現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月9日更新

自分の価値下げてない?いつも「都合のいい女」になってしまう人の6つの原因

1304 views

いつも好きな人が出来ても捨てられます。友達に都合のいい女になってるよと言われました。何でこうなってしまうのでしょうか?(大学3年生・女性)
彼氏に大事にされる人と、都合のいい女になってしまう分かれ道って何でしょうか?
男の人の性格次第?男性を見る目?

もちろん、それもそうです。
でも、自ら都合のいい女に成り下がってしまう人もいるのが現実なのです。

あなたは自分から都合のいい女になるようなことはしていないでしょうか?
ぜひチェックしてみて下さい。

女性の顔左半分のアップ画像出典: flicker



自己評価が低く、彼を過大評価しすぎ


男性のフィギュアと女性画像出典:flicker

簡単に言えば、「彼みたいな人が、私なんかと会ってくれるだけでいい」のように思う女性は注意が必要です。
恋愛関係と言うのは、2人が想い合っているから成り立つわけで、彼は何様でもありません。

あなたが会いたいと思うとき、彼もまたそう思っているはずなのです。
だからこそ2人で時間をやり繰りして会う時間を確保するわけです。

ギブ&テイクという言葉があるように、お互いの思いやりのやり取りのバランスは取れているでしょうか?
そのバランスが崩れていれば、あなたは彼から「存分に与えてくれる都合のいい女」と捉えられてしまいますよ。

反対意見を言えない


花びらでかたどった2つのハート画像出典:flicker

彼の言いなりにばかりなって、自分の意見を言えないなんてことはありませんか?
彼に対して反対意見を言うことは、彼自身を否定しているわけではありません。
あなたのことを彼によく知ってもらうために、あなたが何を考えているかあなたの意見をただ彼に伝えるだけなのです。

恋愛関係はお互いを知って、価値観をすり合わせていくことが大切です。
それなのに彼にばかり従っていては、あなたは「何でも言うことを聞いてくれる都合のいい女」と捉えられてしまいます。

怒れない


いすにもたれて、感情を押し凝らす女性画像出典:flicker

彼に対して感情を爆発させることはできますか?
本当は嫌な気持ちになってるのに、怒りたいのに遠慮していることはありませんか?

好きと言う気持ちや嬉しい気持ちを伝えることと同じように、怒りや悲しみを伝えることは、恋愛関係には非常に重要な要素になります。
これをすれば相手は喜ぶ、悲しむという情報は、これから長く一緒にいるのだとしたらとても大切な情報ですよね。

もしあなたが感情を隠せば、彼にはあなたの悲しい気持ちには気付いてくれません。
そのうち彼は、あなたを「何をしても怒らない都合のいい女」と捉えてしまうでしょう。

自分の人生に無責任


男女が手をつないでいる画像出典:flicker

自分の人生に対して責任感を持たず、危機管理能力の低い人は都合のいい女になりやすいといえます。
いつも誰かが幸せにしてくれる、男性が自分を満たしてくれると過度に期待しているパターンです。

自分の人生を男性に丸投げしては、異性の目から魅力的には見えるはずがありませんよね。
そしてそういうズルイ気持ちを見透かされて、その焦りを逆手に取られかねません。

適当に甘いことを言われて、決定的な言葉がないまま関係をズルズル引き延ばされるのがオチの典型的パターンです。
それでは彼に「本当に魅力的な本命の女性を見つけるまでの都合のいい女」としてしか見てもらえないことでしょう。

特技は我慢と妄想


物憂げな表情を向ける猫画像出典: flicker

よくいえば我慢強いのですが、恋愛関係に我慢は通常必要ありません。
例えば何かの問題に対して2人で挑むとき、難関を乗り越えようというとき。
2人が忍耐を強いられ辛い思いをすることはあるかもしれません。

しかしどちらか一方だけが我慢をしなければいけない恋愛は、健全な恋愛とはいえません。
そんな都合のいい女になってしまう女性は、合わせて妄想をよくします。

「私が我慢すれば上手くいく」「いつか彼もわかってくれる」
など、自分でポジティブなストーリーを作り上げ、彼の気持ちまでも妄想してしまうのです。

話し合う勇気を持つことです。
そうでなければ彼はあなたを「真剣に向き合わなくても、勝手に自己解決してくれる都合のいい女」としてしか捉えてくれないでしょう。

趣味は現実逃避


キスするカップル画像出典:flicker

彼からの愛情が全くないのに、その現実を見ないで常に夢見心地でいる人も少なくありません。
本来だったら別れているような出来事があったとしても、それを見ない振りしたり、彼の弁護をして「仕方なかった」と片付けてしまうのです。

どうしてか。
それは、彼と別れて一人になりたくない、意地でも結婚につなげたい、など、自分勝手な理由がほとんどです。
つまり女性側も彼のことを愛していない、まさに彼女の野望を叶えるための「都合のいい男」なのです。

しかし本人はそれに気付いておらず、好きなつもりでいるのが残念なところです。
そしてそもそも最初から恋愛関係として成り立っていないのに、彼と一緒にい続ければいつか自分も幸せになれると信じているのです。
男性からしてみれば「平等な都合の言い関係」というわけです。


まとめ

いかがでしたか?
何か思い当たることはあったでしょうか?

もし、痛いところを突かれたと思っても大丈夫です。
そう思えたあなたは、もう「都合のいい女」からは半分卒業したも同然ですよ。
ぜひ参考にして、「いい女」になって素敵な恋愛をして下さいね。

2015年9月9日

written

by ellie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop