現在17271個の困ったを解決できます!

2015月6月2日更新

ピンチをチャンスに変える!彼氏との倦怠期を乗り越える5つの方法

4338 views

 彼氏と付き合って初めて倦怠期が来たようです・・・。早く乗り越えて前みたいに仲良くなりたいのですが、なかなか上手くいきません。どうしたらいいでしょうか?(大学2年生・女性)


誰にでも、どんなカップルにでも訪れる倦怠期。これは避けることのできない試練です。

そしてこれを乗り越えたカップルだけが、深い絆で結ばれ、強固な信頼関係を結べるのです。

2人で協力して、倦怠期を乗り越えましょう。今回はその方法をご紹介します。

車のシートに隠れながら笑顔を向ける女性
画像出典: flicker

 

1.倦怠期は必ず来るものだと腹をくくっておく



付き合い始めのラブラブな時期に倦怠期のことは考えられないかもしれませんが、倦怠期が来ることを覚悟して心の準備をしておくことが大切です。

倦怠期が来たときに、冷めたと勘違いして大事な人を自ら手放してしまわないためにです。

倦怠期がやがてやってくることを腹にくくっていれば、いざそのときが来ても慌てることはありませんよね。

むしろ倦怠期は長年付き合った証でもあるのです。

真紅のバラの花とカスミソウ
画像出典: flicker

 

2.ドキドキ体験を作り上げる



倦怠期とは、どうにも盛り上がりに欠ける時期で「つまらない」と感じることがたくさんあると思います。

ですので、ドキドキ・ワクワクを自分たちで作り出してしまいましょう。

『つり橋効果』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

揺れるつり橋を渡るときのドキドキが、恋愛のドキドキと似ているため一緒にいる相手に好意を持っているのだと錯覚してしまう、というものです。

例えば遊園地。遊園地のジェットコースターやお化け屋敷は、この『つり橋効果』と同じ効果が得られるので、デートコースにはピッタリの場所なんですよ。

他にもスリル満点の映画を少し暗くした部屋で一緒に見るなんていうのもお勧めです。

芝生でキスするカップル
画像出典: flicker

 

3.新しい刺激を作る



倦怠期の時期は、いわゆる「慣れた」状態で、刺激不足の状態とも言えます。

お互いの言動に慣れてしまい、一緒にいることに慣れてしまい、愛し愛されてることに慣れてしまったということです。

ですので、新しい刺激を与えてやることで、関係が円滑に進むこともあるのです。

2人で挑戦したことのないアクティビティに参加してみましょう。

自分は興味のなかった相手の趣味に歩み寄ってみたり、少し遠出の旅行というのもお勧めです。

いつもイタリアンレストランで食事をすることが多ければ、ラーメン屋さんに行くことだってまた新しい刺激になることでしょう。

あるいは、2人で目標を立てて一緒に目指すのも一つの手として有効です。

例えば、ダイエットのためにジムへ通ってみたり、海外旅行をするために貯金をしたりして、2人で協力し合っていきましょう。

顔を寄せ合うカップル
画像出典: flicker

 

4.距離を置く



倦怠期であるからこそ、自分自身の時間を有意義に充実させることも必要です。

今まで彼氏ばかりになっていませんでしたか?勉強や仕事はきちんとこなしていますか?

倦怠期の時期は、自分一人になって考えるための時間ともいえます。

彼から離れることによって、彼の存在の大きさというものが実感できるのではないでしょうか。

いるのが当たり前になっていたり、愛されて当然だった日常が、本当はとっても贅沢で幸せな毎日だということに気付けたらいいですね。

男性の膝枕でくつろぐカップル
画像出典: flicker

 

5.迷わない



倦怠期では、ある意味これが一番重要な項目なのですが、「倦怠期を彼と乗り越える」と決めたら貫き通して下さい。

「でもなぁ…」「何かなぁ…」などと迷ってはいけません。

迷っているうちは、何をやっても「乗り越える」ための行動にはつながりません。

時間ばかりが過ぎていき、関係はダラダラ続き、本来なら築けていたはずの信頼関係すらもおぼつかない状態になってしまいます。

なので、5年も6年も、10年も一緒にいることが可能だったとしても、最終的に結婚には結びつかなかったり、ちょっとしたゆがみから浮気が本気になり関係が一瞬で終了してしまうケースだってあるのです。

もし倦怠期を乗り越えるということを決めたのなら、覚悟を持つこと。

別れるかどうかを迷うのは、彼とでは乗り越えられないと悟ったときでいいのです。

初夏の太陽を受けて微笑むカップル
画像出典: flicker

 

まとめ



倦怠期の時期は、一気にテンションが下がってしまうと思います。

しかし、これは2人の関係を試されているということです。

これから先、2人で解決していかなければならない困難や苦労は数え切れないほどあるはずです。

楽しいことばかりではなく、そういった苦しいことを2人で乗り越えられるかどうかの見極めの時期。

ここで力を合わせて解決することができたら、そのときこそ2人の関係が1つ育ったという証になりますよ。

2015年6月2日

written

by ellie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop