たちまち魅かれ合い、熱帯の夜に溺れていくふたり。

しかし、豊は結婚を目前に控え、日本に光子という婚約者がいた。

愛することこそが本当の愛だと気づいた杏子は、それでも、豊を愛し続けると決める。

そしてふたりは25年後のバンコクで、運命の再会をするが…

 

(あらすじ参考HP やっぱり邦画好き)

 

2015年3月5日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop