現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月5日更新

脱マンネリ!同棲生活を楽しむ7つのポイント

1424 views

 同棲を始める前は彼のことあれほど好きだったのにいまはなんとも思わなくなってしまいました…。これってマンネリ化している証拠なのでしょうか…。(大学4年生・女性)


マンネリ化してしまった同棲中の2人©asoltani


同棲生活を始めると、いつも一緒に居るのが当たり前になってきてしまいますよね。


少し気が抜けてしまって、すっぴんの状態を見せても平気になったり、下着姿でも気にしない!という状態にも…これってマンネリの第一歩かも!?


そんなマンネリの状態を脱出するコツを今回は紹介しますね!





二人でできる何かをする



同棲生活が長く続くと、お互いに何かすることは減ってしまう可能性も。


そう言う時は、一緒に料理を作ってみるのはどうでしょう。


お菓子作りなどはオススメです。


男性の中に抵抗ある方も居るかもしれませんが、意外と奥が深くて楽しいものですよ。


料理に限らず、ベランダで出来るガーデニングや植物を育ててみるのも良いと思います。


生活に彩りが出て、楽しくなりますよね!





別々に家を出て、いつもと違う場所でデートしてみる



一緒に暮らしていると、デートに出る時もお互いに一緒…ですが、ここで敢えて別々に家を出て、デートに出かけてみませんか。


家では無く、別の場所で待ち合わせをして普段行かない様な場所でデートをしてみましょう。


いつもの見慣れた姿ではなく、ちょっとお洒落をして外で会うパートナーの姿は新鮮なものに見えるはずですよ。





記念日を大切にする



ずっと一緒に居る関係だからこそ、互いの記念日や誕生日などは大切にしましょう。


豪華な料理にチャレンジしてみる・花を買って飾ってみるといった小さな事でも気持ちも変わってきます。


ただし、互いに負担にならない程度の範囲を意識しましょう。


せっかくの記念日がお互いにとって重いイベントになってしまっては本末転倒。


楽しい思い出を残して下さいね。





パーソナルスペースを作る



同棲生活を始めても、お互いに一人になれる空間は大切です。


個人の部屋が無くても、パートナーの為に一人で出かけてみたり、自分の机を持ってみるのも良いかもしれませんね。


同棲生活は結婚生活と違って、すぐに解消できてしまいます。


だからでこそ、お互いを尊重して一人になれる時間や場所を作っていくことも大切です。


ちょっとした喧嘩の後でも、仲直りが上手く行きますよ!





インテリアを変えてみよう



洗濯物が掛った室内、食器が置かれたテーブル…長い同棲生活の中で慣れてきてしまうと部屋も少しずつ互いの色が出てきます。


たしかに過ごしやすいのですが…どこか所帯染みた感覚になってしまうと生活にも張りがなくなってしまいますよね。


そんな時はインテリアを変えてみましょう。


カーテンの柄を変えてみたり、棚の配置を変えてみるのも良いかもしれませんね。


時間に余裕が無ければ、アロマキャンドルを飾ってみるのも良いでしょう。


照明を消してキャンドルナイトを楽しむだけでもぐっとムードが出てきます。





ペットをかってみよう



二人きりの生活も楽しいものですが、そこに別の存在があると普段の生活もガラッと変化します。


同棲生活では、ペットを飼う事もマンネリ脱出のポイントになりますよ。


犬や猫は大変かもしれませんが、小動物程度なら負担も少なく済みます。


ペットとの関わり方から、今まで知らなかったパートナーの一面を知る事もできます。


ただし、ペットの種類によってはマンションやアパートの許可が必要な事もあります。


きちんと規約を確認してくださいね。


環境が許すのであれば、是非検討してみましょう。





キスを大切に



互いの関係が近くなれば、触れ合う機会も自然と減ってしまうもの。


別々に暮らしている時は、ふとしたデートの時などに手を繋いだり抱き合ったり、キスをするチャンスもあります。


でも同棲生活が始まると、逆にこういった接触が減ってしまう傾向があります。


だからでこそ、さりげないキスを大切にして下さい。


仲直りの時のキスや、おはよう・おやすみのキスなど、必ずキスをするタイミングを決めてキスをして愛情を確認して下さい。


最初は恥ずかしいかもしれませんが、こういった小さな触れ合いがとても大切ですよ!






最後に



さりげない工夫やルールで同棲生活も大きく変化します。

お互いを大切にして、理想的な関係を作って下さいね。最後には素敵な結婚生活が待っていいる…かも!?

2015年3月5日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop