現在17271個の困ったを解決できます!

2016月2月19日更新

韓国旅行に欠かせない!ソウルの定番観光スポット10選

3789 views

今年の夏に初めて韓国に旅行に行く予定です。ソウルの定番観光スポットを教えてください。(大学1年生・女性)


韓国旅行の楽しみと言えば、歴史的建造物や眠らないショッピングセンターでのお買いもの、コリアンビューティを生み出すエステやグルメなど様々ですね。


弾丸ツアーも可能なくらい近くにある韓国の定番観光スポットをご紹介いたします。






1.世界遺産 昌徳宮(チャンドックン)


1405年に朝鮮王朝の正宮である景福宮の離宮として建てられ、1610年に再建後300年間正宮として使われました。



そのため5大王宮の中では最も保存状態が良く、当時の雰囲気を今もそのまま残しています。


豊かな自然や地形を生かし、正宮に比べると女性的で優美な宮となっています。


最も奥まった場所には『秘苑(ピウォン)』と呼ばれる美しい庭園を持ち、離宮でありながら代々の王たちはここで長い時間を過ごしたそうです。


住所:ソウル市鍾路区(チョンノグ)栗谷路(ユルゴンノ)99

アクセス:


1・地下鉄3号線アングッ(安国328)駅3番出口を出てまっすぐ。徒歩5分。

2・地下鉄5番線チョンノサンガ(鍾路3街534)駅6番出口を出て、目の前の通り

(トンファムンロ)を左へ進む。徒歩約7分。

3・ソウル駅からタクシーで約15分。

4・仁寺洞(インサドン)から徒歩約7分。






2.景福宮(キョンボックン)


ソウル5大王宮のひとつであり、朝鮮王朝の正宮として600年の歴史を持ちます。



15万坪に及ぶ広い敷地に長方形に作られ、南側には正門である光化門、


東側には建春門、西側には迎秋門、北側には神武門があります。


正殿である勤政殿は公式的な儀式を行い、官僚たちの朝礼が行われていたところです。


見どころは何と言っても守門将衛兵交代式です。


火曜日と雨天時・酷暑日や極寒時を除き1日3回(10:00・13:00・15:30)、約20分間の儀式が行われています。


王宮門の開閉と交代は見ごたえありです。天侯により儀式の内容が変わる場合があるのでご注意を。


住所:ソウル特別市鍾路区世宗路1-1


アクセス:

1・ソフルメトロ3号線「景福宮(キョンボックン)駅」の5番出口から徒歩約5分


2・ソウル都市鉄道5号線「光化門(クァンファムン)駅」の2番出口から徒歩約10分







3.学生の街 梨大(イデ)

韓国の名門大学・梨花女子大のお膝元にある梨大エリアはまさに韓国の大学生の街。


安くて可愛いお洋服やコスメ、アクセサリーなど盛りだくさん。


たちならぶお店の全てに入りたくなってしまう激安ショッピングが叶う街です。


駅を出たところから、梨大正門に向かうメインストリートを中心に、


路地裏にまで小さなおみせがびっしり並んでいます。


また、学生街らしく入りやすいカフェやB級グルメの屋台がたくさんあるのも楽しみのひとつ。


韓国の大学生になりきってショッピングを楽しんでしまいましょう!


アクセス:

1.地下鉄2号線新村(シンチョン)駅

2.地下鉄2号線梨大(イデ)駅






4.仁寺洞(インサドン)


書道や骨董品など伝統の香り高いアートの街が仁寺洞です。

メインストリートには伝統工芸品や伝統茶屋が集まり、一歩路地に入ると昔ながらの韓屋(ハノッ)を利用した韓定食店やマッコリが飲める居酒屋があります。


アクセス:

地下鉄3号線安国(アングッ)駅からすぐ

地下鉄1号線鐘閣(チョンガッ)駅からすぐ








5.世界遺産・水原華城(スウォンファソン)

ソウルから車・地下鉄で約1時間の京畿道(キョンギド)・水原(スウォン)市にあります。


その中心部を取り囲むようにして建つ壮大な都城が「華城(ファソン)」です。


朝鮮王朝後期の1794年、第2代王・正祖(チョンジョ)が政争により悲運の死をとげた父を悼み、2年8か月の歳月をかけて造り上げました。


優れた機能性と建築美を兼ね備え、当時の工事記録も完全な形で現存しており、建築史的にも高い価値を有する城郭として世界文化遺産に登録されています。


住所:京畿道 水原市 八達区 南昌洞68-5


アクセス:地下鉄1号線水原(スウォン)駅4番出口 バス10分








6.Nソウルタワー


南山(ナムサン)の頂上にそびえ立つソウルのランドマーク「Nソウルタワー」です。



1969年にテレビやラジオを首都圏に送信する韓国発の電波塔として誕生し、


現在も全国の約50%の世帯がソウルタワーの電波塔を通して視聴しています。


韓国の東京タワーのようなものですね。


観光だけではなく地元の人のデートコースとしても人気の定番スポットです。


2005年に大々的なリモデリングが行われ「Nソウルタワー」として生まれ変わりました。


デジタル施設やイベント会場、各種レストランが揃う空間となり、ランドマークタワーとして不動の人気を誇っています。


住所:ソウル特別市 龍山区 龍山洞2街山1-3


アクセス:

1・地下鉄4号線明洞(ミョンドン)駅3番出口 ケーブルカー乗り場まで徒歩15分

2・地下鉄4号線明洞(ミョンドン、Myeong-dong)駅 4番出口 南山オルミ乗り場まで徒歩10分








7.南大門市場(ナンデムンシジャン)


言わずと知れた明洞の台所である南大門市場。



さまざまなお店や屋台が盛りだくさんの活気ある市場(シジャン)です。


店舗内だけでなく通りにも屋台や人が溢れかえった雑多な雰囲気が味わえます。


「うまいもん通り」内の路地や、市場のあちこちには安くて美味い名店が潜んでいることも。


ディープな雰囲気に包まれ市場グルメを堪能する楽しみもありますね。


買い物をしながら気軽につまめる屋台も豊富です。


早朝から営業を開始し、早くて19時、遅くて23時前後には一般客向けのお店の多くが閉店します。


アクセス:

地下鉄4号線会賢(フェヒョン)駅を基点に四方200~500mに広がっています。







8.三清洞(サムチョンドン)&北村韓屋村

イチョウ並木でも有名な三清洞は、昔ながらの韓屋(ハノッ)を改装したレストランやカフェ、ショップが集まった静かな空間。


近くには狭い路地に韓屋がぎっしりと並ぶ「北村韓屋マウル」があり、伝統とモダンが調和する人気エリアです。


最近では新しいショップも急増し、ソウルっ子の人気デートコースとしても大人気となっています。


アクセス:

1.地下鉄3号線安国(アングッ)駅からすぐ

2.地下鉄3号線景福宮(キョンボックン)駅からすぐ








9.東大門市場(トンデムンシジャン)

ソウルを代表する眠らない街・24時間営業のショッピング天国スポットです。


観光ツアーの定番コースであり、その面白さも比類なきエリア。


洋服はもちろんバッグに靴、アクセサリーに伝統土産など、おしゃれでチープな


アイテムが勢ぞろいしています。


もちろん韓国グルメも屋台でたべまくり!なんてことも楽しめます。


アクセス:

1・地下鉄2、4、5号線 東大門歴史文化公園(トンデムン ヨクサムンファコンウォン)駅からすぐ

2.地下鉄1、4号線東大門駅からすぐ









10.明洞エリア(ミョンドンエリア)

定番中の定番、ソウル最大の繁華街で日本語が通じやすく、観光客が必ず訪れるエリアが明洞(ミョンドン)です。


コスメやファッション専門店などのショップだけでなく、エステやレストラン・ホテルまで充実しています。




コスメロードなるものや、お買いもので歩き疲れた後足つぼマッサージを受けるのも簡単。


韓国の伝統衣装を着て写真をとるスタジオもありますので思い出作りにいかがでしょうか。


また、明洞劇場ではノンバーバルパフォーマンス「NANTA(ナンタ)」のショーも


観賞することができます。


アクセス:

1.地下鉄4号線明洞(ミョンドン)駅



ひとくちに定番観光スポットと言っても、ひとつの市場を周り切ろうと思うとまる1日かかってしまいそうですね。


最新のテクノロジーと古代の韓国の歴史がうまく調和された街並みの雰囲気、そしてそこに住む人たちのパワーが、ソウルのなんとも言えない魅力を生み出しているのかもしれません。


観光スポットを押さえて韓国を満喫しましょう!

2016年2月19日

written

by okay


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop